読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

「桜庭一樹」の作品一覧

10件中1-10件 (1/1ページ)
  • ファミリーポートレイト 825円
    作家 桜庭一樹
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2019/07/17

    若くて美しい母親と喋ることのできない小さな娘。たった二人の逃避行。あたしはママを守り、ママはあたしを支配する。

  • 傷痕 1430円
    作家 桜庭一樹
    出版社 講談社
    販売開始日 2019/07/17

    この国が二十世紀に生み落とした偉大なるスターである「彼」が急死した。彼を心から愛する娘「傷痕」の再生と自立を描く 。

  • 傷痕 867円
    作家 桜庭一樹
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2019/03/08

    偉大なるスター、キング・オブ・ポップが51歳で急逝。子供時代、二人の兄、一人の姉と共にグループでデビュー後、独立して類稀な歌と踊りで世界の救世主となっていた。 遺されたのは11歳の娘、名前は“傷...

  • ほんとうの花を見せにきた 765円
    作家 桜庭一樹
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2017/11/09

    郷愁を誘う大河的青春吸血鬼小説! 中国の山奥からきた吸血種族バンブーは人間そっくりだが若い姿のまま歳を取らない。 マフィアによる一家皆殺しから命を救われた少年は、バンブーとその相棒の3人で暮ら...

  • 荒野 968円
    作家 桜庭一樹
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2017/05/26

    山野内荒野、14歳。 まだ、恋はしてない。 ......たぶん。 鎌倉で小説家の父と暮らす少女・荒野。「好き」ってどういうことか、まだよくわからない。でも、中学入学の日、電車内で見知らぬ少年に...

  • ブルースカイ 683円
    作家 桜庭一樹
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2016/11/25

    これは、少女という生物〈クリーチャー〉についての物語 中世ドイツ、近未来のシンガポール、そして現代日本。3つの世界を行き来する少女の正体とは? 桜庭一樹の初期傑作長篇 1627年、魔女狩りの嵐...

  • このたびはとんだことで 桜庭一樹奇譚集 703円
    作家 桜庭一樹
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2016/11/25

    短編に凝縮された桜庭一樹のエッセンス! 死んだ男を囲む、二人の女の情念。 ミッションスクールの女子たちの儚く優雅な昼休み。 鉄砲薔薇散る中でホテルマンが見た幻。 古い猫の毛皮みたいな臭いを放つ...

  • ファミリーポートレイト 825円
    作家 桜庭一樹
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2015/02/11

    最初の記憶は五歳のとき。公営住宅の庭を眺めていたあたしにママが言った。「逃げるわよ」。母の名前はマコ、娘の名前はコマコ。老人ばかりが暮らす城塞都市や奇妙な風習の残る温泉街。逃亡生活の中でコマコは...

  • 私の男 734円
    作家 桜庭一樹
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2012/11/09

    十歳のあの日、淳悟は私の養父になった。今、彼は罪で結ばれた最愛のひと。親子の禁忌を描く、暗黒の傑作恋愛小説!

  • 伏 贋作・里見八犬伝 734円
    作家 桜庭一樹
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2012/11/09

    娘で猟師の浜路は、江戸に跋扈する人と犬の子孫「伏」を狩りに兄の元へ...里見の家に端を発した因果の輪がいま開く!

  • 1
セーフサーチの状態