読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

「霧原一輝」の作品一覧

121件中1-24件 (1/6ページ)
  • 嫁の黒下着 756円
    作家 霧原一輝
    出版社 二見書房
    販売開始日 2018/10/01

    わざと見せているのか? 誘惑なのか、気のせいか? 魔性の女はこんな身近なところにいた‐‐ 多久朗は、現在息子夫婦と同居している。しかし、この家には「事情」があった。息子の彰一が、離婚した前妻...

  • 嫁の乗馬姿 108円
    作家 霧原一輝 小嶋保
    出版社 綜合図書
    販売開始日 2018/09/28

    68歳の山岸信太郎は息子の嫁・千華を乗馬クラブに連れて来た。千華は結婚してから働きに出ずに子供を望んだが、子宝には恵まれず、毎日暗い顔をしていたからだ。千華は乗馬を気に入ったらしく、格段の進歩を...

  • 淫らな夏を校舎で 529円
    作家 霧原一輝
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2018/09/04

    定年前に教職を辞し、故郷に帰ってきた59歳の五十嵐陽介。妻と死別するまで、五十嵐は長らく故郷の中学校で英語を教えていたが、その中学校の廃校が決まり、15年前に埋めたタイムカプセルを掘り出すことに...

  • 禁色〈熟〉 540円
    作家 藍川京 霧原一輝 橘真児 舘淳一 牧村僚 睦月影郎
    出版社 コスミック出版
    レーベル コスミック文庫
    販売開始日 2018/08/31

    抑えきれない昂ぶり、千々に乱れる熟女の柔肌...オール新作書下ろし官能アンソロジー。

  • 禁色【Fの喘ぎ】 540円
    作家 藍川京 霧原一輝 橘真児 舘淳一 葉月奏太 睦月影郎
    出版社 コスミック出版
    レーベル コスミック文庫
    販売開始日 2018/08/31

    女芯の奥底に潜む悦楽、蜜の誘惑に蕩けていく...オール新作書下ろし官能アンソロジー。

  • 孤島の蜜嫁 702円
    作家 霧原一輝
    出版社 竹書房
    レーベル 竹書房文庫
    販売開始日 2018/08/24

    内容紹介 ◎禁断の義父と嫁の前にある男が現れて... ◎孤島で繰り広げられる背徳の三角関係! 59歳の吉岡隆一郎は喘息の療養のため、東京を離れ瀬戸内海のS島に、息子の嫁の奈央と滞在していた。...

  • 催淫気功 その気にさせて 756円
    作家 霧原一輝
    出版社 二見書房
    販売開始日 2018/08/08

    淫気パワー、満開! 「あなたの手、熱くなってきた......」 妄想しながら「気」で押すと瞬く間に喘ぎはじめる女性たち 閑職に異動された良男は、通っていた気功教室で、〈手当て〉によって淫気を...

  • 禁色【卒業】 540円
    作家 藍川京 霧原一輝 橘真児 舘淳一 葉月奏太 睦月影郎
    出版社 コスミック出版
    販売開始日 2018/06/29

    秘芯に残る淡い埋み火、艶めく肌が男を誘う...オール新作書下ろし官能アンソロジー。

  • ローカル線痴情 108円
    作家 霧原一輝 小嶋保
    出版社 綜合図書
    販売開始日 2018/06/15

    橋口美里は33歳。2年前に夫を事故で亡くした。亡夫との思い出が詰まった東北を1人で旅している。列車内でグイグイと距離を詰めてくるがさつな男・鵠沼伸司と知り合う。嫌がりながらも、どこか彼に惹かれた...

  • 人妻専科 イカせます 529円
    作家 霧原一輝
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2018/06/15

    あなたのセックスではイケないの――そんな捨て台詞とともに妻に家を出て行かれて以来、男としての自信をなくしてしまった35歳の田辺清太郎。会社も辞めて、便利屋集団『よろず屋』に入った清太郎だが、不用...

  • 息子の嫁の艶姿 756円
    作家 霧原一輝
    出版社 二見書房
    販売開始日 2018/06/01

    「おたくの息子の嫁さん、どっかで見たことあるんだよね」 友人のこの一言が、美人嫁の過去の秘密を...... 会社を辞めた孝太郎は困っていた。生活にではない。近所の電気店の男が発した「お宅の嫁...

  • 禁色【蜜】 540円
    作家 藍川京 霧原一輝 橘真児 舘淳一 牧村僚 睦月影郎
    出版社 コスミック出版
    レーベル コスミック文庫
    販売開始日 2018/05/18

    愛撫に震える甘肌、秘芯から溢れる愛の雫...。オール新作書下ろし官能アンソロジー

  • 禁色【したたる】 540円
    作家 藍川京 霧原一輝 橘真児 舘淳一 葉月奏太 睦月影郎
    出版社 コスミック出版
    レーベル コスミック文庫
    販売開始日 2018/05/18

    蕩ける秘壺から湧き出る蜜汁が柔肌を伝う...。オール新作書下ろし官能アンソロジー

  • 禁色【とろける】 540円
    作家 藍川京 霧原一輝 橘真児 舘淳一 葉月奏太 睦月影郎
    出版社 コスミック出版
    レーベル コスミック文庫
    販売開始日 2018/05/18

    焦らされて疼く秘唇、快楽の海に溺れる白い肌...。オール新作書下ろし官能アンソロジー

  • 過ぎ去っていく季節 108円
    作家 霧原一輝 小嶋保
    出版社 綜合図書
    販売開始日 2018/04/27

    石丸達生は田島葉子の告別式にやってきた。そして、かつて愛した彼女との思い出に想いを馳せる。44年前、達生と葉子はアパートに住む大学生とその管理人という関係だった。どこか寂しさのある彼女に惹かれた...

  • 女連れごほうび旅 529円
    作家 霧原一輝
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2018/03/16

    退職を前にバツイチとなった風間詠太郎は、かつて参加したツアーで知り合った、添乗員の森崎逢子から「個人添乗員」を始めたという連絡を受ける。さっそく、退職前の「自分へのごほうび」として、その個人ツア...

  • 高山の夜 108円
    作家 霧原一輝 小嶋保
    出版社 綜合図書
    販売開始日 2018/03/09

    南原一徳は68歳の官能小説家。飛騨高山で開催される秋の高山祭を見るため、1人でバスツアーに参加している。隣の席に座っているのは20代後半に見える美人。性欲が減退してスランプに陥っている一徳も目を...

  • 蜜楽ハーレムハウス 702円
    作家 霧原一輝
    出版社 竹書房
    レーベル 竹書房文庫
    販売開始日 2018/03/02

    ◎シェアハウスに集う家出妻、わけあり美女... ◎美しく淫らな入居者募集中! 魅惑の回春ハーレムロマン 妻を亡くした羽鳥啓太郎は、大きな家で一人暮らしを続けていたが、日々募る寂しさに二階部分を...

  • 生保レディ 契約ください 756円
    作家 霧原一輝
    出版社 二見書房
    販売開始日 2018/02/09

    高額な法人契約を握る男VSそれを引き継ぎたい女たち 「契約」をめぐって激しいアプローチが夜な夜な行なわれ‐‐ 保険代理店の課長、琢郎は会社を辞めることにした。それを公言した途端、周囲の生保レデ...

  • ふたりの未亡人 〈新装版〉 702円
    作家 霧原一輝
    出版社 竹書房
    レーベル 竹書房文庫
    販売開始日 2017/11/28

    ◎妖艶美女たちとひとつ屋根の下で... ◎若肌と熟肌の誘惑! 背徳の回春ハーレム 小野民雄は妻に先立たれたが、同居する息子夫婦と平穏に暮らしていた。だが、半年前に息子が失踪し、現在も行方知れず...

  • 旅の終わりに 108円
    作家 霧原一輝 小嶋保
    出版社 綜合図書
    販売開始日 2017/10/27

    60歳の恩田芳郎は、3月に高校教師を定年退職したばかり。教え子たちがその祝いに同窓会を兼ねた伊豆旅行をプレゼントしてくれた。伊豆の踊子号の席につくと、隣に30代半ばの美人が座ってくる。それはかつ...

  • 美人社長のランジェリー 529円
    作家 霧原一輝
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2017/09/13

    下着会社「ファニー・レディ」の二十八歳の女社長・石原玲奈をタクシーに乗せたのが縁で、社長専属の運転手を任されることになった五十五歳の田中喜一郎。そんなある日、商談が終わった玲奈を迎えに行くと、ひ...

  • 高慢女性課長 756円
    作家 霧原一輝
    出版社 二見書房
    販売開始日 2017/09/01

    「女子社員を一晩だけ好きにしていい」 男は、自分をバカにし続けた課長・冴子を指名するが...... 只野芳郎は、55歳で退職することにした。会社による中間管理職の早期退職者募集に手を挙げたの...

  • 三人の嫁 691円
    作家 霧原一輝
    出版社 竹書房
    レーベル 竹書房文庫
    販売開始日 2017/08/25

    ◎このカラダ、お義父さまのお好きなように... ◎宝くじで1億円を当てた義父に背徳の誘い! 尾川鴻一郎は、会社を定年退職して悠々自適の日々を送っていた。鴻一郎には三人の息子がいるが、二男夫婦...

セーフサーチの状態