読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

「伊東潤」の作品一覧

21件中1-21件 (1/1ページ)
  • 天下人の茶 720円
    作家 伊東潤
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2018/12/04

    絢爛豪華たる安土桃山文化の主座をしめていた茶の湯。その文化を創出した男・千利休と現世の支配者となった豊臣秀吉との相克は、利休が秀吉に切腹を命じられたことによって終わりを告げた。果たしてこの争いの...

  • 池田屋乱刃 864円
    作家 伊東潤
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2018/05/15

    維新とは、志士とは何だったのか。池田屋事件で死んでいった志士たちを注目の歴史作家が熱く描く。「乃美さん、わたしは卑怯な男だ」――明治十年、死の床についた明治の元勲・木戸孝允こと桂小五郎は、かつて...

  • 合戦の日本史 701円
    作家 安部龍太郎 伊東潤 佐藤賢一 葉室麟 山本兼一
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2017/10/13

    我々はこの合戦をこのように読み解く! 歴史小説界の論客たちが語り尽くす、日本の合戦の真相。 桶狭間から、幕末維新の合戦まで。 織田信長、豊臣秀吉、徳川家康を軸に西郷隆盛、ついには司馬遼太郎まで...

  • 北条氏康 関東に王道楽土を築いた男 750円
    作家 伊東潤 板嶋恒明
    出版社 PHP研究所
    レーベル PHP新書
    販売開始日 2017/09/29

    江戸の泰平の礎となった理想的内政と、八万の大軍を八千で破った天才的戦略。謙信、信玄が最も恐れた「戦国最強の大名」の実像を描く。

  • 武士の碑 750円
    作家 伊東潤
    出版社 PHP研究所
    レーベル PHP文芸文庫
    販売開始日 2017/09/15

    西郷隆盛と大久保利通の後継者と目された村田新八。西南戦争とパリを舞台に“最後の武士”として生き抜いた新八の活躍を描く力作長編。

  • 野望の憑依者(よりまし) 799円
    作家 伊東潤
    出版社 徳間書店
    レーベル 徳間文庫
    販売開始日 2017/07/07

    足利政権確立にこの男は不可欠だった! 己の野望を実現すべく数々の策を弄した名参謀・高師直の知られざる素顔。

  • 悪左府の女 1500円
    作家 伊東潤
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2017/06/09

    女を使って権力を得る! ピカレスク時代長編 冷徹な頭脳ゆえ「悪左府」と呼ばれた藤原頼長が、琵琶の名手を使い暗躍する。 保元の乱へと転がる時代をダイナミックに描く! 知力と権力で朝廷に君臨する...

  • 峠越え 756円
    作家 伊東潤
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2016/09/09

    弱小の家に生まれ、幼少期を人質として過ごした家康は、織田と同盟を組むが、家臣同然の忍従を強いられる。信長の命で堺にいるとき、本能寺の変が起きた。三河へ戻るには、明智の追っ手から逃れ、敵が潜む伊賀...

  • 王になろうとした男 710円
    作家 伊東潤
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2016/04/22

    野心が、野望が、人を変えていく戦国時代。桶狭間の戦で功を挙げた毛利新助。計策事により秀吉や光秀よりも出頭した塙直政、臣下の謀略で一族郎党を虐殺された荒木村重、信長に父を殺された復讐を胸に秘める津...

  • 決戦!大坂城 福島正守編 男が立たぬ 199円
    作家 伊東潤
    出版社 講談社
    販売開始日 2015/07/31

    激戦の裏で密かに決行された徳川家康の孫・千姫救出作戦。戦渦広がる大阪城内を、福島正則の弟・正守が駆ける。歴史に埋もれた男たちの誇りと約定。

  • 決戦!関ヶ原 徳川家康編 人を致して 199円
    作家 伊東潤
    出版社 講談社
    販売開始日 2015/07/31

    幼少期は人質として、成年しても織田信長や豊臣秀吉、はたまた口うるさい家臣にまで"使われてきた"苦労人の徳川家康。秀吉が死に、ようやく天下取りのチャンスがまわってきた家康の屋敷を、"あの男"が訪ね...

  • 国を蹴った男 788円
    作家 伊東潤
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2015/06/12

    不条理な世を渡る武器は、気骨と果断。利に生きるか、義に死すか。敗れざる者たちの魂の咆哮。"豪腕作家"の凛然たる戦国小説集。いま、もっとも注目される歴史作家が満を持して放つ! 不条理な世を渡る武器...

  • 戦国鬼譚 惨 700円
    作家 伊東潤
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2015/02/11

    人を欺けば謀られ、人を信じれば殺される。木曾谷の治世をめぐり反目する木曾家当主の義昌と弟の義豊。武田に殉じるか織田へ寝返るか――谷間に常と変らぬ春が訪れたとき、兄弟は慟哭の中で身悶えしなければな...

  • 叛鬼 756円
    作家 伊東潤
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2015/02/11

    誰よりも早く下剋上を成し遂げた男、長尾景春。腹悪しき主君・上杉顕定に叛旗を翻し、戦乱の幕は切って落とされた。対するは、かつて兄と慕った巨人・太田道灌。さらには、駿河で勃興する新世代の雄・北条早雲...

  • 疾き雲のごとく 596円
    作家 伊東潤
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2015/02/11

    継母と弟を斬り堀越公方(ほりごえくぼう)となった足利茶々丸。遊女・香月(かげつ)を伴い奥修善寺の隠し湯へ赴いた茶々丸は、湯壺で痩せぎすの若僧と打ち解ける。その正体も知らず――(「修善寺の菩薩」)...

  • 戦国鎌倉悲譚 剋 700円
    作家 伊東潤
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2015/02/11

    小田原北条家の尖兵、玉縄北条家の当主・氏舜は、一門を率いて関東の戦場を駆けめぐっていたが、心中では仏門への憧憬を捨て切れず、己の生きる道に思い悩んでいた。里見家より人質として送られて来た美しく気...

  • 虚けの舞 751円
    作家 伊東潤
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2015/02/11

    本能寺の変から十年。天下人となった秀吉は朝鮮出兵の大号令を発した。その前線、肥前名護屋陣(ひぜんなごやじん)にいた二人――秀吉からすべてを奪われた信長の息子・信雄と、秀吉に滅ぼされた北条家の生き...

  • 戦国無常 首獲り 486円
    作家 伊東潤
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2015/02/11

    戦場の武功の証は獲った敵方の「首」によって決まる。下級武士たちの手柄を巡る争いは、なんと浅ましく、また儚いものか。運命はなぜこうも皮肉を好むのか。「頼まれ首」「もらい首」「拾い首」など、戦国時代...

  • 天下人の失敗学 すべての人間は4つの性格に分類できる 756円
    作家 伊東潤
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社+α新書
    販売開始日 2015/02/11

    社会生活を営み、様々な人たちと接していると、つい「人というものは十人十色」と考えがちになります。しかし、そこで思考停止せずに、4種の人格タイプに類型化すれば、おのずと己も他人も見えてきます。言い...

  • 城を攻める 城を守る 810円
    作家 伊東潤
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社現代新書
    販売開始日 2015/02/11

    「この時代小説がすごい!」作家別ランキング1位の著者が、戦国時代から幕末にかけて城郭攻防戦が展開された26の「戦う城」を徹底分析。国内最後の城郭攻防戦を耐え抜いた名城中の名城「熊本城」、栄光と没...

  • 黎明に起つ 1234円
    作家 伊東潤
    出版社 NHK出版
    販売開始日 2014/02/28

    黎明を呼んだ男の壮大な一代記 京都を主戦場に、11年間も繰り広げられた権力闘争・応仁の乱。それによって荒廃した都の姿に絶望し、挫折から立ち直り、関東の地に新天地を求め、守旧勢力を駆逐し、覇権を...

  • 1
セーフサーチの状態