読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

「中島義道」の作品一覧

24件中1-24件 (1/1ページ)
  • 死の練習 - シニアのための哲学入門 - 756円
    作家 中島義道
    出版社 ワニブックス
    レーベル ワニブックス【PLUS】新書
    販売開始日 2019/03/09

    世界の光景はもちろん、 あなたの“死の意味”をも大転回させる―― 【戦う哲学者】、哲学を志して五十二年の最終結論。 哲学とは無縁の生活をしてきたシニアの方々に問いかける。 「読者諸賢、(おそ...

  • 観念的生活 756円
    作家 中島義道
    出版社 シティブックス
    販売開始日 2018/12/28

    カント哲学の専門家であり、闘う哲学者と言われる著者の日々、ひたすら思考する。 「私が存在するとはいかなることなのか」「善悪とは何であるのか」「私は死後どうなるのか」と自らに問う。 デカルトの「こ...

  • 騒音文化論 864円
    作家 中島義道
    出版社 シティブックス
    販売開始日 2018/12/07

    駅の構内放送、電車や新幹線内の放送、デパートやスーパーマーケットをはじめとする商業施設、商店街、個人商店、行政のスピーカーから流れる放送、そして車からの警告音などなど。街には機械音、肉声を問わず...

  • たまたま地上にぼくは生まれた 864円
    作家 中島義道
    出版社 シティブックス
    販売開始日 2018/10/05

    哲学は難しい、哲学者は何を考えているのかわからない――。 一般人には、哲学も哲学者も雲の上の存在である。本書を読むと、哲学者は日々こんなことを考えているのかと知ることができるが、驚愕もしてしまう...

  • カントの「悪」論 1134円
    作家 中島義道
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社学術文庫
    販売開始日 2018/09/11

    誰も守れないような道徳法則が、なぜ成り立つのか。カントが確立しようとした絶対的に普遍的な倫理学とは何か。その思考の道筋とは?

  • 明るく死ぬための哲学 1300円
    作家 中島義道
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2017/06/27

    私が住んでいる世界、私が見ている世界は「このようにある」のではない。 客観的世界のあり方と、「私がある」というあり方はまったく異なるのだ。 「私がある」とは、私がこの世界には属さないということで...

  • 哲学塾の風景 哲学書を読み解く 918円
    作家 中島義道
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社学術文庫
    販売開始日 2017/04/21

    カントにニーチェ、キルケゴール、そしてサルトル。哲学書は我流で読んでも、じつは何もわからない。必要なのは正確に読み解く技術。"闘う哲学者"が主宰する「哲学塾」では、読みながら考え、考えつつ読む、...

  • 英語コンプレックスの正体 680円
    作家 中島義道
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社+α文庫
    販売開始日 2017/01/06

    ヨーロッパ中心主義、英語帝国主義の欺瞞を明晰に論じ、返す刀で、日本人のコンプレックスをあざやかに削ぎ落とす、エッセイの名手による英語論。著者自身が留学時代はじめ研究者生活のなかで味わった英語にま...

  • 〈ふつう〉から遠くはなれて ――「生きにくさ」に悩むす... 1264円
    作家 中島義道
    出版社 青春出版社
    販売開始日 2016/12/23

    不器用に生きる人への「生き方」指南の書『カイン 自分の「弱さ」に悩むきみへ』、仕事としっくりいかず、生きがいを見いだせない人に向けた『働くことがイヤな人のための本』、日常的にふりかかる「嫌い」の...

  • 過酷なるニーチェ 778円
    作家 中島義道
    出版社 河出書房新社
    レーベル 河出文庫
    販売開始日 2016/11/25

    「明るいニヒリズム」の哲学者が「誰の役にもたたず、人々を絶望させ、あらゆる価値をなぎたおす」ニーチェに挑む。生の無意味さと人間の醜さの彼方に肯定を見出す真に過酷なニーチェ入門の決定版。

  • 「時間」を哲学する 過去はどこへ行ったのか 648円
    作家 中島義道
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社現代新書
    販売開始日 2016/07/01

    超難問「過去はどこへ行ったのか」を考える。過去体験はどこか空間的な場所に消えたのか。未来は彼方から今ここへと到来するのか。過去―現在―未来という認識の文法を疑い、過去が発生する場を見きわめる。(...

  • カントの時間論 918円
    作家 中島義道
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社学術文庫
    販売開始日 2016/04/28

    西洋哲学を通じて時間に関する思索は二つの異なった道をたどってきた。一つはアリストテレスに典型であるように、時間を外的物体の運動との連関で思索する道であり、もう一つはアウグスチヌスに典型であるよう...

  • 差別感情の哲学 810円
    作家 中島義道
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社学術文庫
    販売開始日 2016/04/22

    差別とはいかなる人間的事態なのか? 他者に対する否定的感情(不快・嫌悪・軽蔑・恐怖)とその裏返しとしての自己に対する肯定的感情(誇り・自尊心・帰属意識・向上心)、そして「誠実性」の危うさの考察で...

  • 「思いやり」という暴力 540円
    作家 中島義道
    出版社 PHP研究所
    レーベル PHP文庫
    販売開始日 2016/03/04

    日本人が正面からの個人間の「対話」を避けるのは、「思いやり」のためだ。誰も傷つけずに語ることのズルさから、日本人の精神構造に迫る。

  • 怒る技術 1000円
    作家 中島義道
    出版社 PHP研究所
    販売開始日 2015/06/19

    怒りを秘めながら表現できない青年たちの悩みに、哲学者が応える。体験から掴んだ個人的な怒りを言葉で精緻に表現する技術。

  • 不幸論(PHP文庫) 540円
    作家 中島義道
    出版社 PHP研究所
    レーベル PHP文庫
    販売開始日 2015/06/05

    どんな人生も不幸である。幸福とは真実を隠蔽した思い込みに過ぎない――自分自身の人生を生ききるために、切れ味鋭い驚異の哲学論。

  • 明るいニヒリズム(PHP文庫) 650円
    作家 中島義道
    出版社 PHP研究所
    レーベル PHP文庫
    販売開始日 2015/03/06

    ニヒリズムは克服するべきなのか? したところで何もない。その直観にこそ「明るさ」がある――人気哲学者による究極のニヒリズム論。

  • 哲学の教科書 1188円
    作家 中島義道
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社学術文庫
    販売開始日 2015/02/11

    哲学は何の役にたつのか。哲学の問いとはどんなものか。哲学者とはどのような人々か。そもそも、哲学とは何か。物事を徹底的に疑うことが出発点だという著者は、「哲学とは何でないか」を厳密に規定することで...

  • 「私」の秘密 私はなぜ〈いま・ここ〉にいないのか 756円
    作家 中島義道
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社学術文庫
    販売開始日 2015/02/11

    「私とは何か」と問う者こそが、「私というあり方」をする者である。過去と現在、両立しえない二つの時間をつなぐ能力こそが、「私」である。時間論と身体論の邂逅によって「私」という不可思議な存在の謎に迫...

  • 純粋異性批判 女は理性を有するのか? 1296円
    作家 中島義道
    出版社 講談社
    販売開始日 2015/02/11

    「仕事と私とどっちが大事なの!」「浮気するなら私にわからないようにして!」......男には決して理解できない女の論理は、一体どこから生まれるのか?カントの『純粋理性批判』の構成に倣いつつ、「女...

  • 非社交的社交性 大人になるということ 648円
    作家 中島義道
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社現代新書
    販売開始日 2015/02/11

    人間は一人でいることはできない。といって、他人と一緒にいると不快なことだらけ――。「人間嫌い」のための、居心地のいい人間関係のつくり方とは。哲学者が、カントの言葉「非社交的社交性」を手がかりに、...

  • やっぱり、人はわかりあえない 650円
    作家 中島義道 小浜逸郎
    出版社 PHP研究所
    レーベル PHP新書
    販売開始日 2014/08/29

    「人生を半分降りた」哲学者と、「普通に生きる」批評家が遭遇。人づきあい、善悪、愛、幸福、死などをテーマに勝手なことを言い合う。

  • 悪への自由 : カント倫理学の深層文法 2592円
    作家 中島義道
    出版社 勁草書房
    販売開始日 2014/03/20

    カント倫理学の核心を抉る、哲学者・中島義道の真骨頂。

  • 空間と身体 : 続カント解釈の冒険 3240円
    作家 中島義道
    出版社 晃洋書房
    販売開始日 2013/09/13

    カントの超越論的観念論における空間と身体との根源的関係をえぐり出し、ニュートン的自然とは異なるカント独自の自然観を解明する。

  • 1
セーフサーチの状態