読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

「芝木好子」の作品一覧

6件中1-6件 (1/1ページ)
  • 春の散歩 660円
    作家 芝木好子
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2020/01/17

    心に残る人と旅の思い出、美とのふれ合い、趣味の楽しみ。著者が生れ育った下町の暮しと、移りゆく世相への哀惜をこめた、名随筆集。

  • 築地川・葛飾の女 660円
    作家 芝木好子
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2020/01/10

    芸術を志し、胸奥に火を抱く、繊細で華奢な女たちの、ひたむきな生をうたいあげた、下町の感性を受け継ぐ、女三代記の名作2編。

  • 紫の山 660円
    作家 芝木好子
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2019/12/20

    表題作、「白萩」「変身」「隠れ谷」「双生」「二つの棺」「晩秋」。揺れ動く微妙な女性の心の襞を細やかに描き上げた7つの名作集。

  • 京の小袖 660円
    作家 芝木好子
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2019/12/20

    「幻の辻ケ花」と呼ばれる家康着用の小袖を京都・南禅寺でかつての恋人とともに見る女......。現代の女の生き方を問う名品8編。

  • 下町の空 660円
    作家 芝木好子
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2019/12/20

    芸大で邦楽に打込む築地川育ちの下町っ子。先輩の新進演奏家との恋の行方は......。愛の波紋のさまざまを鮮やかに描く恋愛小説集。

  • 牡丹の庭 660円
    作家 芝木好子
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2019/12/13

    後妻は、色濃く残る先妻の幻影に怯え、彼女が丹精した牡丹の庭に憎悪すら覚えるようになる。女性の微妙な心のゆらめきと翳りを描く。

  • 1
セーフサーチの状態