読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

「半村良」の作品一覧

22件中1-22件 (1/1ページ)
  • 戦士の岬 682円
    作家 半村良
    出版社 シティブックス
    販売開始日 2020/06/19

    原宿あたりにたむろする若者たち8人、それぞれが広告、カメラマン、イラストレーター、スタイリストなどという職業を持つが、不安定なフリーとして生活をしていた。そんな彼らに、房総半島の先端の町から、地...

  • ながめせしまに 671円
    作家 半村良
    出版社 シティブックス
    販売開始日 2020/05/15

    酒場と着物、恋愛模様、修羅場......。 男と女のさまざまな心の機微を描いた短編集。 財界の中心人物の囲われ者だった女、こよなく愛した着物にも飽き次第に男との距離も空き、年齢を重ねていくとこに...

  • おんな舞台 671円
    作家 半村良
    出版社 シティブックス
    販売開始日 2020/05/15

    男と女の機微を描いた絶品の短編が並ぶ。 戦後間もない銀座のバーの同僚だった男と女。長い時間を経て二人が始めた「家庭」を、かつての弟分が訪ねる。三人の会話を通して人生の浮き沈みを描く「夢のおわり」...

  • 半村良コレクション (1~2巻) 671円
    作家 半村良
    出版社 シティブックス
    販売開始日 2020/04/10

    半村良の初期の短編や中編を収録した。のちの長編のもととなるものや、サイドストーリーとして書かれたものもある。 SF作家としてスタートした著者だが、その後人情もの、時代ものなどのジャンルの小説を書...

  • 虚空王の秘宝 (1~2巻) 682円
    作家 半村良
    出版社 シティブックス
    販売開始日 2019/11/01

    何者かがアパートに侵入し、拳銃と麻薬と思しき白い粉を置いていった。これをきっかけに露木一郎は国家権力から追われることになる。太古の時代に飛来し、秩父山中に隠されていた巨大な宇宙船に乗り込んだ露木...

  • 夢あわせ 682円
    作家 半村良
    出版社 シティブックス
    販売開始日 2019/09/30

    二つの世界、私たちが生きている世界と別の世界がふとしたことから触れ合ったとき事件が起きる。SFの名手の著者が描き出す12の短編。20種近い職業を経て作家になった著者の経験や生き様から生み出された...

  • 寒河江伝説 682円
    作家 半村良
    出版社 シティブックス
    販売開始日 2019/08/09

    2030年ごろ、世界は大きく変わっていた。 ことに日本は、東京が多民族都市となり、各地で自治区ができ、東北は福島を除く5県が自治区として独立してしまった。 ジャーナリスト丸谷は取材で訪れた山形で...

  • 雨物語 715円
    作家 半村良
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2019/07/13

    歌舞伎町の片隅の小さな酒場。常連客たちの歯に衣着せない会話には、人生の明暗や世相の風波が見え隠れする。軽妙洒脱な長編小説。

  • 戸隠伝説 715円
    作家 半村良
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2019/07/13

    神につながる家系の娘ユミからの誘いで戸隠山へ出かけた作家水戸宗衛の助手井上。そこには古代神々の激闘が...。壮大なる伝奇ロマン。

  • 飛雲城伝説 1540円
    作家 半村良
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2019/07/13

    美少女・鈴女(すずめ)は、戦乱の嵐の中、周囲の信望を得て、飛雲城の女城主となった。未完の大長編時代伝奇ロマン、甦った超大作!

  • アクナル・バサックの宝 660円
    作家 半村良
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2019/07/13

    ギメルは悪人だけが住む星。全宇宙の極悪非道な犯罪者がここに送られ、送られたら最後、容易に出ることはできない。異色の5短編!

  • 黄金の侏儒宮 550円
    作家 半村良
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2019/07/13

    見る者の血を妖しく煽り、燦然と輝く黄金の侏儒宮。その所有者・津降家の莫大な富の背景は、ベールに隠れたまま。その謎の答えは?

  • フォックス・ウーマン 880円
    作家 半村良
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2019/07/13

    悪事に加担した暗黒街の帝王は満州に強力な軍隊を創設し支配にのり出すが、なぜか狐につきまとわれる。絢爛妖異の大冒険伝奇ロマン。

  • げたばき物語 605円
    作家 半村良
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2019/07/13

    自称「嘘屋」が、創作の秘密や独特の下町精神を、赤裸々な告白(嘘?)で綴った好エッセイ。半村作品の秘密を明かすファン必読の書。

  • 暗殺春秋 592円
    作家 半村良
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2018/05/31

    研ぎ師の勝蔵は剣の師匠・奥山孫左衛門に見込まれ、暗殺者の裏稼業を持つようになる。九寸五分の匕首で次々に悪党を消してゆく中で、次第に現れる闇の権力者・一橋治済の影。治済と老中・青山忠裕の陰の争いに...

  • 軍靴の響き (全2巻) 440円
    作家 かわぐちかいじ 半村良
    出版社 トラスト・ツー
    レーベル かわぐちかいじ傑作選
    販売開始日 2016/12/09

    SF界の巨匠・半村良の原作を得て、かわぐちかいじが描く“もうひとつの日本”!! 「沈黙の艦隊」「ジパング」そして「空母いぶき」へと至るかわぐち軍事コミックの嚆矢!!

  • 晴れた空 (全3巻) 330円440円
    作家 半村良 石川サブロウ
    出版社 電書バト
    販売開始日 2016/09/16

    昭和20年8月15日終戦。しかし孤児たちは生きるために食べ、食べるために生き、その闘いに明け暮れていた。 「戦国自衛隊」の半村良原作の小説を、石川サブロウが描く!

  • 赤い酒場 1320円
    作家 半村良
    出版社 出版芸術社
    レーベル ふしぎ文学館
    販売開始日 2016/01/15

    日本SF史上に燦然と輝く名作「石の血脈」の外伝「赤い酒場を訪れたまえ」、異色作「ボール箱」、単行本未収録作「フィックス」「嘆き鳥」等、絶妙の語りで読者を異次元の世界に誘う、半村怪奇SFの集大成。...

  • 戦国自衛隊 (全4巻) 662円
    作家 森秀樹 半村良
    出版社 リイド社
    販売開始日 2017/04/28

    奇才・森秀樹が描く、今まで見た事もない「戦国自衛隊」!!!

  • 不可触領域 495円
    作家 半村良
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2012/11/09

    平和な地方都市のケーブル・テレビには、恐るべき秘密が隠されていた。......現代の恐怖をリアルに描いた異色のSF中篇

  • 炎の陰画 550円
    作家 半村良
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2012/11/09

    空襲の劫火をくぐりぬけ一人生き延びた戦災孤児の健は、すべてをなめつくす美しい炎の妖しい魅力にとり憑かれていた

  • どぶどろ 472円
    作家 半村良
    出版社 扶桑社
    レーベル 扶桑社BOOKS文庫
    販売開始日 2012/10/01

    名手・半村良が市井の人々の哀歌を細やかな筆致で謳いあげる大江戸人情世話ミステリー!

  • 1
セーフサーチの状態