読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

「豊田穣」の作品一覧

20件中1-20件 (1/1ページ)
  • 悲運の大使 野村吉三郎 918円
    作家 豊田穣
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2018/12/28

    和平か戦争か、国家の命運を託された男の生涯をたどる。外交舞台での活躍と海軍きってのアメリカ通を買われ、特命全権大使として対米折衝に奔走したが、その結果は......。最後通牒1時間前に真珠湾攻撃...

  • 心臓告知 810円
    作家 豊田穣
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2018/11/23

    「はっきり告知された方がいいと思いますね。僕は......それが自分の場合であっても」ーー医者は私の顔を見つめながら「3年です」とはっきりした発音でそれを告げた――。古稀を迎えて、戦死した海軍の...

  • 戦艦武蔵レイテに死す(下) 594円
    作家 豊田穣
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2018/11/23

    1発や2発の被弾被雷では、むろんビクともしない武蔵。だが悲しいかな、制空権を奪われ1機の護衛機のない裸艦では、圧倒的多数を誇る米軍に対する術もない。昭和19年10月24日、武蔵、沈没す――日本海...

  • 戦艦武蔵レイテに死す(上) 594円
    作家 豊田穣
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2018/11/23

    昭和19年10月11日、第一遊撃部隊は勇躍ボルネオ西岸ブルネイ泊地を出撃した。目的地はレイテ。そこで米軍主力を叩こうというのである。隊列には巨大戦艦の大和と武蔵の勇姿が見られた。だがそのころ、す...

  • 提督・米内光政の生涯(上) 594円
    作家 豊田穣
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2018/11/09

    根っからの海軍軍人でありながら、動乱の昭和史のなかで、父の放蕩で苦労をなめながら、耐える強さで、心ならずも政治家となった米内光政。海軍大臣、内閣総理大臣の要職を歴任するあいだ、彼は盛岡に生まれた...

  • 波まくらいくたびぞ 悲劇の提督・南雲忠一中将 648円
    作家 豊田穣
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2018/11/09

    機動部隊司令官として南雲忠一が戦果を挙げた真珠湾攻撃でも、長官・山本五十六を高名にしたものの、南雲への評価は低かった。そして、近代海戦の始まりといわれるミッドウェーでは、南雲に敗戦の責めが負わさ...

  • 提督・米内光政の生涯(下) 594円
    作家 豊田穣
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2018/11/09

    日中戦争、三国同盟、東条下ろし、そして終戦工作と、昭和史をゆさぶった重大ポイントで、米内光政はさりげなく力を発揮している。幼少時代の辛酸に耐え、海軍軍人となっては時代の暴風に耐え、日本の進路を救...

  • 初代総理 伊藤博文(上) 810円
    作家 豊田穣
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2018/11/09

    松下村塾出身で高杉晋作らと尊王攘夷運動にはげんだ若者は、その後に英国に留学、世界の近代化を体で感じる。明治11年、先輩・大久保利通の死後、内務卿を継ぎ明治政府の中枢に入ったこの伊藤博文は、やがて...

  • 英才の家系―鳩山一郎と鳩山家の人々 1080円
    作家 豊田穣
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2018/11/09

    家系とは何か。鳩山家は、和夫・一郎・威一郎・由紀夫・邦夫と四代にわたり、東大出身でかつ各時代の政治のリーダーを育てあげた。特に一郎は、日ソ国交回復を成し遂げた。その後また、由紀夫が首相に擬せられ...

  • 初代総理 伊藤博文(下) 810円
    作家 豊田穣
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2018/11/09

    帝国憲法制定、議会の設置、そして政党結成への運動。近代国家流の政党政治を理想として、伊藤博文は旺盛に行動した。その間に、日清戦争や台湾・朝鮮への干渉が生じ、ここでも彼は表に立つ。それが結局、彼の...

  • 日本交響楽(6) 太平洋編(下) 594円
    作家 豊田穣
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2015/03/06

    マレー進攻、シンガポール陥落と日本軍の進撃はつづく。昭和18年4月、倉田竜作は、ガダルカナル周辺の米艦船攻撃に参加したが、乗機を撃墜され、漂流の後、米軍の捕虜となる。戦局は転換し、日本軍は太平洋...

  • 日本交響楽(2) 満州篇(下) 594円
    作家 豊田穣
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2015/03/06

    張作霖爆死から3年、昭和6年9月18日、奉天北方で満鉄の線路が爆破された。満州事変勃発! 日本軍守備隊の火砲の前に、チチハル、錦州、ハルビンと陥落し、ほぼ全満州が日本軍の制圧下にはいった。そして...

  • 日本交響楽(7) 完結篇 540円
    作家 豊田穣
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2015/03/06

    戦況は日ましに日本に不利となり、ついに学徒出陣や神風特攻隊の捨て身の作戦を強いられる。昭和20年4月、米軍の主力は沖縄本島に上陸を開始した。一方、捕虜となった倉田竜作は、南海の空の下で、戦争とは...

  • 日本交響楽(1) 満州篇(上) 594円
    作家 豊田穣
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2015/03/06

    昭和3年6月4日、満州の実力者・張作霖を乗せた特別列車が何者かによって爆破された。満鉄の駅長の息子・倉田竜作とその家族をはじめ大陸に暮らす日本人の平和な日々に、広大な満州の平原を揺るがす戦争の嵐...

  • 日本交響楽(4) 大陸篇(下) 594円
    作家 豊田穣
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2015/03/06

    二・二六事件! 青年将校に率いられた約1400名の部隊の行動は、全国を震撼させた。多感な少年期、激しい世相の動きを目のあたりにした倉田竜作は翌12年、海軍兵学校に入学する。と、大陸では蘆溝橋事件...

  • 日本交響楽(3) 大陸篇(上) 594円
    作家 豊田穣
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2015/03/06

    昭和7年1月18日、上海で日本人僧侶に対する暴行事件が起こり、新たな戦火の種となった――第一次上海事変。「爆弾三勇士」「空閑少佐の自決」などの話題で日本じゅうが沸きかえるなか、竜作一家は郷里の岐...

  • 日本交響楽(5) 太平洋編(上) 594円
    作家 豊田穣
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2015/03/06

    倉田竜作が海軍兵学校を卒業した昭和15年、日本帝国の運命を決める三国同盟が日本、ドイツ、イタリアの間で締結され、日米関係は悪化の一途をたどる。そして、16年12月8日、日本軍機は真珠湾の米太平洋...

  • 海軍軍令部 648円
    作家 豊田穣
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2015/02/11

    明治海軍は軍令部創設によって伸長、日清、日露戦争で連合艦隊の大活躍を生む。勢いに乗り巨艦を増強、太平洋戦争へと突入するが、軍事力の中核はすでに空母や航空機に転じつつあり、対応できなかった日本は惨...

  • 革命家・北一輝 「日本改造法案大綱」と昭和維新 702円
    作家 豊田穣
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2015/02/11

    主著『日本改造法案大綱』に記された壮大な国民救済の論理と日本民族発展の理想は、青年将校に多大な影響を与えた。"昭和維新の聖典"としてもてはやされたばかりではなく、その後の大日本帝国の運命をも変え...

  • 飛行機王・中島知久平 540円
    作家 豊田穣
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2015/02/11

    飛行機にとりつかれた中島知久平は、旺盛な行動力で日本初の飛行機製作所を作る。折しも軍国主義の嵐。量産した軍用機のなかで「隼」「月光」などは航空史に残る名機だった。その一方で政治家としても活躍した...

  • 1
セーフサーチの状態