読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

「講談社」の作品一覧

13件中1-13件 (1/1ページ)
  • 講談名作文庫11 由井正雪 540円
    作家 講談社
    出版社 講談社
    掲載誌 講談名作文庫
    販売開始日 2015/02/11

    駿河国由井の里に生まれた天才児正雪が、勤王の志に燃え、莫大な軍用金と大勢の剣客・豪傑を集め、徳川幕府を倒そうと企てる。丸橋忠彌、牧野兵庫、柴田三郎兵衛など名だたる人物を仲間に大活躍をみせるが、つ...

  • 講談名作文庫5 赤穂義士銘々伝 540円
    作家 講談社
    出版社 講談社
    掲載誌 講談名作文庫
    販売開始日 2015/02/11

    浅野内匠頭殿中の刃傷、内匠頭の切腹と片岡源五右衛門、母と仲間の殉死になく武林唯七、義士の統領大石内蔵助良雄、堀部安兵衛高田馬場の仇討ち、大高源吾、中村勘助東くだり、神崎与五郎かながきのわび証文、...

  • 講談名作文庫13 荒木又右衛門 540円
    作家 講談社
    出版社 講談社
    掲載誌 講談名作文庫
    販売開始日 2015/02/11

    「荒木の前に荒木なく、荒木の後に荒木なし」と後の世までも謳われた大剣士荒木又右衛門。宝蔵院覚禅坊、柳生十兵衛、塚原卜伝の三名人から奥義を授けられ、武者修行に出ても敵する者はいない。義弟渡邊数馬に...

  • 講談名作文庫6 太閤記 540円
    作家 講談社
    出版社 講談社
    掲載誌 講談名作文庫
    販売開始日 2015/02/11

    尾張愛知郡中村の農家に生まれた日吉丸は、青雲の志を抱いて家を飛び出し、やがて織田信長に仕える。卓越した手腕、生来の人情味によって、木下藤吉郎、羽柴筑前守と名を変えつつ異数の出世を遂げ、信長亡きあ...

  • 講談名作文庫1 真田幸村 540円
    作家 講談社
    出版社 講談社
    掲載誌 講談名作文庫
    販売開始日 2015/02/11

    徳川の大軍を向こうにまわしてびくともしなかった大阪方の強みは、軍略の神真田幸村のいたことだ。自製の新兵器地雷火大砲を用い、たくさんの忍術者を八方にとばし、敵の総大将家康を幾度となく追い詰める。大...

  • 講談名作文庫2 水戸黄門 540円
    作家 講談社
    出版社 講談社
    掲載誌 講談名作文庫
    販売開始日 2015/02/11

    天下の副将軍として諸大名を縮み上がらせた水戸光圀公。隠居してからは百姓姿に身をやつし、助さん格さんという剣術の名人をお供に連れ、諸国漫遊に出かけた。お役人やお侍が、百姓爺だと馬鹿にすると、あに図...

  • 講談名作文庫4 柳生旅日記 540円
    作家 講談社
    出版社 講談社
    掲載誌 講談名作文庫
    販売開始日 2015/02/11

    父但馬守の腕試しにあって右目を失った十兵衛は、将軍の密命をおびて西国を旅する。沢庵和尚に粗暴を諭され、独眼竜片目はずしの正眼を編み出し、名高き剣豪たちと術を競いながら、薩摩藩へ乗り込む。

  • 講談名作文庫7 鼠小僧次郎吉 540円
    作家 講談社
    出版社 講談社
    掲載誌 講談名作文庫
    販売開始日 2015/02/11

    十二歳にして世情に義憤を感じ、善悪の見境なく義侠心を振り回す次郎吉は、親に勘当され、京阪まで男修行の旅に出る。貧しき者を救い不善をなす者を挫くその義侠心と人情味。生粋の江戸っ子魂、鼠小僧次郎吉、...

  • 講談名作文庫3 大岡政談 540円
    作家 講談社
    出版社 講談社
    掲載誌 講談名作文庫
    販売開始日 2015/02/11

    厳正さと人情を失わない名裁きによって江戸市民の喝采を浴び、名奉行の名を残した大岡越前守忠相。扱った多くの公事の中でも、最も許しがたいのは天一坊の偽ご落胤騒動だった。切腹まで覚悟した事件の顛末はいかに。

  • 講談名作文庫9 猿飛佐助 540円
    作家 講談社
    出版社 講談社
    掲載誌 講談名作文庫
    販売開始日 2015/02/11

    十歳で戸沢白雲斎より忍術を教わり、修行ののち免許皆伝となった佐助は、十六歳で幸村と出会い家来になる。得意の忍術をもって諸国を漫遊中、至る所で弱者を扶けて強者を挫く。彦根の城下に伊井を脅かし、江戸...

  • 講談名作文庫10 一休和尚漫遊記 540円
    作家 講談社
    出版社 講談社
    掲載誌 講談名作文庫
    販売開始日 2015/02/11

    幼くして仏門に入り、大徳寺で禅の道を究めた一休和尚。並外れた知恵と頓智で、閻魔様から将軍様までまわりの者を笑わせながら、有り難い仏の教えを説く。「このはしわたるべからず」の立て札を尻目に堂々と橋...

  • 講談名作文庫8 いれずみ奉行 540円
    作家 講談社
    出版社 講談社
    掲載誌 講談名作文庫
    販売開始日 2015/02/11

    桜吹雪のいれずみに世情に通じた名裁き。その名も高いご存じ遠山の金さん。一途な忠誠心を買われて北町奉行に推挙され、権勢欲の権化、鳥居耀蔵一味を駆逐して江戸市民の喝采を浴びる。名奉行の一代記。

  • 講談名作文庫12 快傑自来也 540円
    作家 講談社
    出版社 講談社
    掲載誌 講談名作文庫
    販売開始日 2015/02/11

    蝦蟇の上で呪文を唱え、印を結ぶ義賊自来也。あるときは雷獣を手捕りにし、またあるときは仇討ちの後ろ盾になり、出没自在の大立ち回り。佐渡島に籠れる大蛇丸一味と攻防激戦、日本海を挟んで術合戦が炸裂する...

  • 1
セーフサーチの状態