読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

「船戸与一」の作品一覧

33件中25-33件 (2/2ページ)
  • 国家と犯罪 825円
    作家 船戸与一
    出版社 小学館
    販売開始日 2013/04/05

    冒険小説の雄が世界の辺境を歩いた傑作ルポ

  • 緋色の時代 (1~2巻) 891円
    作家 船戸与一
    出版社 小学館
    販売開始日 2013/03/15

    混迷のロシアを舞台にマフィアの大抗争を描く超大作の第1巻!

  • 新宿・夏の死 1001円
    作家 船戸与一
    出版社 小学館
    販売開始日 2012/10/25

    闇深い街に多様にうごめく人間の情念を描く

  • 血と夢 増補新版 550円
    作家 船戸与一
    出版社 徳間書店
    販売開始日 2012/10/01

    ソ連侵攻後のアフガニスタンに元自衛隊陸幕一尉の壱岐一平が、ジャーナリストとして潜入した。彼はアメリカ国防情報局(DIA)の非合法員(イリーガル)だった。

  • 蝦夷地別件 (1~3巻) 825円935円
    作家 船戸与一
    出版社 小学館
    レーベル 小学館文庫
    販売開始日 2012/10/01

    アイヌ民族最後の蜂起を描く超大作の第1巻

  • 非合法員〈新装版〉 605円
    作家 船戸与一
    出版社 徳間書店
    販売開始日 2012/10/01

    神代恒彦はCIAの非合法員(イリーガル)だ。国際政治の裏で暗躍する組織と非業の死。冒険小説の幕開けとなった傑作。

  • 流沙の塔 (全2巻) 660円
    作家 船戸与一
    出版社 徳間書店
    販売開始日 2012/10/01

    天山山脈の山間の町イーニン。殺されたロシア女性の身元をたどるうち、海津は新疆ウイグル自治区で民族対立、組織の抗争、公安と軍部の確執の渦中に......。

  • 緑の底の底 660円
    作家 船戸与一
    出版社 徳間書店
    販売開始日 2012/10/01

    ぼくは日系三世で、カラカス大学の学生。ベネズエラとコロンビアの国境で、叔父を待っていた。 オリノコ河を遡るカヌーの旅は、惨劇の始まりだった。

  • 緋色の時代 (全2巻) 825円
    作家 船戸与一
    出版社 徳間書店
    販売開始日 2012/10/01

    アフガン戦争から帰還した兵士アフガンツィ。ソ連崩壊後、行き場のない彼らはその経験と戦闘能力を生かし、マフィアとして、腐敗したロシア社会を生き抜いてゆく。

セーフサーチの状態