読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

「藤田宜永」の作品一覧

33件中1-24件 (1/2ページ)
  • 女系シリーズ (1~2巻) 880円1078円
    作家 藤田宜永
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2021/08/12

    森川崇徳59歳。女系家族に生まれ、現在は母、姉、娘、姪、そして二匹の牝猫ら女たちに翻弄される毎日に舞い降りた新たな恋......。

  • 異端の夏 880円
    作家 藤田宜永
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2021/02/19

    軽井沢の別荘地で少年が消えた。わが子の不慮の死から妻と別れた過去をもつ刑事は、事件を追いながら被害少年の母に惹かれていく...。

  • 彼女の恐喝 968円
    作家 藤田宜永
    出版社 実業之日本社
    レーベル 実業之日本社文庫
    販売開始日 2021/02/05

    藤田宜永 最後の作品 驚愕の犯罪×心理サスペンス 屈折した愛のカタチ―― 闇を持つ者たちが交錯する 心理サスペンスの極北! 奨学金を利用し、六本木のクラブで働く大学4年生、圭子。台風が襲っ...

  • 子宮の記憶 ここにあなたがいる 1026円
    作家 藤田宜永
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2021/01/15

    生後3日で連れ去られた過去を持つ17歳の真人は、実母の愛を充分に受けずに育った。かつて自分を誘拐した女と夏を過ごすが......。

  • 罠に落ちろ 影の探偵’87 913円
    作家 藤田宜永
    出版社 徳間書店
    レーベル 徳間文庫
    販売開始日 2021/01/15

    父が窃盗の片棒を担ごうとしている。止めてほしい......。 依頼を受けた私立探偵の影乃は犯行予定の日、谷内義光の家に向かった。 短時間監禁し犯行への参加を未然に防ぐつもりだ。しかし、そこにあっ...

  • 壁画修復師 660円
    作家 藤田宜永
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2021/01/15

    フランスの田舎町を渡り歩きながら中世フレスコ画の修復に打ち込む、孤独で風変わりな日本人男性。人生の哀歓と男の手仕事の魅力。

  • 樹下の想い 734円
    作家 藤田宜永
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2020/12/11

    秘めたる激情、大人の恋愛小説。花材職人と華道家元令嬢が20余年、思いやり求めあった究極の恋。恋の至極は「忍ぶ恋」。

  • 奈緒と私の楽園 791円
    作家 藤田宜永
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2020/06/09

    何たることだろうか。 私は確実に退行しているのだった。 (中略) 奈緒が童話を読み、女の豊かさの象徴とも言える大きな乳房で 私のモノを愛撫するようになってから、自分はさらに退行していった。 ――...

  • 激動 東京五輪 1964 748円
    作家 大沢在昌 藤田宜永 堂場瞬一 井上夢人 今野敏 月村了衛 東山彰良
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2020/04/15

    1964年、東京。オリンピックに沸く街で、男たちは何を思い、何を目指したのか。当代きっての書き手が集うミステリー競作長編!

  • 大雪物語 726円
    作家 藤田宜永
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2019/12/13

    想定外の事態に右往左往する人々の悲喜こもごもを直木賞作家が綿密にかつ温かく活写したオムニバス短編作品集。吉川英治文学賞受賞

  • ブルーブラッド 1980円
    作家 藤田宜永
    出版社 徳間書店
    販売開始日 2019/11/22

    復員した貝塚透馬は衝撃的な事実を知る。両親が殺されたーー。国際謀略渦巻く戦後の東京を舞台に描かれる愛と憎悪の復讐劇!

  • 老猿 943円
    作家 藤田宜永
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2019/07/17

    平凡な男に、冒険の時が訪れる。私が住む軽井沢の別荘の向かいには変わった老人がいた。高村光雲の彫刻“老猿”のような......

  • 喜の行列 悲の行列 (1~2巻) 817円
    作家 藤田宜永
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2019/07/15

    宝福喜朗は、地味で目立たない定年間近のサラリーマン。今年の大晦日は、妻と娘のために、デパートの福袋目当てに行列に加わった。

  • 小説現代 (1~55巻) 700円1019円
    作家 講談社 浅田次郎 五木寛之 真保裕一 乃南アサ 藤田宜永 山本一力 ほか
    出版社 講談社
    レーベル 小説現代
    販売開始日 2021/10/01

    豪華執筆陣による多彩な連載小説。エッセイ、コラムも充実。ボリュームたっぷりの「小説現代」をお手元の端末で。

  • 血の弔旗 1320円
    作家 藤田宜永
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2019/07/01

    重罪を犯し、大金を手にした男たち。彼らは一時「成功」したが、時効直前に不穏な影が。昭和の時代と風俗を活写したサスペンス巨編!

  • 怒鳴り癖 815円
    作家 藤田宜永
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2018/10/06

    旅行代理店を経営する五十代の男が、ある晩仕事帰りに待ち伏せされ、二人組の男に暴行を受けた。物盗りの犯行ではない。怒鳴り散らす癖のある男は自分に恨みがある者の犯行ではと疑うが......。 表題作...

  • 探偵・竹花 帰り来ぬ青春 792円
    作家 藤田宜永
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2018/04/20

    竹花のパリ時代の旧友で、有名作家の国分英二郎の遺体が軽井沢の別荘で発見された。警察は自殺と決めつけ、事件とはならなかったが、竹花は現場の状況に違和感を感じた。やはり自殺を疑う国分の娘・麗子の依頼...

  • 喝采 1474円
    作家 藤田宜永
    出版社 早川書房
    レーベル 単行本
    販売開始日 2017/10/23

    1972年東京。探偵にとってその街はあまりにも優しすぎた――直木賞作家がチャンドラーに捧げる私立探偵小説の新たなる正統!

  • タフガイ 2178円
    作家 藤田宜永
    出版社 早川書房
    レーベル ハヤカワ・ミステリワールド
    販売開始日 2017/10/23

    『ミステリが読みたい! 2015年版』国内篇6位『喝采』の待望の続篇!

  • 影の探偵 〈新装版〉 770円
    作家 藤田宜永
    出版社 徳間書店
    レーベル 徳間文庫
    販売開始日 2017/08/03

    美貌の女探偵・唐渡美知子と過去に陰を持つ私立探偵・影乃の異色コンビ。金と欲の渦巻くバブル期東京を舞台に、凶悪事件を追う!

  • 銀座千と一の物語 804円
    作家 藤田宜永
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2017/01/20

    銀座は、すべてを教えてくれる―― だれもが憧れる街、銀座。そこには恋も、挫折も、野心も、生きがいもある。 なにかを期待するから、この街に男も女も引き寄せられ、なにかが起きるから、人生は彩られて...

  • 喜の行列 悲の行列 下 817円
    作家 藤田宜永
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2016/05/13

    列をなすのは謎に包まれた人ばかり。どの福袋を狙っているのかさえ互いに明かさない。一癖ある面々と夜を明かし、その人生を垣間見るにつれ、「行列は苦行」そう思い込んでいた喜朗の心は解(ほぐ)れていく。...

  • 喜の行列 悲の行列 上 817円
    作家 藤田宜永
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2016/05/13

    宝福喜朗(ほうふくよしろう)は、そのおめでたい名前とは裏腹に地味で平凡なサラリーマンだ。「福袋の行列に並んで欲しい」。家でのんびりと年を越すはずが、妻と娘にせがまれ、今年は寒空の下へ送り出されて...

  • 哀しき偶然(小学館文庫) 715円
    作家 藤田宜永
    出版社 小学館
    レーベル 小学館文庫
    販売開始日 2015/02/13

    豪邸に住む正体不明の美女を訪れた、アメリカ帰りのモダン・ボーイ的矢健太郎はボディガードを依頼された。その間もなく女は殺されたうえに死体が持ち去られた。事件の背景を探ると新興財閥の複雑な人間関係と...

セーフサーチの状態