読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

「三田誠広」の作品一覧

19件中1-19件 (1/1ページ)
  • 白村江の戦い 天智天皇の野望 2090円
    作家 三田誠広
    出版社 河出書房新社
    販売開始日 2017/08/18

    大化改新後、戦乱の時代を生き抜いた中大兄(天智天皇)の白村江(はくすきのえ)の戦いとは何だったのか?負け戦も覚悟で戦いに挑んでいった中大兄の強靭な意志の力と挫折を描く。

  • Mの世界 550円
    作家 三田誠広
    出版社 河出書房新社
    販売開始日 2013/10/25

    意識を極限にまで追いつめ、その深層に潜む姉への思慕と、死への衝動を見事に形象化して「文藝」学生小説コンクールに入選した著者17歳・高校時代の処女作他2篇。文学的原点を示す珠玉連作集!

  • 都の西北 550円
    作家 三田誠広 黒鉄ヒロシ
    出版社 河出書房新社
    レーベル 河出文庫
    販売開始日 2013/10/25

    都の西北ワセダの杜ならぬ、ワセダの隣の麻雀屋の話から始まる、笑いと涙の青春コミカルエッセイ。他人には言えず秘め続けたマカ不思議な悩みを黒鉄ヒロシの絶妙な挿絵と共に伝える奇妙な自叙伝!

  • 吾輩はハスキーである 愛犬物語 605円
    作家 三田誠広
    出版社 河出書房新社
    レーベル 河出文庫
    販売開始日 2013/10/25

    生後2ヶ月で飼いはじめたシベリアン・ハスキー龍之介との、歓びと発見と笑いにみちた6年の歳月を細やかに描いて、人間の原点である“日常生活”の愛の絆を深く考察した、ユーモアあふれる家族の物語。

  • 愛の行方 1111円
    作家 三田誠広
    出版社 河出書房新社
    販売開始日 2013/10/25

    あの政治の季節、なぜ若者たちは革命へと飛び込んでいったのか。運命の女に出会い、破滅に魅せられていく二人の青年。爆弾闘争を通じ、過ぎゆかぬ痛みと愛の形を問う渾身の青春小説。

  • 鹿の王 菩薩本生譚 1282円
    作家 三田誠広
    出版社 河出書房新社
    販売開始日 2013/10/25

    生とは、死とは何か? 釈迦の悟りとは何か? 仏教創始以来二千五百年の歴史的な謎に深く分け入り、輪廻転生による釈迦の前世を探る、画期的な連作小説!

  • 1154円
    作家 三田誠広
    出版社 河出書房新社
    販売開始日 2013/10/25

    ここはどこだろう。私は何をしているのか――遠くて近い人生の風景が私の目の前を通り過ぎて行く――この世に生きて在ることの意味を問いかける純文学の新たな輝き。感動の連作小説。

  • 新しい書き手はどこにいるか 1144円
    作家 三田誠広
    出版社 河出書房新社
    販売開始日 2013/10/25

    “くっ、くっ、――コピーライターなんぞに負けてたまるか”――ブンガクが絶望的な危機に瀕しているいま、文学の可能性を求めて八方破れに書き綴ったウルトラ過激な現代小説読本!

  • いちご同盟 506円
    作家 三田誠広
    出版社 河出書房新社
    レーベル 河出文庫
    販売開始日 2013/10/25

    中学三年生の北沢良一は、ある日、野球部のエースで四番の羽根木徹也に、試合のビデオ撮影を頼まれる。治らない病気で入院中の幼なじみ上原直美に見せるためとも知らずに――。純粋な友情と恋を描く。

  • 十七歳で考えたこと 1111円
    作家 三田誠広
    出版社 河出書房新社
    販売開始日 2013/10/25

    ぼくも登校拒否少年だった。だが、あの一年間が全ての出発点だった――30年前の孤独な高校時代の、切実な悩みを振り返り、現代のもの思う青春に語りかける、芥川賞作家の書き下しエッセイ!

  • 青春のアーガマ 1056円
    作家 三田誠広
    出版社 河出書房新社
    販売開始日 2013/10/25

    誰も答えられない、永遠の問いかけに、初期仏教と近代物理学の成果を手掛かりに、真摯な肉声で語り、探索する画期的長編評論。

  • 高校時代 550円
    作家 三田誠広
    出版社 河出書房新社
    レーベル 河出文庫
    販売開始日 2013/10/25

    女生徒との出逢い、初恋、両親との葛藤、社会への目覚め、登校拒否、反抗――人生へのスタートラインに並びながら、不安の迷路をさまよう少年少女の群像を愛惜をこめて描く、芥川賞作家の評判の青春小説!

  • ウェスカの結婚式 1584円
    作家 三田誠広
    出版社 河出書房新社
    販売開始日 2013/10/25

    ブリュッセルの王立音楽院に留学している長男が、エレーナというスペインのお嬢さんと、彼女の故郷ウェスカという田舎町で結婚するという。ユーモアとペーソスに満ちた父の心境を描出。

  • 迷宮のラビア 1408円
    作家 三田誠広
    出版社 河出書房新社
    販売開始日 2013/10/25

    架空の宗教教団の新しい〈原理〉を中心に据え、宗教とSMビデオが交互に同時進行するスタイルを用い、前衛的・幻想的トーンで描かれる実験的かつ挑戦的作品。

  • 漂流記1972 (1~2巻) 660円
    作家 三田誠広
    出版社 河出書房新社
    レーベル 河出文庫
    販売開始日 2013/10/25

    連合赤軍事件(1972)―かつて全国の学園を席券した全共闘時代の末期、ある驚くべき事件が起こった。あれから十数年、青春の熱はさめ世紀末と呼ばれる時代に、新たな銃声が響く...。セスジも凍る、オモ...

  • 僕って何 605円
    作家 三田誠広
    出版社 河出書房新社
    レーベル 河出文庫
    販売開始日 2013/10/25

    田舎から上京し、学園紛争真っ只中の大学に入学した僕。何も知らない母親っ子の僕が、いつの間にかセクトの争いや内ゲバに巻き込まれ、年上のレイ子と暮らすことになる......。芥川賞受賞の永遠の青春小説。

  • パパは塾長さん 父と子の中学受験 1111円
    作家 三田誠広
    出版社 河出書房新社
    販売開始日 2013/10/25

    人生のハードルに立ち向う我が子と過した体験を学校選び、勉強方法など、ハウツーのデータも揃えて綴ったベストセラー。五年後、我が子の成長と受験勉強の意味を問い直す待望の増補版!

  • キャロラインの星 880円
    作家 三田誠広
    出版社 河出書房新社
    レーベル ものがたりうむ
    販売開始日 2013/10/25

    星座がかなでる音楽の音を聴いて天王星を発見した、偉大な天文学者ウィリアム・ハーシェルとその妹キャロラインの美しい兄妹愛を描く感動の児童文学。

  • 赤ん坊の生まれない日 550円
    作家 三田誠広
    出版社 河出書房新社
    レーベル 河出文庫
    販売開始日 2013/10/25

    時代背景は、全国のキャンパスを吹き荒れたあの政治の季節。主人公は大学生。恋人のお腹に二人の赤ん坊が――青春の重い課題の底から、全く新しい若者の感性を創出したユーモア溢れる長篇傑作。

  • 1
セーフサーチの状態