読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

「如月あづさ」の作品一覧

9件中1-9件 (1/1ページ)
  • 不能執事 110円
    作家 如月あづさ
    出版社 スコラマガジン
    販売開始日 2020/09/18

    62歳の渥美圭介は、ワンマン社長である石堂勇一郎の“道楽”をフォローする、秘書課長という職についていた。その道楽とは、金に物を言わせて女性に虐待的なプレイをするというもので......。

  • 母の愛した人 110円
    作家 如月あづさ
    出版社 スコラマガジン
    販売開始日 2020/06/05

    病院で栄養士をしている39歳独身の由美子は、幼い頃から父に対して特別な思いを抱いていた。そんな中、父に似た吉岡という男に惹かれた由美子は、彼とセックスをして......。

  • いまを生きる 110円
    作家 如月あづさ
    出版社 スコラマガジン
    販売開始日 2020/04/24

    地方支社に単身赴任している村田は、パート社員の面接を担当することになった。現れたのは仁美という四十路の美熟女。元々女好きの村田は、溜まっていた性欲を発散させようと......。

  • ひと夜千両 (1~3巻) 550円
    作家 如月あづさ
    出版社 コスミック出版
    レーベル コスミック時代文庫
    販売開始日 2018/03/30

    天保は夢の時世か――?将軍家のお下がりの美女が、江戸市中の陰事の園に!

  • 神楽坂の雨 110円
    作家 如月あづさ
    出版社 スコラマガジン
    販売開始日 2017/04/07

    武井文彦は定年前の慰労会に出席した。お目当ての芸者・美音子が横についてくれたが、どこか顔色が悪い。苦しむ彼女をトイレに連れて行くことに。そこで美音子から先輩芸者のイジメにあい、アソコにゆで卵を入...

  • 愛妻の宿『十三夜』―平成元年― 110円
    作家 如月あづさ 石川吾郎
    出版社 スコラマガジン
    販売開始日 2017/03/10

    大森隆之は中堅商社の駐在員として、海外で30年近く生活してきた。しかし、現地で起きたトラブルの責任を無理矢理に取らされ、懲戒免職に。会社が退職金代わりに提示してきたのが、北関東にある寂れた一軒宿...

  • 人形と呼ばれた女~昭和売防法前夜~ 110円
    作家 如月あづさ 西村春海
    出版社 スコラマガジン
    販売開始日 2016/04/29

    子供の頃から富美子は「可愛い」「美人だ」と言われて育ってきた。しかし、父が大病を患ったことで家庭はつまずいてしまう。そして、借金まみれになり、昭和31年、吉原に売られてしまった。半年経って、18...

  • 「よへほ」の月 110円
    作家 如月あづさ とやまみーや
    出版社 スコラマガジン
    販売開始日 2015/11/13

    先月まで警視庁のマル暴対策で働いていた矢島徳次郎は、温泉に行き体を休めていた。しかし、マル暴の見た目はヤクザと見分けがつかない。周りから避けられる中、死んだ女房に似た飲み屋の女将・明珠と仲良くな...

  • 拝領つかまつり候 110円
    作家 如月あづさ
    出版社 スコラマガジン
    販売開始日 2015/10/30

    大名家に仕える侍・山本六太夫は、定期的に吉原で女遊びをし、その詳細を大名に伝えて喜ばせていた。そんな折、仕えていた大名が急死し、慌てる六太夫。だが、驚くべき遺言が残されており......。

  • 1
セーフサーチの状態