読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

「梅原猛」の作品一覧

13件中1-13件 (1/1ページ)
  • 梅原猛著作集 (1~20巻) 2052円2862円
    作家 梅原猛
    出版社 小学館
    販売開始日 2015/05/15

    若き政治家、聖徳太子は巧みな外交政策で日本に仏教をとり入れ、さまざまな大陸文化をもたらした。さらに冠位十二階、十七条憲法を制定する。理想の律令国家の建設に邁進する太子の事績と人間像を浮き彫りにする。

  • 法然の哀しみ(小学館文庫) (1~2巻) 788円
    作家 梅原猛
    出版社 小学館
    レーベル 小学館文庫
    販売開始日 2015/02/13

    一生不犯の聖人といわれる法然には、少年時代に負った心の疵があった。人生に隠された深い哀しみの謎と人間像に迫る。

  • 最澄と空海(小学館文庫) 680円
    作家 梅原猛
    出版社 小学館
    レーベル 小学館文庫
    販売開始日 2015/02/13

    現世と来世における善行の積み重ねによる成仏を説く最澄。この身そのままで自然神との一体化による即身成仏を説く空海。二人の教えは対極にありながら、われわれ日本人の心情と深く響き合う日本文化の源泉である。

  • 親鸞の告白(小学館文庫) 659円
    作家 梅原猛
    出版社 小学館
    レーベル 小学館文庫
    販売開始日 2015/02/13

    親鸞の、善人が救われるならば悪人が救われないはずがないという「悪人正機」などの思想遍歴と「肉食妻帯」の波瀾の生涯をたどる。また、『歎異抄』の真実と成立の謎に迫り、現代人をも魅了する親鸞の全貌を明...

  • 仏のこころと母ごころ(小学館文庫) 648円
    作家 梅原猛
    出版社 小学館
    レーベル 小学館文庫
    販売開始日 2015/02/13

    悲惨な戦争や、醜い金銭トラブル等、暗いニュースが続く。今こそ、新しい道徳を創始しなければ人類は滅んでしまう。行動する哲学者が、自らの心の軌跡を辿りながら、混迷の現代社会を救い、幸福に生きるために...

  • 豊かに生きる知恵 母ごころ 仏ごころ 508円
    作家 梅原猛
    出版社 小学館
    販売開始日 2014/11/14

    戦争、殺人、汚職など連日暗いニュースが続く。混迷する現代社会を救い、個人が豊かに生きるためには、母の無私の愛(母ごころ)と仏教の利他の教え(仏ごころ)が新しい道徳の根源になるべきであると説く。

  • 親鸞のこころ 永遠の命を生きる(小学館文庫) 400円
    作家 梅原猛
    出版社 小学館
    レーベル 小学館文庫
    販売開始日 2014/09/12

    「悪人正機」説を超える教えの真髄とは?親鸞の思想が混迷する現代社会を救う...。

  • シンポジウム東北文化と日本――もう一つの日本―― 810円
    作家 梅原猛 高橋富雄
    出版社 小学館
    販売開始日 2014/07/11

    「東北文化」の意義をめぐって開かれたシンポジウムの集大成。編者のほかに、芹沢長介、藤村久和、山折哲雄、源了圓、桑原武夫の各氏が発言。 ※この商品は紙の書籍のページを画像にした電子書籍です。文字...

  • 三井の晩鐘 648円
    作家 梅原猛 池田一憲
    出版社 小学館
    販売開始日 2014/07/11

    強く深い母子の愛にやどる人間の真実! 梅原猛がつづる感動の近江湖底伝説。 ※この商品は紙の書籍のページを画像にした電子書籍です。文字サイズだけを拡大・縮小することはできませんので、予めご了承く...

  • 共生と循環の哲学 永遠を生きる 832円
    作家 梅原猛
    出版社 小学館
    販売開始日 2014/07/11

    哲学者としての思索と実践の軌跡をふりかえりながら、著者独特の人生観、世界観を語り、さらに、人類文明史の誤謬を指摘し、21世紀文明を導く新しい哲学...共生と循環を原理とする自然哲学を提唱する。 ...

  • 新版聖徳太子 (1~2巻) 1458円
    作家 梅原猛
    出版社 小学館
    販売開始日 2014/07/11

    聖徳太子四部作の新装版を電子化。膨大な資料とユニークな想像力を駆使して聖徳太子の実像あきらかに」していく。 ※この商品は紙の書籍のページを画像にした電子書籍です。文字サイズだけを拡大・縮小する...

  • 森の思想が人類を救う 832円
    作家 梅原猛
    出版社 小学館
    販売開始日 2014/07/11

    梅原猛は「梅原日本学」から飛翔して、アイヌ文化=縄文文化を手がかりに、もっぱら人類普遍の哲学を求めて思索を深めてきた。本書はその一つの到達点であり、われわれが歩むべき道筋を具体的に指し示す。 ...

  • 聖徳太子 (1~4巻) 745円1080円
    作家 梅原猛
    出版社 小学館
    販売開始日 2014/07/11

    梅原古代学の聖徳太子第1弾。アジア東端の島国に、今しも新しい宗教が伝来した。このとき太子が考え、なそうとしたことは何であったか。 ※この商品は紙の書籍のページを画像にした電子書籍です。文字サイ...

  • 1
セーフサーチの状態