読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

「遠藤周作」の作品一覧

17件中1-17件 (1/1ページ)
  • ただいま浪人 1027円
    作家 遠藤周作
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2017/01/13

    東大受験に失敗した浪人の信也は、無気力で空虚な日常から脱出しようと、家出してスナックに勤める。一方、姉の真里子は、中年の男優との恋に悩みつつも、平凡な結婚に踏み切る。人生という学校に合格していな...

  • どっこいショ 692円
    作家 遠藤周作
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2017/01/13

    戦争の傷痕がいまだに疼き、おどおどと人生を送っている父親と、そんな父親に反抗する戦争を知らぬ世代の息子。誤解と断絶から生まれる様々なトラブルを通して人間らしさの真実を追求した、ペーソスあふれる長...

  • 結婚 576円
    作家 遠藤周作
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2016/09/02

    限りない期待と、多くの不安に心がゆれる結婚――それはたまたまめぐりあった1組の男女の単なる共同生活なのか、あるいは美しい愛情物語なのか。持続する愛とは?思わぬもろさを含む夫婦生活をつなぐものは?...

  • 新装版 海と毒薬 484円
    作家 遠藤周作
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2016/05/13

    生きたままの人間を解剖する――戦争末期、九州大学附属病院で実際に起こった米軍捕虜に対する残虐行為に参加したのは、医学部助手の小心な青年だった。彼に人間としての良心はなかったのか? 神を持たない日...

  • 深い河 659円
    作家 遠藤周作
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2016/03/25

    愛を求めて、人生の意味を求めてインドへと向かう人々。自らの生きてきた時間をふり仰ぎ、母なる河ガンジスのほとりにたたずむとき、大いなる水の流れは人間たちを次の世に運ぶように包みこむ。人と人のふれ合...

  • 反逆(下) 659円
    作家 遠藤周作
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2016/03/25

    なんたる上さまの冷酷――命乞いをする幼な子の首を刎ねた信長、秀吉と光秀、2人の心理的競い合いを楽しむ信長。信長を討つことは天の道!光秀は長い間心に沈澱していた反逆の囁きから解き放たれた........

  • 反逆(上) 659円
    作家 遠藤周作
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2016/03/25

    1度でもいい。上さまの......あの顔に......怯えの影を見たい――己れの力に寸分の疑いをもたぬ信長の自信、神をも畏れぬ信長への憎しみ、恐れ、コンプレックス、嫉妬、そして強い執着........

  • 協奏曲 540円
    作家 遠藤周作
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2015/02/11

    かつての恋人で、今は外交官夫人になっている女性を忘れられず、再会を期してフランスへ渡る中年作家。また、海外取材という名目で、この中年独身作家のあとを追う、天衣無縫に生きる若い女性アナウンサー。二...

  • 最後の殉教者 432円
    作家 遠藤周作
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2015/02/11

    江戸末期の浦上四番崩れと呼ばれる迫害に材を取った、著者が拓いた独自の切支丹文学の先駆をなす名作「最後の殉教者」はじめ、若き日のフランス留学体験から生まれた「コウリッジ館」「ジュルダン病院」「異郷...

  • 哀歌 1134円
    作家 遠藤周作
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文芸文庫
    販売開始日 2015/02/11

    肉体の恐怖の前には精神など全く意味を失ってしまう。臆病に生き臆病に埋もれて、自分がどんなに卑怯なのか、どんなに弱いのか、たっぷり承知している――弱者。弱者を凝視して聖書とキリストの意味を追究し、...

  • 白い人 黄色い人 1080円
    作家 遠藤周作
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文芸文庫
    販売開始日 2015/02/11

    第2次世界大戦中のドイツ占領下のリヨンで、友人の神学生をナチの拷問にゆだねるサディスティックな青年に託して、西洋思想の原罪的宿命、善と悪の対立を追求した「白い人」(芥川賞)汎神論的風土に生きる日...

  • 新装版 わたしが・棄てた・女 648円
    作家 遠藤周作
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2015/02/11

    大学生の吉岡が二度目のデイトで体を奪ってゴミのように棄てたミツは、無知な田舎娘だった。その後、吉岡は社長令嬢との結婚を決め、孤独で貧乏な生活に耐えながら彼からの連絡を待ち続けるミツは冷酷な運命に...

  • さらば、夏の光よ 432円
    作家 遠藤周作
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2015/02/11

    背が低くて鈍いと女を愛する資格もないのか。心は優しいが女性にモテない野呂は悩む。明るく行動的な親友の南条は、野呂が密かに恋する同級生の戸田京子の心を掴んだ。微妙に翳る友情。そして8年が過ぎる。歳...

  • ユーモア小説集 486円
    作家 遠藤周作
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2015/02/11

    1990年。人体の1000分の1に縮小されたK大学の若い医師山里凡太郎は、3人の医師と、同じく縮小された潜水艇にのり込み、癌におかされた凡太郎の恋人の体内にもぐり込む。患部の手術を無事に終えた時...

  • 『深い河』創作日記 540円
    作家 遠藤周作
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2015/02/11

    「この小説のために文字通り骨身をけずり、今日の痛みをしのがねばならなかったのか」。作者最後の長編小説であり、純文学の奇跡と今もなお絶賛される『深い河(ディープ・リバー)』は、壮絶で苛酷な闘病生活...

  • 堀辰雄覚書 サド伝 1134円
    作家 遠藤周作
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文芸文庫
    販売開始日 2015/02/11

    日本人にとってキリスト教信仰はいかに可能か、という問題意識のもと、戦時下より親交のあった堀辰雄の作品を対象に、その純粋性から宗教性へ、さらには古典的汎神論の世界へと考察を深めた最初期の評論「堀辰...

  • 口笛をふく時 540円
    作家 遠藤周作
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2015/02/11

    汗くさい中学生小津と平目、そして彼等のアイドルの女学生・愛子。稚ない青春の日々。しかし戦争はすべてを変え、海軍士官の愛子の夫も、召集された平目も死んだ......。時はたち、小津の息子、野心家の...

  • 1
セーフサーチの状態