読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

「黒川博行」の作品一覧

10件中1-10件 (1/1ページ)
  • 二度のお別れ 486円
    作家 黒川博行
    出版社 東京創元社
    販売開始日 2012/10/01

    銀行襲撃は壮大なスケールの誘拐事件へと変貌を遂げた――犯人と捜査陣の知恵比べが始まる。〈大阪府警捜査一課〉連作第1弾。

  • 暗闇のセレナーデ 540円
    作家 黒川博行
    出版社 東京創元社
    販売開始日 2012/10/01

    有名彫刻家に嫁いだ姉の家を訪ねた、美大生・美和と友人・冴子。そこで瀕死の状態の姉・雅子を発見する。美術界の暗部で起こった事件に女子大生コンビはいかなる推理を導き出すのか――。

  • 八号古墳に消えて 594円
    作家 黒川博行
    出版社 東京創元社
    販売開始日 2012/10/01

    遺跡発掘現場で大学教授の死体が発見された。捜査が始まると間もなく別の遺跡発掘現場で謎の墜死事件が。シリーズ第三弾!

  • ドアの向こうに 594円
    作家 黒川博行
    出版社 東京創元社
    販売開始日 2012/10/01

    頭部は腐乱、脚部はミイラ化、大阪東南部の橋梁工事現場で奇妙なバラバラ死体が発見された。“本格ミステリ”の醍醐味に、軽妙なタッチも魅力な“ブンと総長”シリーズ。

  • 海の稜線 648円
    作家 黒川博行
    出版社 東京創元社
    販売開始日 2012/10/01

    大阪府警捜査一課の“ブンと総長”。複雑に入り組んだ海運業界の利権を巡る連続殺人事件を描く、黒川博行初期の最高傑作!

  • 絵が殺した 594円
    作家 黒川博行
    出版社 東京創元社
    販売開始日 2012/10/01

    竹の子採りの主婦が発見したのは、白骨死体。被害者は失踪した日本画家と判明したが、事件の背後に贋作グループの存在が浮かび上がる――。

  • キャッツアイころがった 540円
    作家 黒川博行
    出版社 東京創元社
    販売開始日 2012/10/01

    湖で身元不明の死体が発見された。顔が潰された上、指が切り取られ指紋もない。唯一の手がかりは、胃の中にあった一粒の宝石――キャッツアイ。

  • アニーの冷たい朝 540円
    作家 黒川博行
    出版社 東京創元社
    販売開始日 2012/10/01

    若い女性を狙った猟奇的な殺人事件。犯人は被害者をセーラー服に着替えさせ、派手な化粧を施し屍姦に及んでいた。続いて女子大生、OLに模した同様の事件が起こり、大阪中が騒然となる。

  • 切断 540円
    作家 黒川博行
    出版社 東京創元社
    販売開始日 2012/10/01

    最初の被害者は耳を切り取られ、別人の小指を耳の穴に差されていた。続いて、舌を切られ前の被害者の耳を咥えた死体が見つかり、猟奇的な連続殺人事件に警察は色めき立つ。

  • 雨に殺せば 594円
    作家 黒川博行
    出版社 東京創元社
    販売開始日 2012/10/01

    現金輸送車が襲われ、銀行員二人が射殺された。翌日、事情聴取を受けた行員が自殺、事件は複雑さを増していく。黒マメコンビが連続殺人事件に挑む!

  • 1
セーフサーチの状態