読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

「池波正太郎」の作品一覧

12件中1-12件 (1/1ページ)
  • レジェンド歴史時代小説 近藤勇白書(下) 799円
    作家 池波正太郎
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2016/03/11

    池田屋事件で名をあげ、声望を高めた新選組。だが皮肉にも、それは過剰なまでの使命感を生みだし、血で血を洗う粛正の嵐を引き起こしてしまう。その間に政情は一変。朝敵の汚名を着せられ、追われる身となった...

  • 剣法一羽流 594円
    作家 池波正太郎
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2015/02/11

    諸流派が日本各地に盛名を競った天正年間、常陸の剣客諸岡一羽斎の、剣の理法と謎の秘伝書は、3人の高弟たちを翻弄する。力と技では及ばない、「剣の心」を渇望する剣士たちの死闘を描く表題作他、人斬りに失...

  • 抜討ち半九郎 540円
    作家 池波正太郎
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2015/02/11

    抜討ちの達人関根半九郎は、許嫁を犯した上役を斬り、破牢して盗賊の群に落ちた。拾った女お民を連れて、殺人と強盗の凄惨な日々。やがて、最後の大仕事に失敗し、奉行所の追手、血みどろの仲間割れ、敵(かた...

  • 殺しの掟 648円
    作家 池波正太郎
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2015/02/11

    江戸の暗黒街。昼間は実直な職人や清貧の剣客が、夜闇の中では金ずくで人を殺める殺し屋に変貌する。法の裁きの及ばぬ悪を闇から闇へ葬る裏稼業の男たちの非情さと日常に立ち戻った瞬間ふと見せる人間味を、練...

  • 梅安乱れ雲 仕掛人・藤枝梅安(五) 540円
    作家 池波正太郎
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2015/02/11

    仕掛けはさせないという約束で大坂の大元締・白子屋菊右衛門に預けられた剣客・小杉十五郎。しかし、白子屋は小杉十五郎に仕掛けを頼み、梅安と対立する。白子屋は梅安を恨み、手下に殺すことを命じた。覚悟を...

  • 忍びの女(上) 702円
    作家 池波正太郎
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2015/02/11

    豊臣家の猛将・福島正則の前に現れた徳川方の女忍者・小たまは、正則を籠絡し、巧みに城内に入り込んだ。探索をはじめた小たまは、武辺一方の正則を次第に愛しく想うようになる。豊臣秀吉亡き後、諸大名は自ら...

  • 殺しの四人 仕掛人・藤枝梅安(一) 432円
    作家 池波正太郎
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2015/02/11

    品川台町に住む鍼医師・藤枝梅安。表の顔は名医だが、その実、金次第で「世の中に生かしておいては、ためにならぬやつ」を闇から闇へ葬る仕掛人であった。冷酷な仕掛人でありながらも、人間味溢れる梅安と相棒...

  • 忍びの女(下) 702円
    作家 池波正太郎
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2015/02/11

    伴忍びの万蔵が、裏切りを働いているらしい。女忍者・小たまは、危険を省みず万蔵の元へ飛び込み、敵の正体を見極めようとする。老獪な家康は、真意を隠しながらも天下統一へ1歩ずつ近づいていく。豊臣の臣下...

  • 梅安影法師 仕掛人・藤枝梅安(六) 486円
    作家 池波正太郎
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2015/02/11

    巨悪・白子屋菊右衛門は倒したが、いまだ残党に狙われる梅安。彦次郎と小杉十五郎は、鍼医師として人助けに励む彼を陰で支えていた。しかし復讐者たちは、意表をついた方法で梅安に襲いかかってきた。なじみの...

  • 梅安最合傘 仕掛人・藤枝梅安(三) 540円
    作家 池波正太郎
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2015/02/11

    行きつけの料亭「井筒」で梅安は、10年前、自分の命を救ってくれた浪人を見かけた。梅安に頼まれて後をつけた彦次郎は浪人が悪辣な辻斬りであることを知る。命の恩人の正体に苦悩する梅安だが、度重なる悪行...

  • まぼろしの城 486円
    作家 池波正太郎
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2015/02/11

    越後の上杉、甲斐の武田、小田原の北条。関東管領が実質的な力をなくし、覇を争う武将たちに取り巻かれながらも、上野の沼田万鬼斎はしたたかに生き抜こうとしていた。しかし愛妾・ゆのみとその父・金子新左衛...

  • 梅安針供養 仕掛人・藤枝梅安(四) 540円
    作家 池波正太郎
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2015/02/11

    闇討ちにあって瀕死の重傷を負った若侍を助けた梅安。若侍は、命こそ取り留めたが記憶を失っていた。そんな時依頼された仕掛けは、二度と請け負いたくない女殺し。だが若侍と仕掛けの間には、深い関わりがある...

  • 1
セーフサーチの状態