読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

「山崎ナオコーラ」の作品一覧

11件中1-11件 (1/1ページ)
  • 偽姉妹 1836円
    作家 山崎ナオコーラ
    出版社 中央公論新社
    レーベル 単行本
    販売開始日 2018/07/27

    平凡なシングルマザー・正子が試みた、姉妹のメンバーチェンジ。身内じゃないって心地いい。ポップで自由な家族小説。

  • 美しい距離 1200円
    作家 山崎ナオコーラ
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2016/07/15

    2016年上半期芥川賞 候補作。 「この病気に四十代初めでかかるのは稀(まれ)らしい」 サンドイッチ屋を営んでいた妻は、がんに冒され、死へと向かって歩む。 生命保険会社勤務の夫は、時短勤務に切...

  • 昼田とハッコウ(上) 713円
    作家 山崎ナオコーラ
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2015/10/09

    幸福寺の小さな本屋さん「アロワナ書店」。三代目のハッコウは店長とは名ばかりで店内をぶらぶらするばかり、ともに育ったいとこの昼田はIT企業に勤めていた。しかし正月早々大事件が起き、書店は存続の危機...

  • 昼田とハッコウ(下) 670円
    作家 山崎ナオコーラ
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2015/10/09

    幸福寺の小さな本屋さん「アロワナ書店」は毎朝開店し、客をはじめ、さまざまな人を迎え入れて、夜には閉まる。その日常が壊れた「あの日」を境に、「町の本屋さん」の店長として動き始めた店長のハッコウとい...

  • 論理と感性は相反しない 535円
    作家 山崎ナオコーラ
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2015/06/26

    神田川歩美と真野秀雄は、つき合い始めた頃にときどきケンカした。真野の論理と、神田川の感性は、ぶつかり合いながらも共生の道を探っていくが......(表題作)。男と女、宇宙、音楽と文学、伊勢物語....

  • 長い終わりが始まる 484円
    作家 山崎ナオコーラ
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2015/06/26

    大学4年生になっても就職活動もせずマンドリンサークルで練習に打ち込む小笠原。彼女が演奏する音楽というものには常に終わりの予感が漂うけれど、大学のサークルという小さな輪の中では絶えず人間関係が堂々...

  • ニキの屈辱 583円
    作家 山崎ナオコーラ
    出版社 河出書房新社
    レーベル 河出文庫
    販売開始日 2014/06/06

    人気写真家ニキのアシスタントになったオレ。だが一歳下の傲慢な彼女に公私共に振り回されて......格差恋愛の行方を描く話題の恋愛小説 。

  • カツラ美容室別室 508円
    作家 山崎ナオコーラ
    出版社 河出書房新社
    レーベル 河出文庫
    販売開始日 2014/05/23

    こんな感じは、恋の始まりに似ている。しかし、きっと、実際は違う――カツラをかぶった店長・桂孝蔵の美容院で出会った、淳之介とエリの恋と友情、そして様々な人々の交流を描く、各紙誌絶賛の話題作。

  • 浮世でランチ 583円
    作家 山崎ナオコーラ
    出版社 河出書房新社
    レーベル 河出文庫
    販売開始日 2014/05/23

    私と犬井は中学二年生。学校という世界に慣れない二人は、早く二十五歳の大人になりたいと願う。そして十一年後、私はOLになるのだが? 十四歳の私と二十五歳の私の“今”を鮮やかに描く、文藝賞受賞第一作。

  • 指先からソーダ 702円
    作家 山崎ナオコーラ
    出版社 河出書房新社
    レーベル 河出文庫
    販売開始日 2014/05/23

    けん玉が上手かったあいつとの別れ、27歳の誕生日に自腹で食べた高級寿司......朝日新聞の連載で話題になったエッセイを中心に、しゅわっとはじける言葉たちがつまった、爽快で痛快な著者初のエッセイ集。

  • 人のセックスを笑うな 432円
    作家 山崎ナオコーラ
    出版社 河出書房新社
    レーベル 河出文庫
    販売開始日 2012/10/01

    映画化決定!19歳のオレと39歳のユリ。恋とも愛ともつかぬいとしさが、オレを駆り立てた...。第41回文藝賞受賞作。

  • 1
セーフサーチの状態