読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

「北岡けんいち」の作品一覧

12件中1-12件 (1/1ページ)
  • 日誌 介護員 分かりま宣言 550円
    作家 北岡けんいち
    出版社 中西出版
    販売開始日 2018/11/09

    これは普通の介護員のおはなし。 橋村花子さんは小樽の介護施設に十数年勤める女性介護員。 30代半ばとなり、ベテラン介護員となった彼女が心に秘めた若き日の出来事と家族や同僚、仕事への思いとは。 ...

  • 日誌 介護員のジュン 550円
    作家 北岡けんいち
    出版社 中西出版
    販売開始日 2018/11/09

    高校時代「街角のジュン」と呼ばれ、夜の街で群れていた純哉は、周囲の驚きをよそに、卒業とともに地元の介護施設に就職。慣れない介護の日々を過ごしながら、純哉は過去を思い、友や家族に思いを馳せ、自分に...

  • 日誌 朝を開く介護員 550円
    作家 北岡けんいち
    出版社 中西出版
    販売開始日 2018/06/08

    施設長が介護現場で描いてきたフィクション日誌が、ついに一編の物語になりました。短い「話題」を通じて、悩める介護員たちへエールをおくり続けてきた著者の初の長編。 北国の介護施設ではたらく5人の介護...

  • 日誌 語らない介護員 550円
    作家 北岡けんいち
    出版社 中西出版
    販売開始日 2018/06/08

    介護に導かれた若者たちは、出会いと別れのなかで力をたくわえ、自分の道を歩いていく。 悩める介護員たちへエールをおくり続けてきた施設長が、5人の若者を主人公に介護の現場で描いたフィクション日誌物語...

  • 日誌 ふつうの介護員 550円
    作家 北岡けんいち
    出版社 中西出版
    販売開始日 2017/08/18

    老人保健施設の施設長が「普通に生きる介護員」の日常を映したエピソードを、30編のフィクション日詩に仕立てた。 各話に付けられた対話形式のコメントは、迷える介護員たちへの穏やかなアドバイスとなっている。

  • 笑いなきにあらず 550円
    作家 北岡けんいち
    出版社 中西出版
    販売開始日 2015/03/27

    施設で働くたくさんの介護員を主人公にした、フィクション生活日詩。老人保健施設長の著者が見つめる介護員の日常と現実を、心が軽くなる「運気上昇コメント」とともに紹介。

  • 介護員日詩 5番目の季節 550円
    作家 北岡けんいち
    出版社 中西出版
    販売開始日 2015/03/27

    介護で働く人の様々な喜び、悲しみと将来への展望を、老人保健施設長の著者が色々な視点から考えて描いた「創作日詩」。70の「日詩」に70の「一言」アドバイスを添える。

  • 日誌 名も無き介護員 550円
    作家 北岡けんいち
    出版社 中西出版
    販売開始日 2015/03/13

    現実に直面し、迷いながらも過ぎてゆく若き介護員たちの日常を切り取った50編の短いフィクション日誌に、“力強い介護員になる法”と題したアドバイスを添えた。老人保健施設の施設長を務める著者の願いがこ...

  • 介護福祉士受験日誌 未来の介護員 国試合格のためのエー... 550円
    作家 北岡けんいち
    出版社 中西出版
    販売開始日 2014/06/13

    介護福祉士を目指す“普通の介護員”を主人公にした50編のフィクション受験日誌を詩文として収録。1話ごとに悩める介護員へ贈る、著者流のコメントとエールを綴った。

  • 介護員の職場セミナー 楽しく施設で働くために 新 遠く... 504円
    作家 北岡けんいち
    出版社 中西出版
    販売開始日 2013/06/05

    人に会えば悩み、仕事をすれば迷い、一人でいれば苦しむ――。介護員が職場で直面する様々な話題を、老人保健施設長の著者が人生相談の形で取り上げ、解決への糸口を示した。70の話題を「若い人」「職場の待...

  • 遠くまで行くんだ 524円
    作家 北岡けんいち
    出版社 中西出版
    販売開始日 2012/10/01

    老健施設の施設長である著者が、現場の介護員のケアマネ受験に「刺激になり癒しにもなる」ことを目指して、直前100日間の心のアドバイスを贈る。

  • 老いを介護する若者たち 524円
    作家 北岡けんいち
    出版社 中西出版
    販売開始日 2012/10/01

    日常介護で悩み苦しんでいる若い介護員さんに「何でも相談所」として利用してほしい、という思いで執筆されたもの。

  • 1
セーフサーチの状態