読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

「村上春樹」の作品一覧

18件中1-18件 (1/1ページ)
  • 羊をめぐる冒険 1100円
    作家 村上春樹
    出版社 講談社
    販売開始日 2019/07/15

    『1973年のピンボール』から5年後、〈僕〉と〈鼠〉がたどり着いた場所は――。野間文芸新人賞受賞の「初期三部作」第三作。

  • 遠い太鼓 880円
    作家 村上春樹
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2019/07/15

    『ノルウェイの森』と『ダンス・ダンス・ダンス』を書き上げ、作家としての転換期となった、三年間の異国生活のスケッチブック。

  • アンダーグラウンド 1188円
    作家 村上春樹
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2019/07/15

    日本社会の弱点と人間の闇を浮き彫りにした地下鉄サリン事件。関係者への丹念なインタビューで真実に迫る渾身のノンフィクション。

  • やがて哀しき外国語 583円
    作家 村上春樹
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2019/07/15

    プリンストン大学滞在中、異文化にかこまれて感じた日本、日本人であることの違和感を生々と綴る16通のプリンストン便り。

  • 風の歌を聴け 429円
    作家 村上春樹
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2019/07/15

    過ぎ去りつつある青春の残照を鋭敏にとらえ群像新人賞を受賞した、村上春樹のデビュー作にして「初期三部作」第一作。

  • 1973年のピンボール 451円
    作家 村上春樹
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2019/07/15

    『風の歌を聴け』から3年後、それぞれの儀式で青春に別れを告げる〈僕〉と〈鼠〉。終焉と始まりの予感。「初期三部作」第二作。

  • アフターダーク 660円
    作家 村上春樹
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2019/07/14

    時計の針が深夜零時を指すほんの少し前から夜明けまで。夜の闇のいちばん深い部分を、それぞれの場所でくぐり抜ける4人の男女の物語。

  • 回転木馬のデッド・ヒート 550円
    作家 村上春樹
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2019/07/14

    人生という回転木馬の上で、人は仮想の敵に向けて熾烈なデッド・ヒートをくりひろげる。事実と小説とのあわいを絶妙にすくいとった、村上春樹の8つのスケッチ。

  • スプートニクの恋人 649円
    作家 村上春樹
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2019/07/14

    すみれはミュウに恋をした。そしてぼくはすみれを激しく求めていた。すれ違う三つの愛の行方は――奇妙でせつないラブ・ストーリー。

  • ダンス・ダンス・ダンス 1452円
    作家 村上春樹
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2019/07/13

    『羊をめぐる冒険』から4年、新たな価値を求める冒険が始まる。狂騒の80年代に交錯した闇と光を鮮やかに描きあげた話題作。

  • ノルウェイの森 1232円
    作家 村上春樹
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2019/07/13

    その森は、きっと、人の心のどこかにある。時代も国境も越えて読み継がれる世界的名作、ついに電子書籍に。

  • 国境の南、太陽の西 583円
    作家 村上春樹
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2019/07/13

    幸せな生活を送っていた僕の前に、かつて深く心を通わせた女性が現れた――日常に潜む不安と欠落、喪失と再生を描く長編小説。

  • カンガルー日和 539円
    作家 村上春樹
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2019/07/13

    村上春樹が「毎月一篇ずつ楽しんだり苦しんだりしながら生み出してきた」、都会の片隅のささやかな18篇のメルヘン。

  • 1973年のピンボール 451円
    作家 村上春樹
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2016/07/01

    「電灯のスイッチを切って扉を後ろ手に閉めるまでの長い時間、僕は後ろを振り向かなかった。一度も振り向かなかった」東京で友人と小さな翻訳事務所を経営する〈僕〉と、大学をやめ故郷の街で長い時間を過ごす...

  • 羊をめぐる冒険 1100円
    作家 村上春樹
    出版社 講談社
    販売開始日 2016/07/01

    「羊のことよ」と彼女は言った。「たくさんの羊と一頭の羊」「羊?」「そして冒険が始まるの」 故郷の街から姿を消した〈鼠〉から〈僕〉宛に、ある日突然手紙が届く。同封されていた一枚の写真が、冒険の始...

  • アンダーグラウンド 1188円
    作家 村上春樹
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2016/02/12

    「それらを通過する前とあととでは、日本人の意識のあり方が大きく違ってしまった」1995年に起きた阪神淡路大震災、そして地下鉄サリン事件。日本の戦後史の転換期を狙い澄ましたかのようなこの二つの悲劇...

  • やがて哀しき外国語 583円
    作家 村上春樹
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2015/11/27

    F・スコット・フィッツジェラルドの母校プリンストン大学に招かれ、アメリカでの暮らしが始まった。独自の大学村スノビズム、スティーブン・キング的アメリカ郊外事情、本場でジャズについて思うこと、フェミ...

  • 遠い太鼓 880円
    作家 村上春樹
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2015/11/27

    ある朝目が覚めて、ふと耳を澄ませると、何処か遠くから太鼓の音が聞こえてきた。その音を聞いているうちに、僕はどうしても長い旅に出たくなったのだ――。40歳になろうとしていた著者は、ある思いに駆られ...

  • 1
セーフサーチの状態