読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

「勝目梓」の作品一覧

112件中1-24件 (1/5ページ)
  • 禁断の抱擁 原色性愛乱舞図鑑 670円
    作家 勝目梓
    出版社 シティブックス
    販売開始日 2019/03/01

    モノと性が固く結びついた男たち女たちの話。 幼い頃に見た性的な光景が、モノによって蘇ることもある。 別れた男がつかっていたモノが、性欲を喚起させるきっかけづくりになることもある。

  • 誰かが眠れない夜 私立探偵 伊賀光二の仕事術 670円
    作家 勝目梓
    出版社 シティブックス
    販売開始日 2019/02/08

    私立探偵・伊賀光二。ハードな事件によって左右の手の小指を落とされるという報復にあう。伊賀は若くて美しい女の頼みは断れない......。官能色豊かなハードボイルド探偵小説。

  • 夜の獲物 670円
    作家 勝目梓
    出版社 シティブックス
    販売開始日 2019/02/08

    8つのストーリーそれぞれにうごめいている、めくるめくエロス。 勝目ワールドの真骨頂が随所に堪能できる短編集。

  • 視線が殺した 670円
    作家 勝目梓
    出版社 シティブックス
    販売開始日 2019/01/25

    地位も名誉も金も持っている青年社長猪沢慎一郎は、幼い頃からマゾを自覚していた。 そんな彼が自らの性癖を満足させるために選んだ道は、素直で純朴な処女を嫁に迎え、ハードSとして育てることだった。 夜...

  • 官能の狩人 670円
    作家 勝目梓
    出版社 シティブックス
    販売開始日 2019/01/18

    ハンサムでスマートな私立探偵・中沢卓也は原宿のマンションの一室に事務所を構え、さまざまな事件の依頼を受けている。 若く美人で有能な助手・青柳理絵とともに、人妻の浮気調査から誘拐事件、殺人事件まで...

  • もう朝は訪れない 540円
    作家 勝目梓
    出版社 徳間書店
    レーベル 徳間文庫
    販売開始日 2017/11/11

    重傷を負い、覚醒剤も奪われた平井は、さらに春子の強姦の声をきいた......。長篇バイオレンス。

  • 遊乱二郎殺しのファイル (1~2巻) 486円540円
    作家 勝目梓
    出版社 徳間書店
    レーベル 徳間文庫
    販売開始日 2018/02/24

    著者初めてのシリーズヒーロー、遊乱二郎登場! 来日中のフランス女流画家を輪姦して殺したのは誰だ?

  • 夜を真昼に 594円
    作家 勝目梓
    出版社 徳間書店
    レーベル 徳間文庫
    販売開始日 2017/09/29

    殺人容疑をかけられた沖島雄一は、みずから犯人捜しを始めたが、それは迷宮入り犯罪の絡むビッグゲームだった。華麗に展開する勝目梓の世界!

  • 扉の中の祝宴 594円
    作家 勝目梓
    出版社 徳間書店
    レーベル 徳間文庫
    販売開始日 2017/09/29

    ここもと御覧に入れまするは、かの勝目梓がペンの至芸によって織りなす女たちの妖かしの姿態‐‐電車の車内以外にはオーガズムを感じない女、夫よりもスプーンを好む異物愛玩症の女、被視姦願望の女、恥ずかし...

  • 夢地獄 540円
    作家 勝目梓
    出版社 徳間書店
    レーベル 徳間文庫
    販売開始日 2017/09/29

    男と女の哀しくもおかしな話の逸品集!

  • 墓碑銘は炎で刻め 594円
    作家 勝目梓
    出版社 徳間書店
    レーベル 徳間文庫
    販売開始日 2017/09/29

    邪悪な情念を描き、人間の魔性を見事に抉り出した勝目世界の男の群像。

  • 夢追い肌 540円
    作家 勝目梓
    出版社 徳間書店
    レーベル 徳間文庫
    販売開始日 2017/09/29

    時の流れが男と女の上にいかなる業を積みかさねるか、現代小説の旗手が永遠のテーマに挑む渇愛の世界!

  • 闇に光る肌 594円
    作家 勝目梓
    出版社 徳間書店
    レーベル 徳間文庫
    販売開始日 2017/09/29

    洋子とは何者なのか!? 背後に政界大物の影がちらつく――。

  • 白昼の獲物 540円
    作家 勝目梓
    出版社 徳間書店
    レーベル 徳間文庫
    販売開始日 2017/09/29

    夜の新宿の街角でうっかりいかがわしい写真を買わされてしまった岩田邦夫は、後悔するどころか、しめたとほくそえんだ。そのモデルはメイクで顔をごまかしてはいたが、局所脇のホクロから見て、つい最近、プー...

  • 影の弔鐘 648円
    作家 勝目梓
    出版社 徳間書店
    レーベル 徳間文庫
    販売開始日 2017/09/29

    刑事あがりの私立探偵・多岐俊介のもとに奇妙な人探しの依頼があった。捜査の行手に待ち構える甘美な罠、酷薄な妨害。バンコク、サンフランシスコを股にかけた官能アクション巨篇。

  • 人喰い花 540円
    作家 勝目梓
    出版社 徳間書店
    レーベル 徳間文庫
    販売開始日 2017/09/29

    終電車が走り去った駅前のタクシー乗場。若い女が、ドアを開けた浜崎の車に駆け寄ってきた。おかしな女であった。助手席に坐りたい、というのだ。いくらか酒に酔ってもいるらしい。女のにおいは、若いタクシー...

  • 轍が弔うお前の恨み 594円
    作家 勝目梓
    出版社 徳間書店
    レーベル 徳間文庫
    販売開始日 2017/09/29

    小平市のタクシー運転手・宮原が刺殺され、車ごと黒焦げ死体で発見された。同僚の小関は、実直な宮原の死に不審を抱くが......。傑作サスペンス。

  • 復讐海流 648円
    作家 勝目梓
    出版社 徳間書店
    レーベル 徳間文庫
    販売開始日 2017/09/29

    倒産した会社の再建資金は奪われていた。おれをはめたのは誰だ。復讐に燃える田代の狂気は、裏切者を血の海に横たえる。長篇バイオレンス。

  • あしあと 770円
    作家 勝目梓
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2016/10/07

    彼方に封じ込めていた記憶の封印が解かれるとき、妖しく危うい官能の扉が開く。 夢とも現実ともつかぬ時空を往来しながら「生」と「性」を描く、円熟の傑作十篇。 風来坊だった父の死後、家族に届いた一通...

  • 異端者 1500円
    作家 勝目梓
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2016/09/23

    波の音が聴こえる海沿いの家で、老境に達しようとする男が、自らの人生に思いをめぐらせている。 そこには毒がある。蜜もある。禁断と倒錯のエロティシズムの果てに、甘くて危険な秘密が横たわっている......

  • 赤い野獣 (全3巻) 432円
    作家 かわぐちかいじ 勝目梓
    出版社 トラスト・ツー
    レーベル かわぐちかいじ傑作選
    販売開始日 2016/07/29

    官能バイオレンスの巨匠・勝目梓の原作を得て、かわぐちかいじが贈るハード・アクション!!

  • 私設探偵赤い牙 (全2巻) 432円
    作家 かわぐちかいじ 勝目梓
    出版社 トラスト・ツー
    レーベル かわぐちかいじ傑作選
    販売開始日 2016/05/27

    官能バイオレンスの巨匠・勝目梓の原作を得て、かわぐちかいじが贈る探偵ハード・アクション!!

  • ある殺人者の回想 842円
    作家 勝目梓
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2016/04/08

    おれはなぜ二度も人を殺したのか。七十六歳で故あって二度目の殺人を犯し四年、いま獄中にある男は静かに語り始める。昭和初頭、炭鉱の島に生まれ坑夫となった緒方一義は隣人を殺し、一度目の獄につながれた。...

  • 小説家 802円
    作家 勝目梓
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2015/12/11

    昭和30年代半ば、波瀾に満ちた青年期を送った「彼」は九州から上京、作家を目指す。同人誌「文藝首都」に在籍し、名を成す手前にまで達するが、森敦と中上健次、2つの才能に打ちのめされる。そして苦悩の末...

セーフサーチの状態