読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

「田辺聖子」の作品一覧

29件中1-24件 (1/2ページ)
  • ぼちぼち草子 550円
    作家 田辺聖子
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2019/07/18

    バランスのよい世渡りを好む大阪的知恵で、現代人の抱える難問に、解答を考える名著。

  • 私本・イソップ物語 550円
    作家 田辺聖子
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2019/07/18

    動物たちのいじらしさを描いて、人間という生き物を深く考える、知恵と笑いの傑作集。

  • とりかえばや物語 1265円
    作家 田辺聖子
    出版社 講談社
    販売開始日 2019/07/18

    読みやすい総ルビ、カラーさし絵、本文中の豊富な用語解説で、古典文学にはじめて出会う子供の理解を助ける、文学全集の決定版

  • 無常ソング 550円
    作家 田辺聖子
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2019/07/18

    冠婚葬祭での人間ドラマを軽妙に描く連作小説集。中年男のやるせなさが大阪弁で身にしみる。

  • 宮本武蔵をくどく法 550円
    作家 田辺聖子
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2019/07/18

    くどき上手とくどかれ上手、男と女が二人で幸せをつかむ法。甘く楽しい12の恋愛小説。

  • もと夫婦 550円
    作家 田辺聖子
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2019/07/18

    日常生活にひそむおかしさ、愚かしさ、そして愛の喜びと悲しみを、関西弁の味を駆使して描く田辺聖子独自のユーモア世界......。

  • 不倫は家庭の常備薬 新装版 692円
    作家 田辺聖子
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2019/07/15

    正しいよそ見を知れば夫婦関係は潤滑になる。不倫とは何ぞやを知り、うまく距離感を持って利用すれば、家庭は平和で潤う!?

  • 春情蛸の足 660円
    作家 田辺聖子
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2019/07/15

    高すぎず安すぎず、食べたいおでんを求め歩く表題作をはじめとした、食と恋にまつわる短編8編。

  • 蝶花嬉遊図 493円
    作家 田辺聖子
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2019/07/15

    30歳の時に妻子ある50代の男・レオに出会ったモリ。売れっ子脚本家という仕事よりも、レオとの恋の生活は「幸福の極限」だった。

  • 薄荷草の恋 550円
    作家 田辺聖子
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2019/07/15

    女だって、見栄も意気地も、意地っ張りもある。私にとってのアロマセラピーは、アイツの大阪弁かもしれない。

  • うたかた 628円
    作家 田辺聖子
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2019/07/15

    うたかたのような存在の男の恋、大阪と東京の恋愛、障害を抱えた女の想い、妙齢女性作家の秘密、好きな男の後を追った旅......

  • ひねくれ一茶 943円
    作家 田辺聖子
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2019/07/15

    貧窮と自己矛盾の中で放浪しつつ、独自の世界を深めていった俳人を、描き切った傑作。

  • おかあさん疲れたよ (1~2巻) 649円692円
    作家 田辺聖子
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2019/07/15

    昭和十八年、動員先の兵器工場で会った昭吾とあぐり。敗戦、復興と目まぐるしく変る世相の中で二人は、運命に翻弄され続けるが......。

  • 男の城 550円
    作家 田辺聖子
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2019/07/15

    マイホームができてみると、設計図の書斎は子供部屋に化けていた――。マイホームで健気に生きる男たちを絶妙な語り口で描く傑作集。

  • 私的生活 550円
    作家 田辺聖子
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2019/07/14

    財閥の御曹司と結婚した乃里子。高台のマンションで何でも買える結婚生活は、しかし「私」の生きる場所ではないと気付いていく。

  • 言い寄る 583円
    作家 田辺聖子
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2019/07/14

    充実している人生だけと、一番好きな五郎にだけは言い寄れない。負け犬の遠吠え、SATCの元祖がついに登場

  • どんぐりのリボン 561円
    作家 田辺聖子
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2019/07/14

    「女は家庭に入るべき」とぶちあげた健太と口論になった五月が知った、本当に大切なもの。感動を約束する名作恋愛小説。

  • 苺をつぶしながら 550円
    作家 田辺聖子
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2019/07/14

    剛との結婚解消とともに中谷財閥からも解放されて、仕事も友情も取り戻した乃里子。一人暮らし以上の幸せってないんじゃない?

  • うたかた 628円
    作家 田辺聖子
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2016/04/08

    アイツにとって、俺は、うたかたのような存在でしかなかったのかもしれない。でもあの時の幸福は、うたかたではなかったと思う――。チンピラの焦がれる恋を描く表題作ほか、大阪で彼を待つタミ子や、障害を持...

  • 男の城 550円
    作家 田辺聖子
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2016/04/08

    マイホームができてみると、設計図の書斎は子供部屋に化けていた。桐原は怒った。妻や義母から逃避する書斎こそ、夢にまで見た男の城ではないか。そしてやっと手に入れた書斎は廊下脇の貧相な部屋。それでも桐...

  • ひねくれ一茶 943円
    作家 田辺聖子
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2016/04/08

    江戸の荒奉公で苦労の末、好きな俳諧にうち込み、貧窮の行脚俳人として放浪した修業時代。辛酸の後に柏原に帰り、故郷の大地で独自の句境を確立した晩年。ひねくれと童心の屈折の中から生まれた、わかりやすく...

  • 春情蛸の足 660円
    作家 田辺聖子
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2016/04/08

    「熱、つつ、つ」。偶然たどりついた店で出会った、いとしのお好み焼き。初恋の相手に連れて行かれた理想のおでん。彼女の食べる姿に惚れたきつねうどんにたこやき。妻が味を再現できないすきやき。そして離婚...

  • おかあさん疲れたよ(下) 649円
    作家 田辺聖子
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2016/04/08

    あぐりと思わぬ再会を果たした昭吾。愛読者で年下の好青年・無敵と惹かれあう美 未。家族を大切に思う気持ちをお互いに抱く二人にめぐる、取り返せない歳月を共に した男女の哀歌と、求め合う男と女の不思議...

  • もと夫婦 550円
    作家 田辺聖子
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2015/02/11

    何気ない日常生活にひそむ、おかしさ、愚かしさ、そして愛の喜びと悲しみを、関西弁の味を心憎いまでに駆使して描く田辺聖子独自のユーモア世界......別れた夫婦が喧嘩をくり返しながら、いつのまにか元...

セーフサーチの状態