読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

「堂場瞬一」の作品一覧

84件中1-24件 (1/4ページ)
  • 奔る男 小説 金栗四三 1650円
    作家 堂場瞬一
    出版社 中央公論新社
    販売開始日 2019/11/29

    「日本初のオリンピック代表選手」にして「箱根駅伝の父」――進取の気性に富んだ「伝説のアスリート」が三度のオリンピックで刻んだ、不屈の軌跡。読売新聞人気連載、待望の電子書籍化。

  • 沃野の刑事 1540円
    作家 堂場瞬一
    出版社 講談社
    販売開始日 2019/11/19

    1970年。週刊誌編集長の息子の謎めいた自殺。捜査一課と公安、理事官として辣腕を振るう高峰と海老沢は、自ら捜査に乗り出すが。

  • メビウス 858円
    作家 堂場瞬一
    出版社 河出書房新社
    レーベル 河出文庫
    販売開始日 2019/11/15

    1974年10月14日――長嶋茂雄引退試合と三井物産爆破事件が同時に起きたその日に、男は逃げた。警察から、仲間から、そして最愛の人から――「清算」の時は来た!極上のエンターテインメント。

  • 錯迷 924円
    作家 堂場瞬一
    出版社 小学館
    レーベル 小学館文庫
    販売開始日 2019/10/04

    県警エリートの密命は警察署への潜入捜査!

  • 決断の刻 1731円
    作家 堂場瞬一
    出版社 東京創元社
    販売開始日 2019/07/30

    あるコンサルティング会社の社長今川と警部、原は、かつてネタ元と刑事として、ある事件を解決し、深い信頼関係を築いていた。その社の贈賄事件を内偵していた刑事の失踪、同社社員の死と女性社員の失踪は何を...

  • 八月からの手紙 796円
    作家 堂場瞬一
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2019/07/17

    1946年東京で野球の力を信じた男たちがいた。収容所に入れられた日系2世とニグロ・リーグのスター選手の間に生まれた友情の物語

  • 警視庁犯罪被害者支援課 (1~7巻) 770円924円
    作家 堂場瞬一
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2019/08/09

    私は刑事ではない。被害者の心に寄り添う。正解も終わりもない。月曜日の朝、通学児童の列に車が突っこんだ。書下ろし新シリーズ!

  • Killers 上下合本版 1782円
    作家 堂場瞬一
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2019/07/15

    殺人者は、いつの時代にも存在する。五十年、三世代にわたる「Killers」=殺人者の系譜と、追う者たち。記念碑的文芸巨編。

  • 激動 東京五輪1964 1375円
    作家 大沢在昌 今野敏 藤田宜永 井上夢人 堂場瞬一 月村了衛 東山彰良
    出版社 講談社
    販売開始日 2019/07/15

    1964年、東京。オリンピックに沸く街で、男たちは何を思い、何を目指したのか。当代きっての書き手が集うミステリー競作長編!

  • 847円
    作家 堂場瞬一
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2019/07/15

    膝の手術に失敗したプロ野球の看板選手が担当医を刑事告発するが、医者は失踪。隠された真相を探る、気鋭の女性記者と若手新人刑事!

  • 埋れた牙 825円
    作家 堂場瞬一
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2019/07/14

    女性失踪事件。武蔵野中央署へ転出した刑事は、過去にも類似した事件が起きていることに気づく。警察小説の名手が描く狂気との闘い!

  • ネタ元 1430円
    作家 堂場瞬一
    出版社 講談社
    販売開始日 2019/07/14

    時代とともに、事件記者と「ネタ元」の関係も変わる。50年の変遷をひとつの新聞社を舞台に描いた傑作新聞記者小説集。

  • Killers (1~2巻) 990円
    作家 堂場瞬一
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2019/07/13

    なぜ殺すのか? 50年という時の中に潜み続ける殺人者とは――。渋谷を舞台に起こる連続殺人の系譜。堂場瞬一の記念碑的文芸巨編。

  • 焦土の刑事 1540円
    作家 堂場瞬一
    出版社 講談社
    販売開始日 2019/07/13

    1945年。空襲の翌朝、防空壕に首に切り傷のある遺体が。殺人はもみ消される――警察小説の旗手が描く警察大河シリーズ開幕作。

  • 動乱の刑事 1540円
    作家 堂場瞬一
    出版社 講談社
    販売開始日 2019/07/01

    1952年。都内の派出所が爆破され、駐在警官が犠牲に。捜査一課の高峰と、公安一課の海老沢は、共同戦線を張って事件解決に挑む。

  • 虹のふもと 858円
    作家 堂場瞬一
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2019/07/01

    独立リーグを足がかりに、メジャーを目指す選手やフロントの野心。その中で、元一流のベテランが現役プロにこだわり続ける意味とは。

  • 帰還 1528円
    作家 堂場瞬一
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2019/04/05

    溺死した新聞記者は事故か、自殺か、他殺か? 新聞社の同期三人が真実を追う! 入社して三十年――工場夜景の撮影中に、四日市支局の藤岡裕己が水路に転落して死亡。 警察は事故死と判断したが、本当な...

  • バビロンの秘文字 (1~2巻) 968円
    作家 堂場瞬一
    出版社 中央公論新社
    レーベル 中公文庫
    販売開始日 2019/02/28

    恋人の里香に会いにストックホルムを訪れたカメラマン・鷹見。その眼前で、彼女の勤務先である国際言語研究所が爆破された。現場から姿を消した里香は、未解読の粘土板“バビロン文書”を持ち出していた。行方...

  • ザ・ウォール 1683円
    作家 堂場瞬一
    出版社 実業之日本社
    販売開始日 2019/02/22

    前代未聞の異色スタジアムで、低迷にあえぐ名門チームは復活なるか!? 野球小説の旗手が放つ「球場」が主役の革命的一作!

  • 白いジオラマ 1650円
    作家 堂場瞬一
    出版社 中央公論新社
    販売開始日 2018/11/26

    捜査じゃなく調査だ。民間人がやっても何の問題もない――元刑事の祖父×引きこもりの孫、年齢差50歳の相棒小説!?

  • ラストライン (1~2巻) 815円867円
    作家 堂場瞬一
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2019/03/08

    定年まであと10年のベテラン刑事・岩倉剛。 その特異な記憶力と勘を武器に、相棒の若い女性刑事とともに事件を追う! 定年まであと10年の岩倉剛は50歳になる誕生日の目前、捜査一課から所轄の南大田...

  • 黄金の時 744円
    作家 堂場瞬一
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2018/06/08

    商社マンだった父は、かつてアメリカでプロ野球選手だった!? 1963年、カリフォルニアで野球に青春の全てを捧げた男の物語。 作家の本谷要は、亡くなった父親の遺品を整理中に意外なものを発見する。1...

  • 合本 アナザーフェイス【文春e-Books】 6519円
    作家 堂場瞬一
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-Books
    販売開始日 2018/03/09

    イクメン警察官・大友鉄。堂場作品の中でも最も刑事らしくない刑事が活躍する大人気シリーズがついに完結! 大友鉄は警視庁捜査一課に所属する刑事だったが、妻に先立たれ、男手一つで息子の優斗を育てると...

  • Sの継承 (1~2巻) 638円
    作家 堂場瞬一
    出版社 中央公論新社
    レーベル 中公文庫
    販売開始日 2018/03/09

    捜査一課を翻弄する毒ガス事件発生。現場で発見された死体は、五輪前夜の一九六三年に計画されたクーデターの亡霊か?

セーフサーチの状態