読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

「吉川永青」の作品一覧

20件中1-20件 (1/1ページ)
  • 雷雲の龍 会津に吼える 726円
    作家 吉川永青
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2021/01/15

    講談社創業者・野間清治の祖父にして、門下八百人を超える大道場の当主、森要蔵。世を憂い、未来を想った、知られざる剣豪の生涯。

  • 老侍 770円
    作家 吉川永青
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2020/06/11

    どんなに老いても、その経験と智慧が輝きを失うことはない。戦国時代、最期まで「侍」であろうとし続けた六人の武将の生き様を描く。

  • 憂き夜に花を 1760円
    作家 吉川永青
    出版社 中央公論新社
    販売開始日 2020/06/09

    時は享保。江戸の町は飢饉に沈み、失業者、果ては餓死者までが出る始末。為政者ですら救えないこの町を、文字通り明るく照らそうとする男がいた。花火師・六代目鍵屋弥兵衛。困った人を放っておけないこの男は...

  • 治部の礎 1034円
    作家 吉川永青
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2020/01/15

    あの嫌われ者は、何のために闘い続けたのか――。歴史の細部を丁寧に掬う作家が現代人に問う、石田三成の志。渾身の書き下ろし長編。

  • 写楽とお喜瀬 1540円
    作家 吉川永青
    出版社 NHK出版
    販売開始日 2019/10/11

    写楽絵誕生の裏側にあった慟哭と贖罪、そして救済の物語 江戸の街に忽然と現れ、わずか10か月で消え去った謎の絵師・写楽。その正体については様々な説が論じられてきた。しかし後の世に世界を瞠目させる...

  • 義経いづこにありや 1540円
    作家 吉川永青
    出版社 講談社
    販売開始日 2019/07/17

    賭けるのは己が命。報酬は、天下。平家、頼朝を相手に、虐げられし者どもの乾坤一擲。吉川新人賞候補作家が放つ、新・源平合戦絵巻!

  • 義仲これにあり 1430円
    作家 吉川永青
    出版社 講談社
    販売開始日 2019/07/17

    平家を討ち破りし朝日とならん! 木曾冠者・源義仲。この男、英雄か、奸雄か。時代小説の新たな地平を切り拓く、新・源平合戦記!!

  • 関羽を斬った男 1320円
    作家 吉川永青
    出版社 講談社
    販売開始日 2019/07/15

    英雄のそばに物語は落ちている――。三國志の世界で英雄のまわりを固める脇役たちも、戦い、叫び、喰らい、怒り、泣き、生きていた。

  • 決戦!三國志 1265円
    作家 田中芳樹 東郷隆 天野純希 吉川永青 木下昌輝
    出版社 講談社
    販売開始日 2019/07/15

    累計7万部突破「決戦!」シリーズに三国志が登場!舞台は大陸、主役は古代の英雄たち。広大なスケールで贈るファン必読の書き下ろし

  • 決戦!関ヶ原 可児才蔵編 笹を噛ませよ 202円
    作家 吉川永青
    出版社 講談社
    販売開始日 2019/07/15

    可児才蔵は福島隊の一人として関ヶ原の先陣を担うが、「赤備え」井伊直政に抜け駆けを許す。激怒した才蔵は、戦場で直政を探し回る

  • 孟徳と本初 三國志官渡決戦録 1485円
    作家 吉川永青
    出版社 講談社
    販売開始日 2019/07/14

    奸雄・曹操孟徳と王者・袁紹本初。天下を望むには、かつての友が最大の障壁となった。三國志前半の大決戦「官渡の戦い」を描く長編。

  • 裏関ヶ原 726円
    作家 吉川永青
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2019/07/13

    東軍と西軍、徳川と豊臣などではない。ただ、己の「家」の意地と志をもって、全国で戦った武将たちの関ヶ原を描いた物語。

  • 決戦!川中島 858円
    作家 冲方丁 佐藤巖太郎 吉川永青 矢野隆 乾緑郎 木下昌輝 宮本昌孝
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2019/07/13

    史上最強同士の激突の瞬間に、武田信玄は、上杉謙信は、何を思ったのか。‐‐7人の作家が7人の武将を描く大人気シリーズ第4弾!

  • 化け札 946円
    作家 吉川永青
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2019/07/01

    戦国のジョーカー真田昌幸の前に立ちはだかる、織田、北条、上杉、最大の敵徳川家康。昌幸は策謀と裏切りを重ね、天下をうかがう。

  • 第六天の魔王なり 1925円
    作家 吉川永青
    出版社 中央公論新社
    販売開始日 2018/11/26

    日本史上、最も怖れられた男は生まれながらの魔王か、それとも――。その内面を、気鋭の歴史作家が渾身の筆で暴く!

  • 賤ヶ岳の鬼 1870円
    作家 吉川永青
    出版社 中央公論新社
    販売開始日 2018/03/09

    時は天正。本能寺の変後、天下取りにひた走る秀吉に待ったをかけた男がいた。その名も、佐久間“鬼玄蕃”盛政!

  • 関羽を斬った男 1320円
    作家 吉川永青
    出版社 講談社
    販売開始日 2016/04/22

    英雄のそばに物語は落ちている――。曹操、劉備、孫権、諸葛孔明......魏呉蜀三國志の世界に綺羅星の如く存在する英雄たち。だがしかし、スターのまわりを固める脇役たちも、戦い、叫び、喰らい、怒り、...

  • 闘鬼 斎藤一 1760円
    作家 吉川永青
    出版社 NHK出版
    販売開始日 2015/05/07

    新選組組長として激動の幕末を生き抜いた 男の生き様を描く渾身の時代小説 新選組三番組組長として、芹沢鴨暗殺・池田屋襲撃などの事件に関わった斎藤一。弱冠25歳の局長として臨んだ会津戦争後は捕縛さ...

  • 義仲これにあり 1430円
    作家 吉川永青
    出版社 講談社
    販売開始日 2015/02/11

    平家を討ち破りし先兵となるも、京洛を追われた悪逆の徒、木曾冠者・源義仲--。勝者の歴史に刻まれた彼の姿は、はたして正しいものなのか? 父を身内に殺され、孤独の身で木曾に追いやられた不肖の"源氏の...

  • 義経いづこにありや 1540円
    作家 吉川永青
    出版社 講談社
    販売開始日 2015/02/11

    義経をもって天下を制す――。「物の怪」と蔑まれ、野心と利害にまみれた男が求めたのは、「源氏の血」を掲げての天下取りであった。武蔵坊弁慶の名を得た男は、義経を御旗とし、一気に世に躍り出る。だが、そ...

  • 1
セーフサーチの状態