読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

「森村誠一」の作品一覧

139件中1-24件 (1/6ページ)
  • エネミイ 617円
    作家 森村誠一
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2019/01/01

    加害者を許せますか? 暴力団抗争の巻き添えにより娘を射殺された父親をはじめ、愛する家族を喪った犯罪被害者たちが、ある喫茶店に集まった。彼らは加害者に報復を誓う。次々に殺される加害者たち。事件の背...

  • 社賊 540円
    作家 森村誠一
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2018/06/29

    一流ホテルの社長が誘拐され、結局、奇妙な場所で救出された。その後、犯人から「ホテルの営業を停止せねば、飲食物に毒物を入れる」との脅迫がくる。さらにホテルでのメイド転落死事件も発覚。社長から特命捜...

  • 社奴 540円
    作家 森村誠一
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2018/06/29

    大手建設会社の鹿谷建業では、専務派と常務派が次期社長の椅子を狙って争っていた。常務派の家田は、年金保養基地計画の利権争奪のため、顧問料の名目で大蔵大臣の愛人に賄賂を届けるが、彼女が殺され家田に容...

  • 青春の十字架 572円
    作家 森村誠一
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2018/06/29

    警視庁警護課のSP・寒川は、捜査一課・棟居刑事の大学山岳部時代の盟友。その寒川の妹・加菜が、奥飛騨山中で遺体となって発見された。フリー記者だった加菜は何を追っていたのか。独自に調べを進める寒川は...

  • 螺旋状の垂訓 540円
    作家 森村誠一
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2018/06/15

    週末の六本木で出会った未知の男女。女は殺され、男は失踪した。続いて発生する連続殺人事件。捜査の展開に伴い、次第に恐るべき犯罪の深層構造が浮かび上がる。一見、無関係な連続殺人を結ぶ共通の糸は何か?...

  • 明日なき者への供花 566円
    作家 森村誠一
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2018/05/18

    メルヘンなき現代に起りうる夢を孕んだ物語。就職浪人、女房に逃げられた中年男、部下の不始末でクビにされた窓際男の三人組が、日本最大の組織暴力団の跡目相続争いに巻き込まれた女子大生と知り合ったことで...

  • 殺人の花客 540円
    作家 森村誠一
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2018/05/11

    舞台は新宿新都心の超高層ホテル。初めて会ったのに恋に陥ちた二人。別れ話がもつれて出口を探す男と女。若い娘を相手にプレイに耽る初老の男。その中を忍び歩く空き巣狙い。突然起きた不可思議な殺人事件が何...

  • 棟居刑事の見知らぬ旅人 551円
    作家 森村誠一
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2018/03/30

    自衛隊第1空挺団OBで、現在は代行業を営む降矢浩季のもとを学生時代の恋人・優子が訪ねてきた。妹の真美子が失踪し、その捜索を依頼しにきたのだ。真美子のマンションを調べた降矢は、彼女が「特殊接待」の...

  • 棟居刑事の殺人の隙間 734円
    作家 森村誠一
    出版社 中央公論新社
    レーベル 中公文庫
    販売開始日 2018/03/09

    相談エージェントを設立した芝田は、新聞記者の不審死を調べるうちに、元勤務先と次期総理大臣候補の癒着に気づく。

  • 棟居刑事の凶縁 756円
    作家 森村誠一
    出版社 中央公論新社
    レーベル 中公文庫
    販売開始日 2018/03/09

    二十五年前、ある事件を引き起こした三人組の一人が何者かに殺害された。この死には過去の怨念が込められているのか!

  • 棟居刑事のガラスの密室 670円
    作家 森村誠一
    出版社 中央公論新社
    レーベル 中公文庫
    販売開始日 2018/03/09

    都会の密室で起こった殺人事件。隣人が自供を始めるが、疑問を抱く被疑者の妹と棟居刑事。真犯人はいるのか――。

  • 棟居刑事の荒野の証明 734円
    作家 森村誠一
    出版社 中央公論新社
    レーベル 中公文庫
    販売開始日 2018/03/09

    関連企業へ左遷された山名は、失踪した同僚の姉を捜し始める。次第に、山名を左遷した張本人と姉の関係に気づき――。

  • 棟居刑事の黙示録 670円
    作家 森村誠一
    出版社 中央公論新社
    レーベル 中公文庫
    販売開始日 2018/03/09

    少女の身辺警護をすることになった男は、政財界を揺るがす秘密に辿り着く。複雑に絡み合った事件の真相は!

  • 死の軌跡 540円
    作家 森村誠一
    出版社 徳間書店
    レーベル 徳間文庫
    販売開始日 2018/02/28

    奔走する刑事たちを嘲笑する、計算されつくした不動のアリバイ! 傑作鉄道ミステリー。

  • 蜜葬 540円
    作家 森村誠一
    出版社 徳間書店
    レーベル 徳間文庫
    販売開始日 2018/02/28

    物心ついた時から、隷属に甘んじていた男の忍耐の糸が切れたとき......。二重のどんでん返しが待ち受ける衝撃作!

  • 文学賞殺人事件 594円
    作家 森村誠一
    出版社 徳間書店
    レーベル 徳間文庫
    販売開始日 2018/02/28

    新人文学賞を受賞し、人気作家となった小高省吾の秘密とは? 本格ミステリー。

  • 棟居刑事の永遠の狩人 767円
    作家 森村誠一
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉ノベルス
    販売開始日 2017/11/01

    戦場カメラマンの大城は、留守中に妻子を惨殺されたことで生きる気力を失い熱海に隠棲したが、隣人の芝田から、千種という少女を彼が属している組織の本部がある金沢までエスコートするよう依頼される。救命組...

  • 悪道 五右衛門の復讐 886円
    作家 森村誠一
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2017/10/13

    名君の道を歩む影将軍を護衛する、伊賀忍者の末裔・流英次郎とその一統には、安寧は許されない。将軍の城外微行の途上、大道芸人の「叩かれ屋」が客に首を斬り落とされる。大店が襲われ、大川に骸が浮かび、凄...

  • ねこの証明 680円
    作家 森村誠一
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2017/10/13

    森村家に迷い込んできた猫が、いつの間にか居間でテレビを見ている。散歩の途中で出会った猫のしぐさにカメラを向け、俳句をひねる......。作家生活五十年を越えた森村誠一は、言わずと知れた猫好き。ミ...

  • 悪道 最後の密命 1350円
    作家 森村誠一
    出版社 講談社
    販売開始日 2017/09/22

    吉川英治文学賞受賞作「悪道」シリーズ全5巻の完結編。伊賀忍者の末裔・流英次郎率いる一統は、徳川綱吉の死を秘し、その座にある当代影将軍に仕え、隠密の護衛役を務めている。その影将軍が後代家宣に将軍職...

  • 美しき幻影 遥かなる墓標のもとに 530円
    作家 森村誠一
    出版社 実業之日本社
    レーベル 実業之日本社文庫
    販売開始日 2017/07/07

    知られざる戦争の悲劇。終戦間近のアルプスで何が!? 森村誠一が贈る"不戦の証明"、魂の書き下ろし長編!

  • 灯(ともしび) 637円
    作家 森村誠一
    出版社 徳間書店
    レーベル 徳間文庫
    販売開始日 2017/01/10

    棟居刑事が現代の世相と家族の病理に迫るミステリー。

  • 棟居刑事の青春の雲海 572円
    作家 森村誠一
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2016/11/01

    公園の片隅で発見されたホームレスの死体。身元不明の被害者を洗う警視庁捜査一課の棟居は、八年前の迷宮入り強盗殺人事件との関係に気づく。北アルプスに端を発する二つの事件を繋ぐ糸を手繰るうちに、棟居刑...

  • 涼やかに静かに殺せ 1469円
    作家 森村誠一
    出版社 双葉社
    販売開始日 2016/08/30

    ザ・グロリアス東京ホテルのバー「バッカス」には、夜な夜な怪しげな紳士たちが集まってくる。その中のひとり星名五郎は、誘拐された愛猫の捜索依頼を受けるが、犯人は、身代金として一万円を社会福祉事業団に...

セーフサーチの状態