読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

「赤松光夫」の作品一覧

71件中1-24件 (1/3ページ)
  • 沈黙の街 108円
    作家 赤松光夫
    出版社 スコラマガジン
    販売開始日 2019/05/24

    ヨーロッパツアーに参加している45歳の竜一と40過ぎの聖子。共に一人旅であった。一緒に観光地を巡り、いつしか親密になっていった二人は、宿泊先のホテルで肌を重ね合わせるが......。

  • 情炎の送り火 108円
    作家 赤松光夫
    出版社 スコラマガジン
    販売開始日 2019/05/17

    故郷・京都で不倫デートを楽しむ40歳半ばの真之と玲子。二人は小学生からの幼馴染みで、年に一度この地で逢瀬を重ねていた。しかし、今年はお互いに重要な秘密をかかえており......。

  • 霊界不倫 108円
    作家 赤松光夫
    出版社 スコラマガジン
    販売開始日 2019/03/22

    恐山に取材に行ったカメラマンの山科は、一人で旅する中年女性・美雪と知り合い、肌を重ね合わすことになる。彼女は、自殺した母親との関係に悩んでおり......。

  • 軽井沢ソナタ 108円
    作家 赤松光夫
    出版社 スコラマガジン
    販売開始日 2019/03/15

    晩秋の軽井沢でばったり再会した朝子と良太。共に60歳を越えた二人は、若かりし頃の思い出を振り返りながら、再び男と女の感情を取り戻していくのであったが......。

  • 恋遍路 108円
    作家 赤松光夫
    出版社 スコラマガジン
    販売開始日 2019/03/08

    地元に帰った松崎精一郎は、30年前に知り合った娘・美也と偶然再会する。彼女は現在、この街で旅館を経営しているのだという。これも何かの縁と、宿に泊まる精一郎。すると夜中に、熟した女将の肉体が迫って...

  • 縁切寺 108円
    作家 赤松光夫
    出版社 スコラマガジン
    販売開始日 2019/02/22

    初恋の相手・涼子を、鎌倉の縁切寺に連れていく信人。涼子は今の夫との縁を切りたいと言うのだった。寺を巡る二人は、いつしかお互いの体を求め合うようになる。しかし、そこへ涼子の夫と名乗る人物が現れ.....

  • 角館小夜曲 108円
    作家 赤松光夫
    出版社 スコラマガジン
    販売開始日 2019/02/15

    父の三回忌で地元に戻った八木雄介は、同級生だった三原淳子という女性と会う。お互い50歳を越えた二人だが、10代の頃のような熱く激しい欲望が湧いてくるのであった。

  • 白衣の人妻行者 108円
    作家 赤松光夫
    出版社 スコラマガジン
    販売開始日 2019/02/08

    小説家の狩家は、山形県の羽黒山に取材に来ていた。そこで、40代の千鶴という女性と出会う。互いに惹かれあう二人だったが、実は大学時代にある場所で出会っていたのだ......。

  • 螢火の街 108円
    作家 赤松光夫
    出版社 スコラマガジン
    レーベル 特選小説
    販売開始日 2019/01/24

    まもなく五十歳になる良平と美佐は、かつて恋人どうしだった。しかし、ふたりにはすでに別な相手との家庭があった。三十年ぶりに再会し焼けぼっくいに火がつき......。

  • 弁財天の恋 108円
    作家 赤松光夫
    出版社 スコラマガジン
    レーベル 特選小説
    販売開始日 2019/01/24

    定年退職してから絵を描くことを趣味としている三四郎は、鎌倉にある東慶寺の墓地で画家である50代の女性と出会う。美しく気品溢れる彼女に魅了されていく三四郎だったが......。

  • 同行二人の花遍路 108円
    作家 赤松光夫
    出版社 スコラマガジン
    レーベル 特選小説
    販売開始日 2019/01/24

    60歳で定年を迎えた宗方直樹は、故郷四国の遍路旅へと出かける。そこで、小学校の頃に担任だった紺野先生と、姪で42歳の博美と同行することになる。亡くなった妻の若い頃にそっくりな博美の美しさに宗方は...

  • ロマンチック火遊び 108円
    作家 赤松光夫 西村春海
    出版社 スコラマガジン
    販売開始日 2018/09/28

    園宮絵里子は28歳。昼は商事会社で働き、夜は銀座のクラブで気ままにアルバイトをしている。2年前から別居していた夫がやっと離婚に応じてくれることになり、開放感を覚えていた。そんな時、70歳の資産家...

  • イスタンブールの新月 108円
    作家 赤松光夫
    出版社 スコラマガジン
    販売開始日 2017/04/07

    還暦を過ぎた小説家・宗方志朗は、2年前にこの世を去った愛人・愛憐の面影を追って思い出のイスタンブールを旅していた。道中で同じツアーに参加している40代半ばの水江竜子と仲良くなる。しかし、ホテルの...

  • 赤い巡礼道 108円
    作家 赤松光夫
    出版社 スコラマガジン
    販売開始日 2016/11/04

    還暦を迎えた宗方志朗は、忽然と姿を消した愛人・水木愛憐への思いが断ちきれずにいる。そして、トルコ旅行で知り合った30過ぎの千種玲子にその幻影を重ねていた。ベッドでの相性も抜群で、余計に愛憐を思い...

  • 湖上の白蛇 108円
    作家 赤松光夫
    出版社 スコラマガジン
    販売開始日 2016/10/21

    初老の作家・宗方志朗は、昔の愛人・水木愛憐の幻影を追いかけている。彼女はかつて突然入水自殺を計って姿を消していたのだ。ある日、若い33歳の未亡人・千種玲子と知り合った志朗は、この女性が愛憐の娘で...

  • 男喰いパラダイス 108円
    作家 赤松光夫
    出版社 スコラマガジン
    販売開始日 2016/08/26

    家庭の事情で若くして実業家の後妻になった水野映子は、30代前半で未亡人になって以降、かつての恋人・由木雅彦を思い出してばかりいた。雅彦がインドネシアに単身赴任していたことを知った映子は、バリ島で...

  • 不倫雪 108円
    作家 赤松光夫
    出版社 スコラマガジン
    販売開始日 2016/08/12

    結婚3年目のOL・江崎直美は、同じ会社の宣伝部に勤める尾上雅彦に心惹かれる。野性的かつインテリな尾上と食事に行った帰り、2人は車の中で唇を重ねた。車の中で尾上がスカートの中に手を入れると、我慢で...

  • 未亡人のアイドル 108円
    作家 赤松光夫
    出版社 スコラマガジン
    販売開始日 2016/07/01

    「じゃあ、わたしについていらっしゃい」転勤してきたばかりの千家竜一は、隣の経理課で課長をしている36歳の未亡人・早川涼子に心惹かれる。会長の愛人という噂を知りつつも、デートを申し込んだ竜一を、涼...

  • 古稀バーチャル劇場 108円
    作家 赤松光夫
    出版社 スコラマガジン
    販売開始日 2016/06/10

    初恋の相手・美和子と、数十年ぶりに再会した三谷。思い出話に花を咲かせた後、ホテルへ行き肌を重ねるのだった。持病を持っているという美和子の胸に手を伸ばしてみると......。

  • ダッチ・ボーイ 108円
    作家 赤松光夫
    出版社 スコラマガジン
    販売開始日 2016/06/03

    念願だった“大人のオモチャ”の製造&販売を始めた46歳の結城。特に自信作なのは“ダッチボーイ”という、女性用ダッチワイフの空気人形で......。

  • ポカラ、一夜の変身 108円
    作家 赤松光夫
    出版社 スコラマガジン
    販売開始日 2016/03/18

    大学院生の正紀は、一人で参加したネパールへのツアー旅行で、30代後半の美熟女・響子と知り合う。彼女の憂いを帯びた雰囲気に魅せられ、つい抱いてしまうのだったが......。

  • 南十字星の下 108円
    作家 赤松光夫
    出版社 スコラマガジン
    販売開始日 2016/03/18

    46歳の未亡人・奈美は、同じ会社で働く28歳の桜川啓次と3年近く肉体関係を続けていた。だが、会社オーナーの一族として将来を有望されている彼に、政略結婚の話が出て......。

  • アンコールの巨大リンガ 108円
    作家 赤松光夫
    出版社 スコラマガジン
    販売開始日 2016/02/19

    最上麻里は吉野恭太と不倫旅行へ出かけていた。関係を持ってすでに7年。だが麻里は、そろそろ恭太に別れを告げようかと考えていて......。

  • 恐山口寄せ不倫 108円
    作家 赤松光夫
    出版社 スコラマガジン
    販売開始日 2016/02/05

    2年前に夫を失った38歳の真樹。すがる思いで訪れた恐山の帰り道、大学の研究室で助手をしている上原守也という若者と出会う。亡き夫の声にどこか似ていた彼とゆきずりの恋へ発展していく真樹だが......。

セーフサーチの状態