読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

「佐多稲子」の作品一覧

15件中1-15件 (1/1ページ)
  • 時に佇つ 1100円
    作家 佐多稲子
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文芸文庫
    販売開始日 2019/07/18

    激動の時代の暗い淀みを清冽、強靭な“眼”で凝視し、痛ましくも美しきものを描く自伝的短篇連作12篇。

  • 私の東京地図 880円
    作家 佐多稲子
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文芸文庫
    販売開始日 2019/07/18

    東京の街への様々な思い出や出逢い、そして戦争。自らの過去を探り確かめるように書き刻んだ名作。

  • 女の宿 825円
    作家 佐多稲子
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文芸文庫
    販売開始日 2019/07/18

    女流文学賞受賞作「女の宿」など、人々の生きざまを描き上げた13篇を収録。

  • 灰色の午後 990円
    作家 佐多稲子
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文芸文庫
    販売開始日 2019/07/17

    突然の女の出現に崩壊する作家夫婦の危機。折江の夫が、新しい女で家を出ようとする。自己と家庭を凝視する佐多文学の最高の達成。

  • 樹影 1265円
    作家 佐多稲子
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文芸文庫
    販売開始日 2019/07/17

    著者の故郷長崎の、酷く理不尽な痛みを深い怒りと哀惜をこめて強靱に描く。原爆を告発した不朽の名作。野間文芸賞受賞。

  • 夏の栞―中野重治をおくる― 1100円
    作家 佐多稲子
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文芸文庫
    販売開始日 2019/07/05

    文学的友情で支え合った中野重治との永遠の別れを、熱く深い思いで綴る感動の名作、鎮魂の書。毎日芸術賞・朝日賞W受賞作。

  • 私の長崎地図 1320円
    作家 佐多稲子
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文芸文庫
    販売開始日 2019/07/05

    生まれ育った町を振り返りながら書き綴った「私の長崎地図」を中心に、筆者の長崎へ対する思いが溢れる小説、随筆を編纂した作品集。

  • 月の宴 現代日本のエッセイ 1320円
    作家 佐多稲子
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文芸文庫
    販売開始日 2019/07/01

    激しい体験をくぐりぬけた著者が、折々に出会った文学者・知己との思い出を静謐に語る、エッセイ49篇。読売文学賞受賞作品。

  • 愛とおそれと 605円
    作家 佐多稲子
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2019/07/01

    新しい母を迎えた日から平穏であった家族の間に生じる、小さな不協和音。人と人とのつながりをこまやかに描いた名編。ドラマ化作品。

  • 渓流 550円
    作家 佐多稲子
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2019/07/01

    肉親の愛憎や葛藤を内に持ちながら、自らの生き方を求める安川友江。思想的にも人間的にも誠実に生きようとする一女流作家を描く。

  • 重き流れに (1~2巻) 550円
    作家 佐多稲子
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2019/07/01

    大陸の植民地に夢と野望を賭けた夫と、16歳から女の意地と嘆きを胸に秘めて耐え抜いた妻。女の愛と悲観の生きざまを描く長編小説。

  • 灰色の午後 990円
    作家 佐多稲子
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文芸文庫
    販売開始日 2017/01/01

    「何と云われようと、知らないことは知らないんだから、僕はそう云うしかないんですよ」とあくまで居直る惣吉。突然に出現した女の存在に崩解し出した作家夫婦の危機。反動化し戦争に向う困難な時代に、共に立...

  • 時に佇つ 1100円
    作家 佐多稲子
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文芸文庫
    販売開始日 2015/02/11

    昭和初年のプロレタリア文学運動。弾圧下の非合法活動。戦前・戦中・戦後を通し真摯に闘い続ける著者が、激動の時代の暗い淀みを清冽、強靱な"眼"で凝視し、「時」の歪みの底に沈む痛ましくも美しきものを描...

  • 私の東京地図 880円
    作家 佐多稲子
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文芸文庫
    販売開始日 2015/02/11

    上野池之端清凌亭のころ、丸善時代、芥川龍之介や中野重治らとの出逢い。非合法活動、結婚、敗戦......住み馴染んだ東京の街、戦禍で失われた街。様々な思い出を、人々の善意と真摯な営みの中に描く。戦...

  • 女の宿 825円
    作家 佐多稲子
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文芸文庫
    販売開始日 2015/02/11

    大阪に住む友人の女流画家とその義妹の家に宿をかりた私。そこに偶然訪れた二人の女客。隣家から響く無遠慮な女の声。さりげない日常の中に、時代の枠に縛られながら慎しく生きる女たちの不幸と哀しみとを刻み...

  • 1
セーフサーチの状態