読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

「大澤真幸」の作品一覧

6件中1-6件 (1/1ページ)
  • 〈世界史〉の哲学 近世篇 2160円
    作家 大澤真幸
    出版社 講談社
    販売開始日 2017/04/28

    遅れた封建ヨーロッパの中世末期になぜルネサンスと宗教革命という相反する運動が同時進行したのか。ラテン語で書かれた聖書を読めないカトリック信者のジレンマとはいかなるものか。科学革命のハイライトとも...

  • 現代思想 2015年1月号 特集=現代思想の新展開20... 1404円
    作家 千葉雅也 中沢新一 大澤真幸 赤坂真理 クァンタン・メイヤスー フィリップ・デスコラ
    出版社 青土社
    掲載誌 現代思想
    販売開始日 2015/05/29

    一昨年、昨年の1月号で最新の議論を紹介してきた「ポスト・ポスト構造主義」。 本特集はその思想的布置を構成する「思弁的実在論」や「新しい唯物論」、あるいは「オブジェクト指向存在論」が、 人類学・美...

  • 思考術 1210円
    作家 大澤真幸
    出版社 河出書房新社
    レーベル 河出ブックス
    販売開始日 2015/03/06

    何を、いつ、いかにして考えるか―幅広い対象へ鋭く斬り込み、刺激的な著作を世に問い続ける知性には何が起きているのか。社会科学、文学、自然科学...異なるジャンルの書物の力を触媒にしながら、オリジナ...

  • 〈世界史〉の哲学 中世篇 1620円
    作家 大澤真幸
    出版社 講談社
    販売開始日 2015/02/11

    本書によって西洋中世史は書き換えられた! 都市はなぜ死体を中心に繁栄したのか。愛を説く宗教がなぜセックスを原罪とするのか。誰もが知っているのに誰も明確には答えられない世界史史上の謎。平易に語られ...

  • 〈世界史〉の哲学 古代篇 1620円
    作家 大澤真幸
    出版社 講談社
    販売開始日 2015/02/11

    イエスの不条理な死はなぜ必要だったのか。その死と復活を記した福音書の物語は喜劇なのか。近現代社会の根幹をなす、資本主義とキリスト教から全貌を説き明かす。常識を覆しつつ紡がれる、まったく新しい<世...

  • <問い>の読書術 648円
    作家 大澤真幸
    出版社 朝日新聞出版
    レーベル 朝日新聞出版
    販売開始日 2014/10/31

    人気社会学者が「経済」「世界史」「格差社会」などキーワードごとに問いを立て、本を入口に社会を読み解く思考法を明かす。市場はなぜ道徳を締め出すのか、日本人が消費しない真の理由とは、資本主義の核心的...

  • 1
セーフサーチの状態