読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

「仁木悦子」の作品一覧

12件中1-12件 (1/1ページ)
  • 赤い猫 419円
    作家 仁木悦子
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2019/03/15

    車椅子に坐ったままの富豪の老婆の家に、住み込みで雇われていた沼手多佳子は、老婆の死後、その全財産を遺贈された。幼い時母を殺された多佳子にとって、それは夢のようなことだったが......という日本...

  • 陽の翳る街 648円
    作家 仁木悦子
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2019/03/08

    パン・菓子屋の娘・青瀬悠子、推理小説研究に熱中している大学生・高城寺拓、女性雑誌フリーライターの有明留美子、書店の独身店主・数々谷浩平。推理小説研究会・モザイクの会の4人は春の夜、どんぐり坂で殺...

  • 粘土の犬 594円
    作家 仁木悦子
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2019/03/08

    会社の金の使い込みが発覚しそうになった井ノ口は,愛人である未亡人・安枝の殺害を謀る。練りに練った計画はうまくいき、事件は迷宮入りかと思われた。だが、目の不自由な安枝の遺児・利彦の奇妙な粘土細工の...

  • 林の中の家 648円
    作家 仁木悦子
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2019/03/08

    音大生・仁木悦子と植物学専攻の雄太郎は、探偵マニアの兄妹だ。欧州旅行中の水原夫妻に邸の留守を頼まれているが、ある夜に怪電話がかかり、女の悲鳴とともに電話は切れる。そして「林の中の......」と...

  • 594円
    作家 仁木悦子
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2019/02/22

    深夜、隣人の不審な行動を目撃した少年の恐怖の体験を、サスペンス豊かに描いた、作者得意の子供を主人公にした表題作「穴」。コートを食堂で取り違えた視覚障害者が、特有の鋭い感受性で名探偵ぶりを発揮する...

  • 青い風景画 594円
    作家 仁木悦子
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2019/02/22

    美しい津永和佳子に身辺警護の依頼を受けた私立探偵・三影潤は、伊豆の海辺にある彼女の別荘を訪れた。そこには盲目の従姉と病身の祖父が同居していたが、三影は一瞬の油断をつかれて、依頼主・和佳子が殺害さ...

  • 二つの陰画 648円
    作家 仁木悦子
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2019/02/22

    高利貸でばっちり貯めこんでいた、アパート『満寿美荘』の女経営者が密室で殺され、しかも、遺言状が指名した遺産相続人は、まったくの赤の他人だった! 目的は遺産か? 健介・知子の新婚素人探偵局が犯人探...

  • 赤と白の賭け 648円
    作家 仁木悦子
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2019/02/15

    ある日、見知らぬ老人から受けた招待、それは思いがけなくも復讐劇の始まりだった......。出世のため、ひたむきに愛してくれた娘を捨て、死に追いやった男への――。死を招く二者択一の恐怖を描く、サス...

  • 緋の記憶 648円
    作家 仁木悦子
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2019/02/15

    明かるい秋の日ざしの中、ふらりと立ち寄った画廊で見かけた1枚の絵は、日本海で起こった恐るべき殺人事件の謎を秘めていた(「暗緑の時代」)。東京の高田馬場にオフィスを構える名探偵、ご存じ三影潤が解き...

  • 灯らない窓 648円
    作家 仁木悦子
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2019/02/15

    睡眠薬入りのビールをパパに飲ませて、夜中の12時にこっそり出かけて行ったママ。そのママが通り魔殺人の容疑で逮捕された! 秋祭りの太鼓の音色に心ときめかせていた平和な家庭を、不意に襲った恐怖の事件...

  • 猫は知っていた 594円
    作家 仁木悦子
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2019/02/08

    秘密の抜穴と謎の電話、そして暗闇に突き出た毒塗りナイフと一匹のネコ......。引越し早々に起きた連続殺人事件に、推理小説ファンの兄と私は積極的に巻き込まれた――素人探偵兄妹の鮮やかな推理をリズ...

  • 冷えきった街 648円
    作家 仁木悦子
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2019/02/08

    竪岡清太郎一家は続発する怪事件にまき込まれ、恐慌を来していた。長男・清嗣は睡眠中にガス栓を抜かれ、次男・冬樹は暴漢に襲われ、末娘・このみを誘拐するという脅迫状までが舞い込んだ。事件解明の依頼を受...

  • 1
セーフサーチの状態