読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

「滝口康彦」の作品一覧

11件中1-11件 (1/1ページ)
  • レジェンド歴史時代小説 粟田口の狂女 778円
    作家 滝口康彦
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2016/06/10

    伊達勢大軍による味方討ちで、神保隊三百余名は哀れ全滅する。伊達の権勢に遠慮した家康側は、この事件を闇にほうむろうとした。真相を知り、娘婿神保長三郎の無念を思いやる老女お勝は、ひそかに一計を案じて...

  • [新装版]真田幸村―「弱者」の必勝戦術ここにあり 1512円
    作家 江坂彰 白石一郎 百瀬明治 土門周平 南原幹雄 滝口康彦 新井英生
    出版社 プレジデント社
    販売開始日 2016/01/13

    わずか約2500の軍勢で3万8000の徳川大軍を翻弄し退けた知謀の男とは何者だったのか!? 名著者たちの論考でその実態に迫る、「日本一のつわもの」を読み解くためのアンソロジー。 【目次より】...

  • 落日の鷹 540円
    作家 滝口康彦
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2015/02/11

    天正12年、九州の雄だった竜造寺隆信が戦死し、佐賀35万石の藩主の地位は、隆信の家臣だった鍋島氏に引き継がれた。異例のこの交代劇は、表面おだやかにみえたが、竜造寺家につながる人々にとって、次第に...

  • 葉隠無残 540円
    作家 滝口康彦
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2015/02/11

    急死した姉に代わって義兄の後添えにと望まれたみなは、そこで初めて驚くべき真相を知らされた。姉は病死ではなく、若党と密通し、それを目撃した義兄に成敗されたのだという。愛妻の裏切りにも毅然と武士道(...

  • 遺恨の譜 540円
    作家 滝口康彦
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2015/02/11

    薩摩藩の勤王派による先走りを、上意によって阻もうとした寺田屋の変。辛くも生き残った志士たちは、国元へ送り返されたかにみえたが、長州とのリーダーシップ争いに腐心する薩摩藩としては、若者たちに苛酷な...

  • 猿ケ辻風聞 540円
    作家 滝口康彦
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2015/02/11

    動乱の幕末、尊攘派の公卿姉小路公知は、京都猿ケ辻で刺客に襲われ、非業の死をとげた。刺客の持っていた刀が薩摩の田中新兵衛の差料だったことから彼が容疑をかけられるが、刀は盗まれたものと主張して自決す...

  • 薩摩軍法 540円
    作家 滝口康彦
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2015/02/11

    ひっそり暮らす田舎の老爺与茂作に、突然七十万石の太守島津家久から呼び出し命令がきた。「きっとあのことじゃ」と胸に覚えのある与茂作は腰をぬかしそうになる。40年も前の戦場で起きたあの出来事こそ、薩...

  • 恨み黒髪 540円
    作家 滝口康彦
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2015/02/11

    猛将立花道雪のもとで、長い滞陣をもて余した35人がひそかに家庭に戻った。これを知った道雪は成敗を命じ討つ手が35人のもとに走った。三杉右京の新妻真砂は、討つ手として訪れた夫の親友甲斐源吾に向かい...

  • 拝領妻始末 540円
    作家 滝口康彦
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2015/02/11

    会津藩主松平正容の愛妾お市の方は男子を生んだが、藩主の気まぐれから家臣笹原与五郎の妻として生きる。夫や舅にいたわられる幸せな一時の後、突如再び藩に戻された。彼女の生んだ子がお世継ぎとなったのだ。...

  • 一命 432円
    作家 滝口康彦
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2015/02/11

    病床の妻子を置いて家を出た浪人は、なぜ自ら命を絶ったのか?―二度映画化され、二度ともカンヌ国際映画祭に出品された不朽の名作「異聞浪人記」の他、武家における殉死の意味を問う「高柳父子」、家族愛を描...

  • 謀殺 540円
    作家 滝口康彦
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2015/02/11

    竜造寺隆信は、柳川城主蒲池民部大輔を宴に招き、討ち取ろうと企てる。使者は西岡美濃。美濃は竜造寺家切っての正直者として名高い。彼が「身の危険などなし」と告げ、相手を信用させるわけである。果たして美...

  • 1
セーフサーチの状態