読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

「高峰秀子」の作品一覧

8件中1-8件 (1/1ページ)
  • 旅は道づれ雪月花 821円
    作家 高峰秀子 松山善三
    出版社 中央公論新社
    レーベル 中公文庫
    販売開始日 2018/03/09

    京都・金沢・札幌・熱海・神戸・小豆島......。日本各地の老舗ホテルや料理屋で、真の一流を味わいつくす、夫婦二人旅。

  • ユリイカ 2015年4月号 特集=高峰秀子 1404円
    作家 斎藤明美 二階堂ふみ 吉田喜重 木下千花 高峰秀子 安野光雅
    出版社 青土社
    販売開始日 2015/12/11

    いまなお輝きを増す「女優/エッセイスト」としての高峰秀子を照射する特集。 木下惠介、成瀬巳喜男、夫の松山善三監督作品で、 戦前・戦後を通じて日本映画界で活躍した大女優・高峰秀子。 1979年に...

  • 巴里ひとりある記 594円
    作家 高峰秀子
    出版社 河出書房新社
    レーベル 河出文庫
    販売開始日 2015/07/17

    1951年、27歳、高峰秀子は突然パリに旅立った。女優から解放され、パリでひとり暮らし、自己を見つめる、エッセイスト誕生を告げる第一作。

  • まいまいつぶろ 594円
    作家 高峰秀子
    出版社 河出書房新社
    レーベル 河出文庫
    販売開始日 2015/07/17

    松竹蒲田に子役で入社、オカッパ頭で男役もこなした将来の名優は、何を思い役者人生を送ったか。生涯の傑作「浮雲」に到る、心の内を綴る半生記。

  • にんげん住所録 519円
    作家 高峰秀子
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2015/01/23

    「でこ、今日はちょいと出かけようか」と小津安二郎と行った「お茶の水」、木下恵介が胸ポケットから取り出した一枚の写真、そして美智子妃より思いがけぬ一筆など、大切な人々とのとっておきの記憶を、端正で...

  • にんげんのおへそ 500円
    作家 高峰秀子
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2015/01/23

    風のように爽やかな幸田文、魅力の英雄・周恩来、ぼけた妻に悩まされる谷川徹三、超変人の木下恵介、黒澤明......そして無名の素晴らしい人たち。何気ない日常にキラリと光る、人間模様の数々を柔かなユ...

  • 台所のオーケストラ 559円
    作家 高峰秀子
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2015/01/23

    戦前戦後の日本映画界を駆け抜けた大女優・高峰秀子は大の食いしんぼうで料理上手。そのレパートリーのなかから「3分から小一時間ほど」で出来あがるレシピを選び、素材別に紹介。料理初心者にも最適な、和食...

  • おいしい人間 640円
    作家 高峰秀子
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2015/01/23

    内田百【門+月】先生からの一通の手紙、イヴ・モンタンとの再会、藤田嗣治のアパルトマンでの日本食作り、司馬遼太郎との食膳に有吉佐和子からの長電話など、大切な人々とのくすりとする思い出。特製「老人食...

  • 1
セーフサーチの状態