読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

「城山三郎」の作品一覧

18件中1-18件 (1/1ページ)
  • 燃えるだけ燃えよ 本田宗一郎との100時間 756円
    作家 城山三郎
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2019/02/15

    戦後日本を驚異的なエネルギーで突っ走った、創造的経営者・本田宗一郎。その独特な発想力と人間的哲学の、よってきたる源泉はどこにあるのか? 歴史や経済をテーマに優れた作品を書き続ける作家が、密着10...

  • 今日は再び来らず 648円
    作家 城山三郎
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2019/02/15

    東大―大蔵省―総理大臣の夢をわが子にかける母。早朝、霜を踏んで寒中受験特訓に励む小学生の群れ......就職に失敗して進学塾を始めた津島には、それはあまりに異様な光景だった――。教師・学生・浪人...

  • 外食王の飢え 702円
    作家 城山三郎
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2019/01/25

    私大卒業まぎわ、倉原礼一は卒論を破り捨てた。自分は一流の人間でなければならぬ。私大卒の資格はいらない。野望は福岡に端を発した。レストラン「レオーネ」のチェーン化に奔走する倉原。一方、首都圏には沢...

  • 黄金峡 702円
    作家 城山三郎
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2019/01/25

    東北の静かな山村に、日本最大のダム建設計画が持ち上がった。交渉のため村に乗り込む開発側と、先祖伝来の土地に愛着を抱く住人たち。多額の立ち退き補償を巡り、村は賛成派・反対派に分かれ騒然となる。ダム...

  • 梅は匂い 人はこころ 594円
    作家 城山三郎
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2019/01/25

    常務の彼を、多くの社員はまだ「英三さん」と呼んだ。経営者の一族でありながら、工場育ちで飾り気のない人柄がそう呼ばせた。戦後、退社を決意していた彼を会社に引き戻したのは、心情を一にしていた部下たち...

  • この命、何をあくせく 540円
    作家 城山三郎
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2017/01/01

    私は本が好き。旅も好き。本と旅を組み合わせれば、1プラス1が4にも5にもなり、そこに私だけの新しい世界が生まれる。1回かぎりの人生、少しでもあくせくせずに過ごそうではないか。生きることの奥深さを...

  • ビジネス・エリートの条件 540円
    作家 城山三郎
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2016/01/08

    世界経済、国際政治の動向がただちに国内企業に影響し、日に日に進む技術革新が、起業の体質を変えてゆく......。現在に繋がる国際化時代に突入した1970年代。不況、就職難にあえぐ世の中で、伝説の...

  • ビッグボーイの生涯 540円
    作家 城山三郎
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2016/01/08

    昇ほど「休戦の価値」「休戦の美学」を知った男は少なかったのではないでしょうか。彼は人生に四期ありとしましたが、大いに休んだおかげで、人生を四倍に生きたともいえます。そこには、「人生四倍、休戦の哲...

  • 生き残りの条件 欧米対談旅行 540円
    作家 城山三郎
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2016/01/08

    世界的名士11人が語る不安の時代の生き方。世界的に活躍するビジネスマン、ジャーナリスト、学者、芸術家の成功の条件とは何か。各界の代表的人物が語る秘訣の数々。"不安の時代"の生き方を示唆する対談集...

  • 彼も人の子 ナポレオン 540円
    作家 城山三郎
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2015/02/11

    世界史の上で、最も強烈な光を放った男、ナポレオン。勇敢さと人並み外れた集中力で、仏皇帝の座に就いた彼もまた人の子であった。幼児性を残し、自己正当化の果てに破滅していく生涯。少年兵の体験を持つ著者...

  • 支店長の曲り角 540円
    作家 城山三郎
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2015/02/11

    「詩を書かぬ時期こそあったが、詩を読まぬ時期はなかった。詩はわたしに新鮮な衝撃を、あるいはやすらぎを与え続けてくれた。詩のない生活は考えられなかった......」。学生の頃から詩を書き続けてきた...

  • 友情力あり 540円
    作家 城山三郎
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2015/02/11

    昭和14年、日米開戦2年前。険悪な状況のなかで、第6回日米学生会議が開かれた。日本からは、各大学から男女あわせて48名の大学生が参加。宮澤喜一、奈良靖彦、苫米地俊博、山室勇臣ら参加学生は、巨大な...

  • 学・経・年・不問 630円
    作家 城山三郎
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2012/11/09

    ウサギと亀のように対照的な同級生二人が、揃ってベッドのセールスマンに。販売合戦の勝者は? 痛快サラリーマン小説

  • 勝つ経営 420円
    作家 城山三郎
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2012/11/09

    訴訟、開発競争、左遷、事件――。困難をのりこえ、優良企業と認知される企業のトップに、経営のあり方を求めた

  • もう、きみには頼まない 590円
    作家 城山三郎
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2012/11/09

    経団連の会長として戦後日本経済の復興を任され、高度成長へと導いた石坂泰三の波乱に満ちた人生を描いた作品

  • 忘れ得ぬ翼 390円
    作家 城山三郎
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2012/11/09

    太平洋戦争末期、絶望的な戦いをした軍用機と操縦士たち。戦後を生き抜いた彼らの心には、いつも愛機が飛んでいた

  • 「粗にして野だが卑ではない」 510円
    作家 城山三郎
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2012/11/09

    並外れた経営手腕を持ち、きっぱりと潔く、気骨あふれるこんな男がかつていた! ベストセラー作品の電子化

  • 620円
    作家 城山三郎
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2012/11/09

    大正時代の商社・鈴木商店の盛衰を描き、企業とマスコミ、大衆心理という今日的問題をえぐる城山三郎の経済歴史小説

  • 1
セーフサーチの状態