読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

「田辺聖子」の作品一覧

10件中1-10件 (1/1ページ)
  • おかあさん疲れたよ(下) 637円
    作家 田辺聖子
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2016/04/08

    あぐりと思わぬ再会を果たした昭吾。愛読者で年下の好青年・無敵と惹かれあう美 未。家族を大切に思う気持ちをお互いに抱く二人にめぐる、取り返せない歳月を共に した男女の哀歌と、求め合う男と女の不思議...

  • うたかた 617円
    作家 田辺聖子
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2016/04/08

    アイツにとって、俺は、うたかたのような存在でしかなかったのかもしれない。でもあの時の幸福は、うたかたではなかったと思う――。チンピラの焦がれる恋を描く表題作ほか、大阪で彼を待つタミ子や、障害を持...

  • 男の城 540円
    作家 田辺聖子
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2016/04/08

    マイホームができてみると、設計図の書斎は子供部屋に化けていた。桐原は怒った。妻や義母から逃避する書斎こそ、夢にまで見た男の城ではないか。そしてやっと手に入れた書斎は廊下脇の貧相な部屋。それでも桐...

  • ひねくれ一茶 926円
    作家 田辺聖子
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2016/04/08

    江戸の荒奉公で苦労の末、好きな俳諧にうち込み、貧窮の行脚俳人として放浪した修業時代。辛酸の後に柏原に帰り、故郷の大地で独自の句境を確立した晩年。ひねくれと童心の屈折の中から生まれた、わかりやすく...

  • 春情蛸の足 648円
    作家 田辺聖子
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2016/04/08

    「熱、つつ、つ」。偶然たどりついた店で出会った、いとしのお好み焼き。初恋の相手に連れて行かれた理想のおでん。彼女の食べる姿に惚れたきつねうどんにたこやき。妻が味を再現できないすきやき。そして離婚...

  • もと夫婦 540円
    作家 田辺聖子
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2015/02/11

    何気ない日常生活にひそむ、おかしさ、愚かしさ、そして愛の喜びと悲しみを、関西弁の味を心憎いまでに駆使して描く田辺聖子独自のユーモア世界......別れた夫婦が喧嘩をくり返しながら、いつのまにか元...

  • 宮本武蔵をくどく法 540円
    作家 田辺聖子
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2015/02/11

    遠大な計画は胸に隠して、〈かわゆい〉魅力を大きく育て、上手に誘って楽しみましょう。きっと結婚につながる恋の秘術が、確かに身につくとっておきの話。家つき男をくどく法、女闘士をくどく法、年下男をくど...

  • 私本・イソップ物語 540円
    作家 田辺聖子
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2015/02/11

    奸智にたけながら結局不如意な狐、愚かで粗暴で純情な狼、立派すぎる正義漢の犬、甘くてかわいい娘兎、臆病な権力者の獅子、何でも商売の狸......動物好きの著者が生き生きと語る、抱腹絶倒の現代版イソ...

  • ぼちぼち草子 540円
    作家 田辺聖子
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2015/02/11

    大阪人は、「ぼちぼちにいく」のを好む。バランスよく世渡りする、自分の甲羅に似せた穴を掘る、まあ何とかアタックする、あまり手を拡げなくともよいなどの気分、一種の処世方針の表明なのであるが........

  • 無常ソング 540円
    作家 田辺聖子
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2015/02/11

    母親の葬式で、和讃にギター伴奏をつける若者。その奔放さに中年男は苦々しい顔をする。「まあ、ええやないか」と分りがいいのは坊さん。その若者も最後にはご詠歌、つまり無常ソングを合唱しつつ涙を流し、中...

  • 1
セーフサーチの状態