読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

「大山淳子」の作品一覧

12件中1-12件 (1/1ページ)
  • 赤い靴 1836円
    作家 大山淳子
    出版社 ポプラ社
    販売開始日 2018/10/05

    少女は、何を見たのか? 殺戮、失踪、慟哭、そして......。息もつかせぬ怒涛の展開。驚愕のラストまで一気読み必至の傑作長編

  • あずかりやさん (1~2巻) 670円691円
    作家 大山淳子
    出版社 ポプラ社
    レーベル ポプラ文庫
    販売開始日 2018/09/07

    「一日百円でなんでもあずかります」 大人気「猫弁」シリーズの著者が贈る、切なくて心あたたまる物語。

  • 原之内菊子の憂鬱なインタビュー 724円
    作家 大山淳子 佐藤おどり
    出版社 小学館
    レーベル 小学館文庫キャラブン!
    販売開始日 2018/07/27

    このヒロインには、何もかも話したくなる。

  • 光二郎分解日記 西郷さんの犬 1296円
    作家 大山淳子
    出版社 講談社
    販売開始日 2017/07/28

    西郷さんの銅像から、愛犬ツンが盗まれた!?手がかりは残された尻尾と、高級ホテルの石鹸。愉快犯か、それとも政治的意図が......?前代未聞の盗難事件に、再び"ふたりで一人の迷探偵"が大活躍!分解...

  • 光二郎分解日記 相棒は浪人生 713円
    作家 大山淳子
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2017/06/16

    二宮光二郎七十五歳、元理科教師で趣味は分解。大抵の故障はすぐ直す。ただし最近頭の調子がイマイチで、家族はちょっと困ってる。そんな俺のじいちゃんが、芝刈り中の老人を刺したって!? クセありじじばば...

  • イーヨくんの結婚生活 691円
    作家 大山淳子
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2016/06/10

    五人兄弟の長男をとつぜん亡くした夏目家の通夜に、長男の婚約者を名乗る妊婦が現れた。親代わりに五人を育てた伯父夫婦の苦肉の策は、どんな頼まれごとでも「いいよ」と引き受ける末っ子・伊代太との無茶ぶり...

  • 猫弁と魔女裁判 724円
    作家 大山淳子
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2015/10/09

    事務所に来ない。最愛の婚約者との挙式の相談もすっぽかした。天才弁護士・百瀬は、青い瞳をした女性国際スパイの強制起訴裁判にかかりきりになっていたのだ。それはまさか、幼い百瀬を置き去りにしたあの人?...

  • 猫弁と少女探偵 659円
    作家 大山淳子
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2015/02/20

    ひとりぼっちの少女とコンビを組み、失踪した三毛猫を探すことになった天才弁護士・百瀬太郎。忙しさのあまり婚約者の誕生日に気づかず、彼女はイケメン幼なじみと急接近! さらに次郎と名乗る弟までが現れて...

  • 猫弁 天才百瀬とやっかいな依頼人たち 679円
    作家 大山淳子
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2015/02/11

    お見合い30連敗。冴えない容貌。でも天才。婚活中の弁護士・百瀬太郎は猫いっぱいの事務所で人と猫の幸せを考えている。そこに舞い込むさらなる難題。「霊柩車が盗まれたので取り戻してほしい」。笑いあり涙...

  • 猫弁と指輪物語 691円
    作家 大山淳子
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2015/02/11

    完全室内飼育のセレブ猫が妊娠した!? 天才弁護士・百瀬太郎のもとに大女優から奇妙な依頼が持ち込まれた。一体いつのまに? お相手は誰? そして婚約者との旅行当日にかかってきた、盟友を訴えたいとの電...

  • 雪猫 605円
    作家 大山淳子
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2015/02/11

    ぼくはタマオ。真っ白な猫だ。生まれたばかりのぼくの命を救ってくれた理々子に恋をしている。ある日あやしい車に追いかけられた彼女を助けようとしたぼくは青年の姿になっていた。夜限定の変身、寿命も縮む。...

  • 猫弁と透明人間 648円
    作家 大山淳子
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2015/02/11

    お人好しの天才弁護士・百瀬太郎の事務所は、ペット訴訟で放り出された猫でいっぱい。ある日"透明人間"から「ぼくはタイハクオウムが心配で、昼も眠れません」というメールが届く。婚約者と猫たち、依頼人た...

  • 1
セーフサーチの状態