読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

「安東能明」の作品一覧

7件中1-7件 (1/1ページ)
  • 女形警部 648円
    作家 安東能明
    出版社 実業之日本社
    レーベル 実業之日本社文庫
    販売開始日 2019/05/31

    歌舞伎の人気女形・仙之助は、実は敏腕警部だった――。大ヒット『撃てない警官』の実力派ミステリー作家が放つ、異色警察小説!

  • CAドラゴン (1~3巻) 670円
    作家 安東能明
    出版社 中央公論新社
    レーベル 中公文庫
    販売開始日 2018/03/09

    この男の前に、犯罪はない――警察庁と極秘に契約を結ぶエージェント・矢島達司が凶悪な敵と闘うアクションシリーズ。

  • 夜の署長 690円
    作家 安東能明
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2017/03/10

    夜間犯罪発生率日本一の歌舞伎町を抱える新宿署には、 “夜の署長”と呼ばれる伝説の刑事がいた――。 「随監」で日本推理作家協会賞(短編部門)を受賞し、 同作を含むシリーズで警察小説の旗手となった著...

  • 第II捜査官 (1~2巻) 724円788円
    作家 安東能明
    出版社 徳間書店
    レーベル 徳間文庫
    販売開始日 2017/02/03

    元高校物理教師という異色の経歴を持つ神村五郎。平刑事でありながら、卓越した捜査能力で、所轄所内ナンバー2の扱いを受ける異能刑事が、未曾有の警察不祥事対峙する!

  • 螺旋宮 756円
    作家 安東能明
    出版社 徳間書店
    レーベル 徳間文庫
    販売開始日 2015/11/13

    赤ん坊たちを襲う不可解な突然死。異色のノンストップ・サスペンス。

  • 復讐捜査線 通訳官エリザ 626円
    作家 安東能明
    出版社 双葉社
    販売開始日 2014/12/16

    東京、名古屋の中間に位置する大浜市には、出稼ぎで訪れた多くの日系ブラジル人が暮らし、独自の生活文化をつくっていた。なかには日本の法を無視する者もおり、トラブルは絶えない。刑事通訳官を務めるエリザ...

  • 潜行捜査 583円
    作家 安東能明
    出版社 双葉社
    販売開始日 2014/12/02

    大晦日に発覚した一家皆殺しという残虐な犯罪。その捜査本部で重要な任についた幸本は、捜査方針の対立から、本部付を解任されてしまう。それから5年、膨大な物証に振りまわされ、事件は迷宮入りの様相を呈し...

  • 1
セーフサーチの状態