読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

「長谷川卓」の作品一覧

13件中1-13件 (1/1ページ)
  • 嶽神伝 風花 (1~2巻) 858円
    作家 長谷川卓
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2019/10/16

    風の如く動き出す信玄。二俣城の攻防、三方ヶ原の戦い...家康危うし! 影のように蠢く、山の者と忍者集団との壮絶バトルロワイヤル!

  • 嶽神伝 無坂 (1~2巻) 470円
    作家 長谷川卓
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2019/07/17

    父を追放した武田晴信、諏訪攻略の前夜。山の民無坂は後に勝頼の生母となる幼い姫の命を救う。熱狂的ファンを生んだ『嶽神』の序章!

  • 嶽神伝 孤猿 (1~2巻) 508円
    作家 長谷川卓
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2019/07/16

    攫われた息子・太郎の行方を探す武田信虎、太郎の命を狙う晴信、義にかられる長尾景虎。透波、軒猿、山の者たちが三つ巴の死闘に!

  • 嶽神 (1~2巻) 572円
    作家 長谷川卓
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2019/07/15

    仲間を持たず一人で山を渡る多十は武田氏唯一の嫡子を救ったことから真田・武田両家から追われる身となる。時代小説の実力派、初登場

  • 嶽神列伝 逆渡り 493円
    作家 長谷川卓
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2019/07/15

    老渡り・月草は山の民の集団を離れ、亡き妻が遺骨を埋めてほしいと望んだ山桜を目指して独り北へ向かう。大人気「嶽神」シリーズ。

  • 嶽神伝 鬼哭 (1~2巻) 524円539円
    作家 長谷川卓
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2019/07/14

    越後の長尾景虎が出奔し、山の者の許へ身を寄せた。命を狙って武田最凶の忍び達が動き出す。無坂らは景虎を守り、死闘に身を投ずる。

  • 嶽神伝 血路 631円
    作家 長谷川卓
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2019/07/13

    武田の暗殺集団「かまきり」と山の者の集団「七ツ家」の壮絶なる死闘を描く歴史時代伝奇小説の最高傑作。第二回角川春樹小説賞受賞!

  • 嶽神伝 死地 631円
    作家 長谷川卓
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2019/07/13

    嶽神伝シリーズの真骨頂。山の民〈南稜七ツ家〉の二ツの物語。戦国の闇を舞台に縦横無尽にくり拡げられる長篇時代小説の傑作!

  • 嶽神(下) 湖底の黄金 817円
    作家 長谷川卓
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2015/12/11

    仲間を信じ、知恵をしぼって辛くも生き延びている多十一行に、服部半蔵から最強の刺客たちが放たれる。妖術をあやつり、もはや復讐の鬼と化した殺人集団に対して、勝機はあるのか? 御遺金のありかは? 男た...

  • 嶽神伝 孤猿(上) 726円
    作家 長谷川卓
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2015/06/12

    深い森の奥に子供を売り買いする「ひと市」が立つ。集落が生き残る術として――。甲斐の虎と越後の龍の一触即発前夜、隠居館で暮らす信虎の息子が攫われた。七歳の太郎の行方を追って、武田・長尾・今川・北条...

  • 嶽神伝 孤猿(下) 726円
    作家 長谷川卓
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2015/06/12

    太郎を連れ回していたのは、女だけで生きる山の者・鳥谷衆。戦場で死んだ武将の首を洗って糧を得る、地を這うような日々。一方、無坂らと異形の忍び・鶴喰、伝説の飛び加当、血を吸った山の呪い等との戦いは果...

  • 嶽神伝 無坂(上) 671円
    作家 長谷川卓
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2015/02/11

    実父・信虎を追放した武田信玄が目論む諏訪攻略の前夜。山に暮らす木暮衆の無坂は、のちに勝頼の生母となる幼い姫の命を救う。血で血を洗う乱世の中、流浪を宿命とする山の民も否応なく政争に巻き込まれ、集落...

  • 峰蔵捕物歳時記 私雨 734円
    作家 長谷川卓
    出版社 竹書房
    レーベル 竹書房時代小説文庫
    販売開始日 2014/07/11

    柳原の親分こと、御用聞きの峰蔵は、通称才槌長屋の借店に五人の捨て子を住まわせ、面倒を見ている。内神田富松町のそこには他にも湯潅場買い、大工、浪人、茶屋女、仲人、古椀買い、武家の隠居、大工など色々...

  • 1
セーフサーチの状態