読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

「森真沙子」の作品一覧

14件中1-14件 (1/1ページ)
  • 柳橋ものがたり 船宿『篠屋』の綾 756円
    作家 森真沙子
    出版社 二見書房
    販売開始日 2019/04/12

    しっとりとした筆致で、江戸に生きる人の綾を時代推理の俊英が描く 訳あって武家の娘・綾は、江戸一番の花街の入り口に建つ船宿の住み込み女中に。 そこで遭遇した思いがけぬ六つの謎と事件の行方.......

  • 花と乱 時雨橋あじさい亭2 756円
    作家 森真沙子
    出版社 二見書房
    販売開始日 2018/03/09

    城も町も、海も人も、江戸はいま揺れている。やがて大きな「乱」が! あじさい亭の娘お菜は思う。大男で剣豪で優しい鉄太郎おじさんがなぜ、あんなに危険な清河八郎と付き合い京にまで行くのだろう.......

  • 千葉道場の鬼鉄 時雨橋あじさい亭1 756円
    作家 森真沙子
    出版社 二見書房
    販売開始日 2017/11/03

    幕末を駆け抜けた鬼鉄こと山岡鉄太郎。剣豪の疾風怒涛の青春。 父は小野派一刀流の宗家。「着物はボロだが心は錦」の六尺二寸、天衣無縫の怪人。 幕府講武所の剣術世話役を務めて四年目の二十五歳。 父...

  • 海峡炎ゆ 箱館奉行所始末5 756円
    作家 森真沙子
    出版社 二見書房
    販売開始日 2017/07/07

    皆、生きてほしい、死んでたまるか。 さらば美しい海の町、懐かしい戦士たち、生きてまた会おう......。 幕臣榎本武揚軍と新政府軍の戦いが開始され、初戦は土方歳三の見事な采配で新政府軍は撤退し...

  • 幕命奉らず 箱館奉行所始末4 756円
    作家 森真沙子
    出版社 二見書房
    販売開始日 2016/09/02

    誰も書かなかった五稜郭の盛衰とこの城に殉じた最後の侍達! 「爆裂弾を用いて、箱館の町と五稜郭城を火の海にする」という重大、切迫情報が、奉行の小出大和守にもたらされた...... 慶応二年(一...

  • 密命狩り 箱館奉行所始末3 756円
    作家 森真沙子
    出版社 二見書房
    販売開始日 2016/01/29

    栄光も喝采もなく五稜郭に殉じた士(おとこ)達のレクイエム!樺太アイヌと蝦夷アイヌを結託させ戦乱発生を策すロシアの謀略情報を入手した奉行小出は、直ちに非情なる命令を発した......それは驚愕の情...

  • 木阿弥探偵帖 川明かり 602円
    作家 森真沙子
    出版社 学研
    レーベル 学研M文庫
    販売開始日 2016/01/26

    大奥の出火跡から人気歌舞伎役者の死体が出たとの噂が...。狂言作者の新八は、幼なじみの岡っ引きの文蔵と探索に乗り出した。

  • 小出大和守の秘命 箱館奉行所始末2 756円
    作家 森真沙子
    出版社 二見書房
    販売開始日 2015/04/09

    慶応二年一月、箱館五稜郭倉庫が炎上!誰が? 何の狙いで?調役支倉幸四郎の密かな探索が始まった......慶応二年一月八日未明。七年の歳月をかけた日本初の洋式城塞五稜郭。その庫が炎上した。一体、誰...

  • 箱館奉行所始末 異人館の犯罪 756円
    作家 森真沙子
    出版社 二見書房
    販売開始日 2015/04/09

    元治元年(一八六四)、支倉幸四郎は箱館奉行所調役として五稜郭へ赴任した。だが異国情緒溢れる街は、犯罪の巣でもあった......洋学者武田斐三郎による七年の歳月をかけた日本初の洋式城塞五稜郭に箱館...

  • 冬蛍 日本橋物語10 756円
    作家 森真沙子
    出版社 二見書房
    販売開始日 2015/04/09

    天保の改革で吹き荒れる不況風。土一升金千両と言われる日本橋もその例に洩れず、商才に長けた蜻蛉屋こと"とんぼ屋"女将お瑛も青色吐息の毎日。そんな折、幼馴染みの鋳掛(いか)け職人常次の死が知らされた...

  • 熱域(ヒートゾーン)(小学館文庫) 648円
    作家 森真沙子
    出版社 小学館
    レーベル 小学館文庫
    販売開始日 2015/02/13

    近未来、メガロポリス東京を覆う炎熱の夏。ヒートアイランド現象下に人体自然発火は起こりうるのか。弟の焼死の謎を追う気象予報士の姉を襲う、天変地異の因果関係は?

  • 地獄太夫 やなぎばし浮舟亭秘め暦(小学館文庫) 605円
    作家 森真沙子
    出版社 小学館
    レーベル 小学館文庫
    販売開始日 2014/10/10

    死に装束まとい、死の一歩手前で恐怖と性の愉悦を深める男女。しかし"あの世への花魁道中"の途中から、ひとり引き返してきた男がいた。夫に先立たれ、料亭「浮舟」を切り盛りする若おかみ、結のもとに、浮世...

  • 快楽殿 KERAKUDEN 648円
    作家 森真沙子
    出版社 徳間書店
    販売開始日 2012/10/01

    幻の雑誌『快楽殿』6号を入手するよう依頼を受けた矢城を待ち受けていたものは? 傑作長篇官能サスペンス

  • 妖花一夜契 1512円
    作家 森真沙子
    出版社 徳間書店
    販売開始日 2012/10/01

    命こそ絶ゆとも絶えめ定めなき世の常ならぬ仲の契りを。狂気と享楽、愛と幻想の世界へ。

  • 1
セーフサーチの状態