読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

「下田昌克」の作品一覧

4件中1-4件 (1/1ページ)
  • すき焼きを浅草で 730円
    作家 平松洋子 下田昌克
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2020/10/02

    見たい、食べたい、かぶりつきたい! 文庫オリジナル、大人気悶絶シリーズ最新作。 「すき焼きは奥座敷を御利用ください」夏の一日、浅草の老舗店に誘われ至福を味わう。 高知の日曜市では可愛く素朴で美...

  • かきバターを神田で 711円
    作家 平松洋子 下田昌克
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2020/09/11

    熱いバター醤油にまみれた立派なかき、清らかなせん切りキャベツ、黄色い芥子。 あの光景を思い浮かべただけで――平松さんが悶絶する、冬の名物・かきバター定食。 寒い夜、家に戻る途中「肉豆腐が待って...

  • 肉まんを新大阪で 701円
    作家 平松洋子 下田昌克
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2020/01/01

    週刊文春の人気食エッセイが電子版で登場! 暮らしの中にも旅先にも美味しさたっぷり。 「ぶたまん」の響きは、聞いたそばから耳がとろけそう――。 新大阪から乗り込んだ新幹線の中でその人気を見せつけ...

  • そして 550円
    作家 谷川俊太郎 下田昌克
    出版社 銀の鈴社
    販売開始日 2016/06/17

    [本書まえがきより 抜粋] 詩が読みたくなるとき、詩が書きたくなるとき、私たちは日々の生活で感じている苦しいこと、悲しいことを心の中にためこんでおかないで、言葉で解放しよう、言葉で美しいもの、楽...

  • 1
セーフサーチの状態