読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

「坂口恭平」の作品一覧

14件中1-14件 (1/1ページ)
  • 苦しい時は電話して 825円
    作家 坂口恭平
    出版社 講談社
    レーベル 講談社現代新書
    販売開始日 2020/08/19

    死にたいほどつらい時、人は何をしたらよいのか?躁鬱病を患う著者が、「死にたい人」からの電話を10年受け続けてわかったこと。

  • 独立国家のつくりかた 715円
    作家 坂口恭平
    出版社 講談社
    レーベル 講談社現代新書
    販売開始日 2019/07/18

    社会を変えるには、巨大なシステムと戦うのではなく、勝手に自分の国をつくってしまえばいい。いまを生きのびるための技術を明かす。

  • 現実脱出論 715円
    作家 坂口恭平
    出版社 講談社
    レーベル 講談社現代新書
    販売開始日 2019/07/16

    「それが現実だ」「現実を見ろ」「現実は厳しい」......その「現実」からぼちぼち脱出しませんか? 坂口恭平、待望の書き下ろし最新刊!

  • 幸福な絶望 1320円
    作家 坂口恭平
    出版社 講談社
    販売開始日 2019/07/15

    「鬱とは生の源泉」と坂口恭平は言う。躁鬱の活動詩人・坂口恭平がその毎日を記す。死なないために。生きるために。

  • 坂口恭平のぼうけん 2328円
    作家 坂口恭平
    出版社 土曜社
    販売開始日 2019/01/18

    行け、行け、恭平! 0円ハウス、都市型狩猟採集生活、独立国家の原点がここに。パリ・ロンドン・東京を駆け巡る、著者25~26歳の冒険日記を完全収録。日々のごはんがおいしそうな匂いをたて、本は思想を...

  • 2030年の旅 594円
    作家 恩田陸 瀬名秀明 小路幸也 支倉凍砂 山内マリコ 宗田理 喜多喜久 坂口恭平
    出版社 中央公論新社
    レーベル 中公文庫
    販売開始日 2018/03/09

    東京五輪からさらに十年後。この国はどのように変わっているのだろう。八人の豪華作家陣が紡ぐオリジナル作品集。

  • しみ(毎日新聞出版) 1300円
    作家 坂口恭平
    出版社 PHP研究所
    レーベル 毎日新聞出版
    販売開始日 2017/07/28

    政治、文学、生活の枠組みを越えた、路上の芸術家――つまりは“21世紀のビートニク”坂口恭平が放つ、傑作青春小説!

  • 発光 1408円
    作家 坂口恭平
    出版社 東京書籍
    販売開始日 2017/04/14

    これは坂口恭平の「日記」でもあり、「自伝」でもあり、「物語」でもあり、「思考(夢)の現実化」の記録でもある。

  • けものになること 1650円
    作家 坂口恭平
    出版社 河出書房新社
    販売開始日 2017/03/17

    ドゥルーズになった「おれ」は『千のプラトー』第10章を書き始めた。狂気と錯乱が渦巻きながら23世紀の哲学をうみだす空前の実験。『現実宿り』を更新する異才の大傑作。

  • 現実宿り 1980円
    作家 坂口恭平
    出版社 河出書房新社
    販売開始日 2016/11/11

    砂漠の砂は語りはじめる。失われた大地の声を、人間の歌を、そして「生」の愉悦と希望を――21世紀の鬼才芸術家がおくる、熊本地震を挟んで執筆された書きおろし長編小説。

  • 幸福な絶望 1320円
    作家 坂口恭平
    出版社 講談社
    販売開始日 2015/09/25

    「鬱の坂口恭平は別人なので、油断大敵なのである。でも、彼は彼なりに大変な目に遭っているわけだし、感謝しなくてはならない」。深い溝にもぐるような鬱の時期。しかし著者はそこでさまざまな煌めくアイデア...

  • 独立国家のつくりかた 715円
    作家 坂口恭平
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社現代新書
    販売開始日 2015/02/11

    現政府に文句があるなら、勝手につくっちゃえばいい! 東日本大震災後に熊本に新政府を設立し、初代内閣総理大臣に就任した男が明かす、いまを生きのびるための技術とは? 何も壊す必要などない。ただ、あら...

  • 現実脱出論 715円
    作家 坂口恭平
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社現代新書
    販売開始日 2015/02/11

    「現実」って何だろう? 私たちが知覚している世界と「現実」は、実はかなりズレている!? 「現実」ではノイズとしてカットされているかすかな五感のささやきに、異能の作家・坂口恭平が耳を澄ます。そこで...

  • TOKYO0円ハウス0円生活 836円
    作家 坂口恭平
    出版社 河出書房新社
    レーベル 河出文庫
    販売開始日 2014/11/28

    「東京では1円もかけずに暮らすことができる」―住まいは23区内、総工費0円、生活費0円。釘も電気も全てタダ!?隅田川のブルーシートハウスに住む“都市の達人”鈴木さんに学ぶ、理想の家と生活とは?人...

  • 1
セーフサーチの状態