読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

「森博嗣」の作品一覧

123件中1-24件 (1/6ページ)
  • 新着!
    森遊びの日々 1566円
    作家 森博嗣
    出版社 講談社
    販売開始日 2019/02/20

    小説家・森博嗣は日々何を思い、考えているのか? 2018年1月1日から半年間の毎日の仕事、遊び、思考の詳細。森博嗣堂浮遊書店ブログ「店主の雑駁」から2冊目の書籍化。

  • スカイ・クロラ 637円
    作家 森博嗣
    出版社 中央公論新社
    レーベル 中公文庫
    販売開始日 2018/12/28

    戦闘機乗りの「僕」の右手は、ときどき、人を殺す――永遠の子供を巡る物語終幕。シリーズ一冊目にして堂々の完結篇。

  • ナ・バ・テア 700円
    作家 森博嗣
    出版社 中央公論新社
    レーベル 中公文庫
    販売開始日 2018/12/28

    周りには、空気しかない。飛ぶために生まれてきた「僕」は、空でしか笑えない――スカイ・クロラシリーズ第一巻。

  • フォグ・ハイダ 799円
    作家 森博嗣
    出版社 中央公論新社
    レーベル 中公文庫
    販売開始日 2018/12/28

    山中で盗賊に襲われ辛うじてその場を凌いだゼン。「守るべきもの」は足枷か......。ヴォイド・シェイパシリーズ第四作。

  • クレィドゥ・ザ・スカイ 700円
    作家 森博嗣
    出版社 中央公論新社
    レーベル 中公文庫
    販売開始日 2018/12/28

    いつか、飛べる。また、いつか......濁った地上を離れ、戦闘機パイロットとして永遠を生きる「僕」が知った秘密とは。

  • ダウン・ツ・ヘヴン 700円
    作家 森博嗣
    出版社 中央公論新社
    レーベル 中公文庫
    販売開始日 2018/12/28

    戦闘中に負傷し、いつしか組織に守られる立場となった自分になじめぬまま入院生活を送る「僕」。シリーズ第二巻。

  • フラッタ・リンツ・ライフ 700円
    作家 森博嗣
    出版社 中央公論新社
    レーベル 中公文庫
    販売開始日 2018/12/28

    「僕」は「彼女」の車で地を這う。二度と空に、コクピットに戻れないと予感しながら。スカイ・クロラシリーズ第四巻。

  • スカイ・イクリプス 596円
    作家 森博嗣
    出版社 中央公論新社
    レーベル 中公文庫
    販売開始日 2018/12/28

    空で、地上で、海で。彼らはこの世界で生き続ける――永遠の子供たちの叙事詩に秘められた謎を解く鍵がここに。

  • ブラッド・スクーパ 821円
    作家 森博嗣
    出版社 中央公論新社
    レーベル 中公文庫
    販売開始日 2018/12/28

    立ち寄った村で、護衛することになったゼン。人を斬りたくない侍が、それでも刀を使う理由とは。シリーズ第二作。

  • マインド・クァンチャ 799円
    作家 森博嗣
    出版社 中央公論新社
    レーベル 中公文庫
    販売開始日 2018/12/28

    絶対的な力の差に死すら覚悟しながら、その美しさに触れる喜びに剣を抜くゼン。ヴォイド・シェイパシリーズ第五作。

  • スカル・ブレーカ 778円
    作家 森博嗣
    出版社 中央公論新社
    レーベル 中公文庫
    販売開始日 2018/12/28

    真剣勝負に遭遇、誤解から連行されたゼン。若き侍は師、そして己の過去に迫る。ヴォイド・シェイパシリーズ第三作。

  • ヴォイド・シェイパ 761円
    作家 森博嗣
    出版社 中央公論新社
    レーベル 中公文庫
    販売開始日 2018/12/28

    世間を知らず、過去を持たぬ若き侍。彼は問いかけ、思索し、剣を抜く。剣豪小説、ヴォイド・シェイパシリーズ第一作。

  • 月夜のサラサーテ The cream of the n... 605円
    作家 森博嗣
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2018/12/14

    森博嗣は理屈っぽいというが本当か。真剣に遊び、超人的に書く人気作家が綴る、日々の小さな出来事。ふとした観察、考察を味わううちに、世界が違って見えてくる。家にやって来た仔犬のこと、若き日の思い出か...

  • イデアの影 The shadow of Ideas 691円
    作家 森博嗣
    出版社 中央公論新社
    レーベル 中公文庫
    販売開始日 2018/11/21

    主人と家政婦と薔薇のパーゴラのある家で暮らす「彼女」。訪れては去っていく男たち。知性と幻想が交錯する衝撃作。

  • 森には森の風が吹く 1296円
    作家 森博嗣
    出版社 講談社
    販売開始日 2018/11/15

    世界は森博嗣で構成されている! 森ミステリィの魅力に迫る自作あとがき「森語り」、書評や本に関する「森読書」、作品解説「森人脈」、趣味についての「森好み」、森博嗣の考え方を垣間見られる「森思考」か...

  • 100人の森博嗣 100 MORI Hiroshies 627円
    作家 森博嗣
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2018/11/13

    読んだ人すべてがFanになる、森ミステリィの秘密と魅力。森ミステリィへ深く誘われる「森語り自作小説のあとがき」、一筋縄ではいかない「森読書 書評や本に関するエッセィ」など、『森博嗣のミステリィ工...

  • 人間のように泣いたのか? Did She Cry Hu... 778円
    作家 森博嗣
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社タイガ
    販売開始日 2018/10/24

    生殖に関する新しい医療技術。キョートで行われる国際会議の席上、ウォーカロン・メーカの連合組織WHITEは、人口増加に資する研究成果を発表しようとしていた。実用化されれば、多くの利権がWHITEに...

  • 百年シリーズ【全3冊合本版】 2376円
    作家 森博嗣
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2018/10/24

    高い塀に囲まれ、百年もの間、閉ざされてきた街。白い宮殿に住む完璧な美しさの女王。死というものがないその街で、若い王子が殺された――(『女王百年の密室』)。一夜にして海に囲まれたという伝説の島に聳...

  • Wシリーズ 全10冊合本版 6480円
    作家 森博嗣
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社タイガ
    販売開始日 2018/10/24

    Wシリーズ合本が登場! 『彼女は一人で歩くのか?』『魔法の色を知っているか?』『風は青海を渡るのか?』『デボラ、眠っているのか?』『私たちは生きているのか?』『青白く輝く月を見たか?』『ペガサス...

  • そして二人だけになった Until Death Do ... 994円
    作家 森博嗣
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2018/09/14

    とてつもなく大きな橋を支える巨大コンクリートの塊の中に、国家機密とされるシェルタがあった。現代の最高技術で造られたこの密室に滞在することになった六人が、一人ずつ、殺される。痺れるような緊張感の中...

  • MORI Magazine (1~2巻) 734円1037円
    作家 森博嗣
    出版社 大和書房
    販売開始日 2018/09/14

    「ミステリィ界一、身も蓋もない」と名高い森博嗣が雑誌創刊!? 架空人物とのインタビューや対談で語る「子供っぽい大人」のススメ。

  • 迷宮百年の睡魔 LABYRINTH IN ARM OF... 950円
    作家 森博嗣
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2018/08/24

    百年の間、外部に様子が伝えられたことのない宮殿より取材許可を得て、伝説の島を訪れたミチルとウォーカロンのロイディ。一夜にして海に囲まれたと言い伝えられる島には、座標システムも機能しない迷宮の街が...

  • 女王の百年密室 GOD SAVE THE QUEEN 950円
    作家 森博嗣
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2018/08/24

    旅の途中で道に迷ったサエバ・ミチルとウォーカロンのロイディは、高い城壁に囲まれた街に辿りつく。高貴な美しさを持つ女王・デボウ・スホの統治の下、百年の間、完全に閉ざされていたその街で殺人が起きる。...

  • 森籠もりの日々 1404円
    作家 森博嗣
    出版社 講談社
    販売開始日 2018/07/12

    小説家・森博嗣は日々何を思い、考えているのか? 2017年7月からの毎日の仕事、遊び、思考の詳細。森博嗣堂浮遊書店ブログ「店主の雑駁」を書籍化。●ほとんどの問題は、相手の身になって考えることで、...

セーフサーチの状態