読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

「山岡荘八」の作品一覧

109件中1-24件 (1/5ページ)
  • 新装版 小説太平洋戦争 全6冊合本版 5832円
    作家 山岡荘八
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2017/08/18

    和平のため奔走する首相・東条英機だが、ルーズベルト大統領は対日戦争の肚を固めていた。開戦か和平か混乱する中、山本五十六は連合艦隊司令長官就任の祝賀会の席で「天命を待つのみでは祖国の安泰は期しがた...

  • 坂本龍馬 (全7巻) 486円
    作家 山岡荘八 横山まさみち
    出版社 HEW
    販売開始日 2016/02/05

    少年時代、寝小便たれの泣き虫と呼ばれた坂本龍馬はいかにして維新の英雄と呼ばれるようになったのか―――。『徳川家康』『太平洋戦争』など不朽の名作を多数遺した山岡荘八の原作を、歴史漫画の第一人者・横...

  • 新装版 小説太平洋戦争 (4) 1080円
    作家 山岡荘八
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2015/08/07

    絶望的な「死の舞踏」をくりひろげた挙げ句、サイパン島は失陥、他の太平洋の島々にも累々と死屍が積まれた。和平に持ち込む戦略を持たない指導者たちは、逼迫するほど闘志を燃やし破滅に向けて狂奔。戦艦部隊...

  • 新装版 小説太平洋戦争 (6) 1080円
    作家 山岡荘八
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2015/08/07

    「一億総特攻」として誰もが死所を探す危機は、天皇の聖断により救われた。昭和二〇年八月一五日、終戦。武人たちは自決、天皇は「責任は私が負う」とマッカーサー元帥に告げた。そして「数世紀間の文明を抹殺...

  • 新装版 小説太平洋戦争 (5) 1080円
    作家 山岡荘八
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2015/08/07

    「帝都の表玄関」でありながら絶体絶命の孤島と化した硫黄島。その地下壕に栗林中将以下、二万三千の兵は敵襲を待つ。全滅する以外にない残酷きわまる運命は隆盛日本の象徴・戦艦大和にも降りかかる。降伏か徹...

  • 新装版 小説太平洋戦争 (1) 1080円
    作家 山岡荘八
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2015/07/10

    和平のため奔走する首相・東条英機だが、ルーズベルト大統領は対日戦争の肚を固めていた。開戦か和平か混乱する中、山本五十六は連合艦隊司令長官就任の祝賀会の席で「天命を待つのみでは祖国の安泰は期しがた...

  • 新装版 小説太平洋戦争 (3) 1080円
    作家 山岡荘八
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2015/07/10

    活路をニューギニアに求めて大軍を上陸させた日本軍だが、米軍の反撃は圧倒的な物量とともに予想をはるかに上回る速さだった。増援の一兵も送れず炎熱と飢餓のなかで軍は壊滅。ビルマではインパール作戦の火蓋...

  • 新装版 小説太平洋戦争 (2) 1080円
    作家 山岡荘八
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2015/07/10

    日本の運命は三人の軍司令官に託された。マレー強行作戦陣頭指揮の山下奉文中将、比島の本間雅晴中将、蘭印の今村均中将。緒戦の勝利を踏まえ東条英機首相は、占領地域を固める方針だったが、山本五十六連合艦...

  • 豊臣秀吉(1) 648円
    作家 山岡荘八
    出版社 講談社
    掲載誌 山岡荘八歴史文庫
    販売開始日 2015/06/05

    尾張中村の鼻たれ小僧日吉は負けん気の強い暴れん坊。だが心やさしく頭もきれる。百年うち続く戦乱に奪われ焼かれ、犯され殺される庶民の地獄絵を見て、戦いのない日本を作ろうと大志をいだく。自ら元服して木...

  • 織田信長(4) 天下布武の巻 648円
    作家 山岡荘八
    出版社 講談社
    掲載誌 山岡荘八歴史文庫
    販売開始日 2015/06/05

    朝倉義景攻めで越前に入った織田・徳川連合軍の背後で、浅井長政が叛いた。妹婿を信じた不覚。生命からがら京へ戻った信長は、ついに叡山の焼打ち、皆殺しに踏みきった。これが武田信玄の上洛を促す。その途上...

  • 豊臣秀吉(2) 648円
    作家 山岡荘八
    出版社 講談社
    掲載誌 山岡荘八歴史文庫
    販売開始日 2015/06/05

    信長こそ天下統一の大将の器と見た藤吉郎は、うまうまと織田家仕官に成功。人をそらさぬ才覚と骨身惜しまぬ奉公ぶりで信長に気に入られ、とんとん拍子の出世。時あたかも駿河の今川義元、大軍を率いて来襲。藤...

  • 豊臣秀吉(5) 648円
    作家 山岡荘八
    出版社 講談社
    掲載誌 山岡荘八歴史文庫
    販売開始日 2015/06/05

    高松城攻めの最中、織田信長、本能寺に死すとの報をキャッチした秀吉は、巧みに毛利方と和を結び、一目散に京をめざす。世にいう"中国大返し"。主君を斃した明智光秀を討った者こそ、次代のリーダーなのだ。...

  • 豊臣秀吉(3) 648円
    作家 山岡荘八
    出版社 講談社
    掲載誌 山岡荘八歴史文庫
    販売開始日 2015/06/05

    美濃攻め開始! 藤吉郎はまたも奇略を用いて、斎藤龍興領の要衝墨俣に"一夜城"を築き、敵味方の度肝を抜いた。続く稲葉山城(岐阜)攻略戦でも、城の裏手の山奥から城内を奇襲、たちまち龍興を捕えた。戦功...

  • 豊臣秀吉(7) 648円
    作家 山岡荘八
    出版社 講談社
    掲載誌 山岡荘八歴史文庫
    販売開始日 2015/06/05

    天下の主導権を握った秀吉は、大坂に古今未曾有の巨城を築いて威を誇った。残るライバルは徳川家康ただ一人。だが尾張の小牧・長久手に出陣したものの、巧みに長期戦に持ちこむ家康に、秀吉は翻弄される。家康...

  • 豊臣秀吉(6) 648円
    作家 山岡荘八
    出版社 講談社
    掲載誌 山岡荘八歴史文庫
    販売開始日 2015/06/05

    新しい時代の旗手たらんとする秀吉と織田家第一の猛将柴田勝家の対立がついに火を吹いた。だが旭日と斜陽の力の差は歴然、賎ヶ岳では鬼小姓加藤清正らが"七本槍"の巧名をあげる。三人の幼い姫(のちの淀君ほ...

  • 織田信長(2) 桶狭間の巻 648円
    作家 山岡荘八
    出版社 講談社
    掲載誌 山岡荘八歴史文庫
    販売開始日 2015/06/05

    天下を狙う駿府の今川義元は、遂に総力をあげて美々しく上洛の旅についた。尾張など眼中にない。抵抗すればもみ潰せ。屈服か、滅亡覚悟の抗戦か。信長は秘策を胸に動じない。だが義元が桶狭間に入ったと聞くや...

  • 織田信長(3) 侵略怒涛の巻 648円
    作家 山岡荘八
    出版社 講談社
    掲載誌 山岡荘八歴史文庫
    販売開始日 2015/06/05

    今川義元を討った信長の武名は、いちやく天下に轟いたが、諸国はまだ彼の天下統一の野望までは知らない。三河の松平元康(徳川家康)と同盟を結んだ信長は、戦国武将として始めて入洛。堺では大量の鉄砲を仕入...

  • 織田信長(5) 本能寺の巻 648円
    作家 山岡荘八
    出版社 講談社
    掲載誌 山岡荘八歴史文庫
    販売開始日 2015/06/05

    信長の前途は明るい。叡山、本願寺の焼打ちでは仏敵の汚名は着ても、立ちふさがる敵は、武田勝頼、中国毛利、そして上杉謙信のみ。その謙信が死ぬ。長篠の合戦で武田軍を追い散らした信長の天下統一は目前。だ...

  • 豊臣秀吉(8) 648円
    作家 山岡荘八
    出版社 講談社
    掲載誌 山岡荘八歴史文庫
    販売開始日 2015/06/05

    日本を制した関白太政大臣豊臣秀吉の目は大陸に向かった。だが二度にわたる朝鮮出兵は大誤算、自らも病にたおれた。幼い秀頼の行末、武将たちの不和、運命の急激な下り坂に焦りもがきながら太閤は、六十二歳の...

  • 織田信長(1) 無門三略の巻 648円
    作家 山岡荘八
    出版社 講談社
    掲載誌 山岡荘八歴史文庫
    販売開始日 2015/06/05

    吉法師(信長)は、奔放奇抜な振るまいで家中のひんしゅくを買う"うつけ者"。だが、燕雀いずくんぞ鴻鵠の志を知らん。手始めは尾張織田の統一だ。美濃の梟雄斎藤道三から娘の濃姫を娶った信長は、アンチ信長...

  • 豊臣秀吉(4) 648円
    作家 山岡荘八
    出版社 講談社
    掲載誌 山岡荘八歴史文庫
    販売開始日 2015/06/05

    上洛一番乗りを果たした信長だが、周囲は敵ばかり。越前朝倉攻めの最中には妹お市の婿浅井長政にも背かれ不覚の退却。殿軍で名を挙げた秀吉は、続く朝倉浅井攻めの功で十四万石の大名に大出世。だが、一向宗徒...

  • 毛利元就(2) 648円
    作家 山岡荘八
    出版社 講談社
    掲載誌 山岡荘八歴史文庫
    販売開始日 2015/02/11

    尼子6万の大軍が吉田郡山城を囲む。対する毛利元就の総勢はわずか7000。長子隆元を人質としてまで頼った大内義隆からの援軍もなく、城を枕に討死覚悟の将士に元就は自信に満ちた声で告げる。「この戦、勝...

  • 毛利元就(1) 648円
    作家 山岡荘八
    出版社 講談社
    掲載誌 山岡荘八歴史文庫
    販売開始日 2015/02/11

    応仁の乱から30年。世はまさに乱世。中国地方もまた、山口に大内義興が前将軍足利義尹を擁して上洛をねらい、出雲には老虎尼子経久が牙を光らせていた。その二大勢力の間に揺れる小国安芸の毛利家に生まれた...

  • 徳川家光(3) 地の声 天の声の巻 648円
    作家 山岡荘八
    出版社 講談社
    掲載誌 山岡荘八歴史文庫
    販売開始日 2015/02/11

    島原・天草の大乱を鎮めた家光は、遂に鎖国断行に踏みきる。一方で寛永御前試合など、家光らしい政治アイデアも次々と実行されていく。悩みの種は春日の局、世継ぎのないことを案じて側室を迎えるよう強く迫っ...

セーフサーチの状態