読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

「井川香四郎」の作品一覧

47件中1-24件 (1/2ページ)
  • もんなか紋三捕物帳 (1~3巻) 551円583円
    作家 井川香四郎
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2018/12/11

    江戸城中の警備を担う城中奉行の大久保丹後は、城内で起きる不可解な事件の解決に心血をそそぐが、真相究明には程遠い日々。業を煮やした丹後は、江戸中の岡っ引きの大親分、門前仲町の紋三に助力を求めるが....

  • もんなか紋三捕物帳 (1~2巻) 648円
    作家 井川香四郎
    出版社 実業之日本社
    レーベル 実業之日本社文庫
    販売開始日 2019/03/15

    男として育てられた桃太郎姫が、ときに町娘に扮しながら岡っ引きの紋三親分とともに江戸の悪をあばく! 痛快捕物帳シリーズ。

  • 寅右衛門どの 江戸日記 殿様推参 800円
    作家 井川香四郎
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2018/02/09

    人情時代劇を得意とする井川香四郎氏による文庫書き下ろしシリーズ 「寅右衛門どの 江戸日記」の第5巻にして完結編。 時は老中・松平定信の頃。 江戸の長屋にフラリと現れ居候となった「自称・改易され...

  • 寅右衛門どの 江戸日記 千両仇討 800円
    作家 井川香四郎
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2017/08/04

    越後四条藩で影武者を務めていた与多寅右衛門は、一橋家の元家老・飯田能登守易信の推挙で武蔵滝山藩主にして若年寄の座に就いた。江戸と甲州をつなぎ「桃源郷」と呼ばれる美しいと土地だが、石高は貧しい。そ...

  • 御三家が斬る! 殺しの鬼棲む妻籠宿 713円
    作家 井川香四郎
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2017/07/14

    中山道の名宿妻籠では、「旅人を食う鬼が出る」との不穏な噂が立っていた。危機に乗じて制定された悪法に苦しむ百姓たち。見かねた新之助と箕山は、代官所に乗り込んで葵の御紋の印籠をかざすも、偽物と突き返...

  • 別子太平記 愛媛新居浜別子銅山物語 1555円
    作家 井川香四郎
    出版社 徳間書店
    販売開始日 2017/05/26

    世界の6分の1の銅を産出したといわれる別子銅山を舞台に、愛媛県新居浜市の歴史と人々を描く。感泣の傑作書下し大河ロマン。

  • 寅右衛門どの 江戸日記 大名花火 741円
    作家 井川香四郎
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2017/05/19

    駒形そこつ長屋に起居する与多寅右衛門。かつて越後四条藩主の影武者を務め、町の事件を次々と解決する彼のもとに、碁敵として謎の男が通いつめる。小柄で白髪、前歯の欠けた素性の知れぬこの老人、なにやら思...

  • 寅右衛門どの 江戸日記 芝浜しぐれ 741円
    作家 井川香四郎
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2016/12/09

    越後四条藩主の影武者を務めていた与多寅右衛門は、人情あふれる駒形そこつ長屋の面々とすっかり打ち解けた。海産物問屋の老妻の記憶を取り戻す手助けをし、仲間の恋の橋渡しをする。八面六臂の活躍を見せる寅...

  • 御三家が斬る! 691円
    作家 井川香四郎
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2016/12/09

    宝永地震に富士山の噴火。復興に苦しむお伊勢参りの要所・石部宿で、百姓衆の諍いを治めた旅の浪人徳田新之助は、圧政を敷く代官との交渉役を引き受けることになるが......。使い手の男前若侍と、色事好...

  • 天保百花塾 600円
    作家 井川香四郎
    出版社 PHP研究所
    レーベル PHP文芸文庫
    販売開始日 2016/09/30

    寺子屋「百花塾」に通う様々な事情を抱えた子供たちと、熱心で温かい浪人・伝次郎ら師匠たち。八王子宿の自然と風土を舞台に新たな人情もの誕生!

  • 寅右衛門どの 江戸日記 人情そこつ長屋 740円
    作家 井川香四郎
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2016/09/16

    古典落語に材を取った、待望の新シリーズ! 駒形の長屋に、容貌魁偉にして博学だが、過去の記憶がないという侍が住み着いた。町の騒動を次々に解決するこの男の正体とは?

  • もんなか紋三捕物帳 桃太郎姫 603円
    作家 井川香四郎
    出版社 実業之日本社
    レーベル 実業之日本社文庫
    販売開始日 2016/09/16

    美しき若君(?)と岡っ引きの親分が江戸の町で鬼退治! 男として育てられた桃太郎姫が、町娘に扮して岡っ引きの紋三親分とともに江戸で起きる無理難題を解決! 痛快捕物帳シリーズ。

  • 飯盛り侍 すっぽん天下 713円
    作家 井川香四郎
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2016/04/08

    本能寺の変の陰謀を知り、遠江頭陀寺城に身を寄せていた弥八を、天下人秀吉は再び台所奉行に召抱える。権力への妄執から次第に病魔に蝕まれていく秀吉の死の床で、弥八はあえて野暮の極みの"すっぽん汁"を献...

  • もんなか紋三捕物帳 (1~6巻) 680円713円
    作家 井川香四郎
    出版社 徳間書店
    レーベル 徳間文庫
    販売開始日 2019/01/11

    湯島天神下に住む桶師の鬼三郎には、法で裁けない奴らを懲らしめている裏の顔がある。ある日、訪ねてきた旗本から、素行の悪い男を葬ってほしいと頼まれた。しかし相手は、南町奉行の大岡越前守に朱房の十手を...

  • 飯盛り侍 城攻め猪 691円
    作家 井川香四郎
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2015/12/11

    信長の修羅、光秀の知略、秀吉の奇策。織田軍との攻防を続ける石山本願寺援護のため、雑賀孫市と共に堺を訪れた弥八。饗応の最中、不覚にも拉致された弥八は、織田方の本丸・安土城に捕らえられる。「信長様を...

  • 樽屋三四郎 言上帳 (1~15巻) 690円700円
    作家 井川香四郎
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2015/08/21

    23歳のトップオブ町人・町年寄と、影の集団・百眼が連携して江戸を守る! 書き下ろし時代小説新シリーズ第1弾

  • ふろしき同心 512円
    作家 井川香四郎
    出版社 実業之日本社
    レーベル 実業之日本社文庫
    販売開始日 2015/08/07

    嘘も方便――大ぼら吹きの同心が人情で事件を裁く! 表題作をはじめ、江戸を舞台に繰り広げられる人間模様を描く時代小説集。

  • 暴れ旗本八代目 (1~9巻) 637円679円
    作家 井川香四郎
    出版社 徳間書店
    レーベル 徳間文庫
    販売開始日 2015/07/17

    融通の利かない無骨な武門として幕閣に煙たがられている、三河以来の“かみなり”旗本大河内家。今日も切腹覚悟で諫言に及ぶ大目付の父政盛と、毎日ぶらぶらと瓢箪様(ひょうたんよう)の一粒種右京が怒りの太...

  • 菖蒲侍 512円
    作家 井川香四郎
    出版社 実業之日本社
    レーベル 実業之日本社文庫
    販売開始日 2015/06/19

    もうひと花、咲かせてみせる! 花菖蒲を将軍に献上するため命がけの旅へ出る田舎侍の心意気――名手が贈る人情時代小説集!

  • 超合本 梟与力吟味帳 6653円
    作家 井川香四郎
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2015/02/11

    暗い世相に目を光らせ、闇に潜む悪を捕らえる北町奉行吟味方与力の藤堂逸馬は"梟"の異名で知られていた。同じ寺子屋で学んだ幼なじみの、計算が得意で神経質な八助、根っからの助平だが憎めない信三郎、性格...

  • 飯盛り侍 鯛評定 745円
    作家 井川香四郎
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2015/02/11

    博多の豪商島井宗室に物資を託され、村上海賊の跋扈する瀬戸内を進む弥八。危機を救ってくれた毛利輝元に拾われ、評定飯を拵える大役を任された弥八に、山中にいながら鯛を使った昼餉を作れとの無理難題が降り...

  • 飯盛り侍 659円
    作家 井川香四郎
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2015/02/11

    佐嘉龍造寺家の足軽・弥八は、戦の後方支援を担う賄い方として、日々食糧調達に奔走していた。戦に傷ついた仲間にうどんを振る舞う弥八に目を留めた当主・隆信は、自らを満足させる飯を作らねば斬り捨てると言...

  • 冬の蝶 梟与力吟味帳 540円
    作家 井川香四郎
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2015/02/11

    暗い世相に目を光らせ、闇に潜む悪を捕らえる北町奉行吟味方与力の藤堂逸馬は"梟"の異名で知られていた。同じ寺子屋で学んだ幼なじみの、計算が得意で神経質な八助、根っからの助平だが憎めない信三郎、性格...

  • 日照り草 梟与力吟味帳 540円
    作家 井川香四郎
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2015/02/11

    吟味方与力の藤堂逸馬が北町奉行所に出仕すると、滅法いい女が待っていた。訴人の依頼によって代言などを行う公事宿『叶屋』の主人・真琴だった。水茶屋の女殺しで死罪は免れない下手人を詮議し直せと迫ってき...

セーフサーチの状態