読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

「水無月詩歌」の作品一覧

13件中1-13件 (1/1ページ)
  • 鮮やかな影 108円
    作家 水無月詩歌 星恵美子
    出版社 綜合図書
    販売開始日 2018/12/14

    29歳の専業主婦・有安香奈美は必死に我慢していた。夫とのセックスが気持ちよくないのである。夫以外の相手と経験がない香奈美は自分が不感症なのだと考えていた。しかし、めくるめくオルガスムスを味わわせ...

  • 妻を勃たせます! 108円
    作家 水無月詩歌 東克美
    出版社 綜合図書
    販売開始日 2018/07/13

    戸方啓介は36歳のサラリーマン。32歳の妻・礼子は夫の目から見ても美しく、聡明な女性だった。ただ、不満なのは夜の関係。妻が神経質なまでに裸体を隠し、前戯を極度に嫌がるのだ。部屋を暗くされ、フェラ...

  • 女優じゃなくても 108円
    作家 水無月詩歌 小玉英章
    出版社 綜合図書
    販売開始日 2017/11/24

    今泉亜依香は困惑していた。親友から「生活に困ってAVなんかに出てないよね?」と連絡があったからだ。どうやら自分とそっくりなAV女優がいるらしい。笑い話として夫に報告したが、返ってきたのは「お前み...

  • ベランダの上のフルモン 108円
    作家 水無月詩歌 東克美
    出版社 綜合図書
    販売開始日 2017/07/14

    松代えい哲は24歳の新人社員。仕事の気苦労は多く、ストレスは増すばかり。それを解消すべく、えい哲は全裸で自宅のベランダに飛び出し、オナニーを興じるようになる。ある日、その姿を向かいのマンションに...

  • 心の荷を下ろして 108円
    作家 水無月詩歌 小玉英章
    出版社 綜合図書
    販売開始日 2017/03/10

    岸峰美貴香は35歳のウエディングプランナー。6年前に夫と死別してからは、ずっと仕事に邁進してきた。同僚の蓮田理恵にはいつも「新しい恋をした方がいい」と言われている。そんなある日、美貴香は40代半...

  • 身を知る雨は桜に変わり 108円
    作家 水無月詩歌 東克美
    出版社 綜合図書
    販売開始日 2016/09/30

    大手OA機器メーカーで働く37歳の谷藤広也は人員整理の対象となってしまう。やっと見つかった再就職先は、以前から仕事上の付き合いのあった宮武印刷。しかし、歓迎会の場で驚きの再会が待ち受けていた。社...

  • ハツモノですが? 108円
    作家 水無月詩歌
    出版社 綜合図書
    販売開始日 2016/08/19

    広告代理店に務める31歳の志乃は未だバージンだった。無茶な仕事を任され徹夜作業を覚悟したところに、35歳の企画部長・有馬久孝が顔を出す。普段から衝突ばかりしている2人は、この日も言い争いをしてし...

  • 熱林檎 108円
    作家 水無月詩歌
    出版社 綜合図書
    販売開始日 2016/03/25

    50歳になる八尾壮一郎は、風邪で4日も欠勤している部下・片瀬美沙の家へ見舞いに訪れた。美沙のために買ってきた林檎を剥くが、慣れない作業で指を切ってしまう。すると美沙が鮮血浮かぶ指先を舐め出して....

  • 閉じ込められて 108円
    作家 水無月詩歌 小玉英章
    出版社 綜合図書
    販売開始日 2016/03/04

    戸室瑛午はIT会社に勤めている。上司の瓜生知世は30歳。昔、2人は付き合っていた。瑛午が何とか関係を復活させたいと思っていた時に事件が起こる。地震に巻きこまれて、2人はエレベーターに閉じ込められ...

  • 愛しい年上の女 108円
    作家 水無月詩歌
    出版社 綜合図書
    販売開始日 2015/12/18

    24歳の和井俊平は、35歳の未亡人・藤乃綾子が一人で経営する小さな食堂を手伝っていた。ある日、酔いつぶれた綾子を部屋まで送った俊平は、誘惑に負けて彼女の洋服を脱がせてしまい......。

  • 花片を写して 108円
    作家 水無月詩歌 東克美
    出版社 綜合図書
    販売開始日 2015/11/13

    27歳のサラリーマン・白石直人は苛立っていた。2歳年下の後輩・滝島陽菜子が馴れ馴れしくタメ口で話しかけてくるからだ。直人の趣味は写真撮影で、それを知った陽菜子は「私がモデルになる」と言い始めた。...

  • 隙間からの情景 108円
    作家 水無月詩歌
    出版社 綜合図書
    販売開始日 2015/10/02

    妻が家に男を連れ込んで淫らな行為に耽っているのではないか? という疑惑を抱いた35歳の桧森茂雄は、出かけたフリをして寝室のクローゼット内に隠れ、妻の様子を見守ることにしたが......。

  • それでも気になる女 108円
    作家 水無月詩歌
    出版社 綜合図書
    販売開始日 2015/07/03

    社長の娘である氷野風子を起こして朝食を用意することが、秋村充の朝の日課だった。ズボラな彼女を充がいつも世話をしているのだ。そんな充に自分の気持ちを伝えようと風子は、勝手に充の部屋から拝借したエロ...

  • 1
セーフサーチの状態