読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

「渡辺淳一」の作品一覧

29件中1-24件 (1/2ページ)
  • 泪壺 453円
    作家 渡辺淳一
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2016/07/29

    「わたしを壺にして、側においといて」。癌に冒されて逝った最愛の妻を骨灰磁器(ボーンチャイナ)として遺した男。一周忌を過ぎ、男の前に現れた女性は、その壺に戸惑いを隠せない。表題作のほか、会社の上司...

  • 長崎ロシア遊女館 788円
    作家 渡辺淳一
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2016/07/29

    学問のためという一念で、妻の肉体を人体実験に供する町医者。未知の分野であった人体解剖の彩色図を、憑かれたように描く絵師。娼館設置をめぐり、ロシア人に遊女たちの性病検査を迫られ苦慮する長崎奉行所の...

  • 失楽園(上) 494円
    作家 渡辺淳一
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2016/07/29

    凛子と久木はお互いに家庭を持つ身でありながら、真剣に深く愛し合ってゆく。己れの心に従い、育んだ"絶対愛"を純粋に貫こうとする2人。その行きつく先にあるものは......。人間が「楽園」から追放さ...

  • 氷紋 832円
    作家 渡辺淳一
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2016/07/29

    S大学医学部助教授・諸岡敬之の妻、有己子には夫の同期・久坂利輔との間に秘密があった。なぜか彼に惹かれ、入籍直前に関係を持ったのである。あれから七年。久坂と邂逅したがために、有己子の秘めた愛に再び...

  • 失楽園(下) 494円
    作家 渡辺淳一
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2016/07/29

    美しい季節の移ろいの中で激しい愛の炎を燃やす凛子と久木。人間の中に潜む底深い性の悦びと妖しさに気づき驚き、周囲から孤立しながらも、永遠に自分の中に相手をとどめておきたいと願う。性愛の極致を描いた...

  • 麻酔 821円
    作家 渡辺淳一
    出版社 ゴマブックス
    販売開始日 2016/01/22

    1時間ほどで終わる予定の、子宮筋腫の摘出手術を受けた妻・邦子だったが、麻酔のミスが原因で意識が戻らず、植物状態に陥ってしまう......。 医療過誤が原因となり、変わっていく夫婦の在り方、子ども...

  • 孤舟 702円
    作家 渡辺淳一
    出版社 ゴマブックス
    販売開始日 2016/01/22

    主人公の大谷威一郎は、大手広告代理店常務を務め、関連会社子会社の社長ポストの内示を蹴って、定年退職をする。定年退職後は、楽しい第二の人生が待ち構えているかと思いきや、家族に対しては相変わらず威張...

  • 花埋み 540円
    作家 渡辺淳一
    出版社 ゴマブックス
    販売開始日 2016/01/22

    日本最初の女医である、荻野吟子。テレビドラマ化、舞台化もされた渡辺作品の感動長編の一つ。 18歳で結婚した吟子は、夫からうつされた病気が原因で、子どもができない身体となってしまい、離縁されてしま...

  • 雲の階段 (1~2巻) 475円626円
    作家 渡辺淳一
    出版社 ゴマブックス
    販売開始日 2016/01/22

    三郎は、島でただ一人の医者がいる診療所で助手を勤め、その手先の器用さを買われ、医師資格を持たない身ながら診療を行っていた。 所長が、島外へ出かけたあるとき、急患が運び込まれてくる。東京から友達と...

  • あじさい日記 (1~2巻) 594円
    作家 渡辺淳一
    出版社 ゴマブックス
    販売開始日 2016/01/22

    開業医の川嶋省吾は、美人の妻と2人の子どもに恵まれ、愛人とも順調にいっている。 しかし、ある日、偶然にも妻の日記を読んでしまったことから、少しずつ歯車が狂い始める。 妻はどこまで知っているのか?...

  • 別れぬ理由 454円
    作家 渡辺淳一
    出版社 ゴマブックス
    販売開始日 2016/01/22

    現代の夫婦とは? 結婚して17年目を迎えた、速見修平と妻・房子。 お互いに愛人がいることがわかり、相手に対し、疑心暗鬼になり、揺れ動きつつも、紆余曲折を経て奇妙な安定期に入る。 夫婦の抱える問題...

  • 冬の花火 767円
    作家 渡辺淳一
    出版社 ゴマブックス
    販売開始日 2016/01/22

    昭和短歌界に颯爽と出現した中城ふみ子。 彼女の歌集『乳房喪失』は、歌集として異例のベストセラーとなる。 その美貌と才能に恵まれながらも、乳がんを患い、激しく生き抜き、31歳で夭折した女流歌人・中...

  • 遠き落日 (1~2巻) 464円648円
    作家 渡辺淳一
    出版社 ゴマブックス
    販売開始日 2016/01/22

    第14回吉川英治文学賞受賞作品! 人間・野口英世を余すことなく描き切った傑作長編伝記。 1876年、貧農の家に生まれた野口英世は、やけどによって左手の自由を失う。 しかし、驚異的な忍耐力で自らに...

  • 鈍感力 432円
    作家 渡辺淳一
    出版社 ゴマブックス
    販売開始日 2016/01/08

    鋭敏で聡明なことが優れていると言われるが、果たしてそうであろうか? 医師、作家としての経験などを通じて、小さなことでも動じない一種の「鈍さ」が、この先が見えない不透明な時代をたくましく生き抜く源...

  • 化身 (1~2巻) 864円918円
    作家 渡辺淳一
    出版社 ゴマブックス
    販売開始日 2016/01/08

    巷で人気のある文芸評論家・秋葉大三郎。 ある日、銀座のクラブ「魔呑(マノン)」で働いている、若い霧子と出逢う。 純粋で初心な霧子に、女としての蕾を見出し、自らの理想の女性にしようと惜しみない愛を...

  • 化粧 (1~2巻) 918円
    作家 渡辺淳一
    出版社 ゴマブックス
    販売開始日 2016/01/08

    京都・祇園の料亭に生まれた、美しき三姉妹それぞれの生き様。 一番上の頼子は舞妓から転じて銀座のクラブのママになる。頼子には、舞妓時代、双子の鈴子が犯され、客の熊倉の子を身籠り自殺といった凄惨な過...

  • 幸せ上手 918円
    作家 渡辺淳一
    出版社 講談社
    販売開始日 2015/02/11

    長い人生、いつも順風満帆というわけにはいきません。どうにも調子が悪い、頑張ってもうまくいかない。そんなときこそ、幸せ上手な人と、幸せ下手な人との違いがでます。では、どうすればいいのでしょうか? ...

  • エロスの記憶 文藝春秋「オール讀物」官能的コレクション... 600円
    作家 オール讀物編集部編 小池真理子 桐野夏生 村山由佳 桜木紫乃 林真理子 岸惠子 フィリップ・トルシエ 高橋克彦 井上理津子 東海林さだお 鹿島茂 角幡唯介 本橋信宏 花房観音 春日太一 柴門ふみ 大矢博子 北尾トロ 南伸坊 平松洋子 川上宗薫 団鬼六 阿部牧郎 永田守弘 渡辺淳一 弘兼憲史 野坂昭如 勝目梓 石田衣良 山田風太郎 池田満寿夫 佐藤陽子
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2014/05/22

    小説誌の雄『オール讀物』編集部がお贈りする、文藝とエロスの豪華絢爛コラボレーション! 近年オール讀物が掲載した、性とエロスの香り漂う創作や特集記事を再編集し、一冊にまとめたのがこの『エロスの記憶...

  • 天上紅蓮 637円
    作家 渡辺淳一
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2013/11/29

    史上、これほど愛された女性がいたろうか――時の最高権力者・白河法皇と、その養女にして最愛の恋人・待賢門院璋子(たまこ)。法皇63歳、璋子15歳。およそ50歳も離れた2人の“禁断の愛”は、平安とい...

  • 白夜 青芝の章 583円
    作家 渡辺淳一
    出版社 中央公論新社
    レーベル 中公文庫
    販売開始日 2012/11/09

    初の大手術、論文発表、愛する女性との邂逅――様々な現実の中で外科医として成長していく道程を描く自伝的長篇第三弾

  • シャトウ ルージュ 760円
    作家 渡辺淳一
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2012/11/09

    フランスの古城で「調教」される美貌の人妻。その裸身を覗き見る医師の夫。背徳の行為の結末には何が?

  • 白夜 野分の章 648円
    作家 渡辺淳一
    出版社 中央公論新社
    レーベル 中公文庫
    販売開始日 2012/11/09

    医学への未練と将来への不安を断ち切り、作家を志し、旅立つ青年医師の青春の軌跡。自伝的長篇小説、堂々の最終巻。

  • 白夜 彷徨の章 583円
    作家 渡辺淳一
    出版社 中央公論新社
    レーベル 中公文庫
    販売開始日 2012/11/09

    北の都で医学の道を歩む日々。女性に夢を抱きつつ人間の生理に直面する医学生の青春と心の軌跡を刻む自伝的長篇第一弾

  • 白夜 緑陰の章 518円
    作家 渡辺淳一
    出版社 中央公論新社
    レーベル 中公文庫
    販売開始日 2012/11/09

    医学と文学の岐路に立ち苦悩する青年外科医の内面を、清冽な北海道を舞台に瑞々しい筆致で描いた自伝的長篇第四弾。

セーフサーチの状態