読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

「本宮ひろ志」の作品一覧

54件中25-48件 (2/3ページ)
  • 俺の空’03 540円
    作家 本宮ひろ志
    出版社 サード・ライン
    販売開始日 2017/03/08

    安田一平の旅が三たび始まる!作家・本宮ひろ志が「現代」の視点から、「俺の空」を完全リメイク。一平が戦国時代に心を馳せる「鶴の恩返し・一平版」と、罠にはまり覚醒剤所持で逮捕されてしまう「一平・留置...

  • 俺の空 三四郎編 540円
    作家 本宮ひろ志
    出版社 サード・ライン
    販売開始日 2017/03/08

    あの安田一平に甥っ子がいた。その名は安田三四郎!父の教えの古柔術を修めた三四郎は旅に出る。最初の目的地は悠久の大地・モンゴルだ。そこで三四郎を待っていたものは!本宮ひろ志の新たなヒーローの若さと...

  • 俺の空刑事編 540円
    作家 本宮ひろ志
    出版社 サード・ライン
    販売開始日 2017/03/08

    あの男が帰ってきた。安田財閥の跡取りにして、スポーツ万能、安田一平!京橋警察所の新米刑事になった一平の前に権力者達の理不尽な犯罪が立ちはだかる。その行動力と財力をフルに使って悪を追い詰める!痛快...

  • 天地を喰らう 540円
    作家 本宮ひろ志
    出版社 サード・ライン
    販売開始日 2017/03/08

    乱世の漢朝末、ワラジ売りの「劉備玄徳」は諸国を旅する少年「諸葛孔明」と出会う。肝と知恵。二人は望みをかなえる為、天に昇り竜王の娘たちと交わろうとするが・・・。

  • 風の陣 540円
    作家 本宮ひろ志
    出版社 サード・ライン
    販売開始日 2017/03/08

    150年を越える歴史を有し、世界中のヨットマンが挑戦を続ける海のF1[アメリカスカップ]。漁師の父と二人暮らしの風間陣。彼は風が見える少年だった。そんな陣の住む房総半島・葉浦にヨットのマリーナが...

  • 俺の嫁はあいつの妻 540円
    作家 本宮ひろ志
    出版社 サード・ライン
    販売開始日 2017/03/08

    島谷正助と山内進一郎は、親友同士。そんな二人が同時に一人の女・美和を愛してしまった。二人は同時に求婚し決闘までするが決着がつかない。ところが進一郎が思いがけない提案をする。それは・・・二人が一人...

  • サラリーマン金太郎 -マネーウォーズ編- 540円
    作家 本宮ひろ志
    出版社 サード・ライン
    販売開始日 2017/03/08

    マネーウォーズ編プロローグで、外資系証券会社に就職した矢島金太郎。中東のナビリアを舞台にしたマネーゲームで1兆3千億の利益を上げ、一躍世界のディーラーのその名が知れ渡る。しかし金太郎は不毛な業界...

  • サラリーマン金太郎 -マネーウォーズ編- プロローグ 540円
    作家 本宮ひろ志
    出版社 サード・ライン
    販売開始日 2017/03/08

    あの熱い男が帰ってきた。矢島金太郎。今度の職場は外資の投資銀行だ。しかしマネーゲームの世界に飛び込んだ金太郎は、新たな上司・ジャネットとの賭けで一晩で50億円の負けを作ってしまう・・。利益を上げ...

  • 俺の空刑事編 2012 540円
    作家 本宮ひろ志
    出版社 サード・ライン
    販売開始日 2017/03/08

    安田財閥の御曹司・安田一平が帰って着た! 警視庁京橋署で、配属されたのはSIT(未解決事件専従捜査班)。そこは隠された事件の真相を暴くための特別チームだった。闇にうごめく巨大な悪の正体とは・・!...

  • 大飢饉 540円
    作家 本宮ひろ志
    出版社 サード・ライン
    販売開始日 2017/03/08

    天明年間。打ち続く凶作の上に、浅間山が噴火。空前の大凶作が村々を襲う。世にいう「天明の大飢饉」の始まりである。人は飢え、争い、獣となっていく。仲間と山で開墾生活をする蘇助にも飢餓が迫る。蘇助は愛...

  • げんこつ街道 540円
    作家 本宮ひろ志
    出版社 サード・ライン
    販売開始日 2017/03/08

    昭和三年、無鉄砲だけが取り得の村の青年・平田文吉は、村を牛耳る赤沢組に、たった一人で殴り込みをかけた。赤沢組は総勢150人、もはや生きて村を出られまい。死を覚悟した文吉は、最期に病気の母に会うた...

  • 大と大 540円
    作家 本宮ひろ志
    出版社 サード・ライン
    販売開始日 2017/03/08

    同年同月に生を受けた二人、西郷大と沢村大。西郷大は通産省退省後、大物政治家・田口角太郎の後ろ盾で政治家となり新しい政治家を目指す。沢村大は世界を放浪し、アメリカの巨大勢力キングダム・グループの一...

  • やぶれかぶれ 540円
    作家 本宮ひろ志
    出版社 サード・ライン
    販売開始日 2017/03/08

    男の中の男を描き上げる漫画家・本宮ひろ志が、自分自身を主人公にして政治家を目指して行動していく姿を描いたドキュメンタリー作品。休筆宣言をしてからゴルフ三昧の日々を送っていた本宮ひろ志は、町を歩い...

  • 本宮ひろ志 珠玉の名編集 3 540円
    作家 本宮ひろ志
    出版社 サード・ライン
    販売開始日 2017/03/08

    漁師と炭焼きで生計を立てるとっちゃんは、時代遅れだけど力持ちで、息子の鉄平はとっちゃんが大好きだ。ある日、鉄平が小学校で貧乏を理由にいじめられることがあり、とっちゃんは鉄平が負けたことを知ると、...

  • 夢幻の如く 540円
    作家 本宮ひろ志
    出版社 サード・ライン
    販売開始日 2017/03/08

    本能寺で死んだ筈の信長は生きていた!そして「世界を切り取りに行く」と豪語する。天下を目指す秀吉、家康。信長暗殺を企む光秀。それぞれの野心が新しい歴史を生み出す。大胆な発想で贈る歴史フィクション。

  • ビッグガン 540円
    作家 本宮ひろ志
    出版社 サード・ライン
    販売開始日 2017/03/08

    過去を捨て、インディアンの娘と結婚した西部最強のガンマン"ビリー・ホリディー"。その町に彼を狙う三つ子のアウトロー・ジェイスン兄弟がやってくる。

  • 山吹の標 540円
    作家 本宮ひろ志
    出版社 サード・ライン
    販売開始日 2017/03/08

    ヤクザの事務所に18発の散弾を打ち込んで2年のムショ送りになった石渡勝。獄中の彼に手紙を送り続けたのは、勝が電車の中で助けた女子中学生から、勝の大立ち回りを伝え聞いた亜矢子と言う少女だった。互い...

  • 猛き黄金の国 道三 540円
    作家 本宮ひろ志
    出版社 サード・ライン
    販売開始日 2017/03/08

    京の破戒僧・法蓮坊は天下取りの野望を立て、仏門を捨てた。彼こそは後の美濃のマムシ・斉藤道三その人だ!松浪庄五郎と名前を代え、今、油商人として新たな一歩を踏み出す!知恵と独自の理念で戦国の世を駆け...

  • 猛き黄金の国 岩崎弥太郎 540円
    作家 本宮ひろ志
    出版社 サード・ライン
    販売開始日 2017/03/08

    幕末、土佐井ノ口村で暴れまわる一人の男!後に三菱を築く「岩崎弥太郎」だ。荒れた毎日を送っていたが、ジョン万次郎と出会い広大な海外の話しを聞き、触発される。やがて江戸に遊学を希望するが・・。

  • 新サラリーマン金太郎 540円
    作家 本宮ひろ志
    出版社 サード・ライン
    販売開始日 2017/03/08

    我らが「サラリーマン金太郎」が帰ってきた!世界的不況で「ヤマト中央建設」には倒産の危機が。金太郎がアラビア王国・ハッサン国王に働きかけ株式を売却。「ヤマトアラビア建設」として再生する事ができる。...

  • 旅の途中 540円
    作家 本宮ひろ志
    出版社 サード・ライン
    販売開始日 2017/03/08

    瀧耕助、甲子園優勝の超高校級のピッチャーだ。しかし無類の女好きの軟派野郎!高校を飛び出しブラリと旅だった。行き先は東北の小京都「桜館」、美人の里だ。色と恋の大活躍が始まる。

  • まだ、生きてる・・・ 540円
    作家 本宮ひろ志
    出版社 サード・ライン
    販売開始日 2017/03/08

    定年を迎えたサラリーマン・岡田憲三。家に帰ると家族は消えていた。妻が全財産を持ち逃げし、息子や娘は音信不通に・・・。生きる事に疲れた希望も無くした憲三は、60年の人生の幕を閉じようと、故郷・房総...

  • 姿三四郎 540円
    作家 本宮ひろ志
    出版社 サード・ライン
    販売開始日 2017/03/08

    明治の新時代、取り残されてゆく柔術を新たな道として広めようとする男がいた。その男の名は矢野正五郎!信じた道を一途に生きる正五郎の波乱万丈の青春。柔道の創始者・嘉納治五郎とその高弟をモデルにした名...

  • 猛き黄金の国 柳生宗矩 540円
    作家 本宮ひろ志
    出版社 サード・ライン
    販売開始日 2017/03/08

    文禄二年(1593) 23歳になる柳生宗矩は、己の剣の道について悩んでいた。鉄砲という新たな武器の前で、果たして剣がどんな意味を持つのか・・・。そんな折、父・石舟斎のもとに時の人・徳川家康の使者...

セーフサーチの状態