読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

friends もののけ島のナキ

friends もののけ島のナキ
電子書籍版
試し読み 試し読み
※試し読みにはNeowing eBook Readerが必要です。
価格 495円347円(税込)
2020/11/26 23:59まで
ポイント還元 3ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
ページ数
  • 192
販売開始日 2012/10/01
紙書籍版 取り扱い中

2011年12月17日公開の3Dアニメのノベライズ!

海の向こうには、もののけが住むと恐れられていた不気味な島が浮かんでいた。ある日、そこに迷い込んだ人間の赤ん坊であるコタケを見ると、もののけたちはパニックに襲われる。実はもののけたちも人間たちを恐れて暮らしていたのだ。ひょんなことでコタケの面倒をみることになった暴れん坊の赤おに・ナキと青おに・グンジョー。最初はケンカばかりしていたナキとコタケだったが、いつしかふたりの間には不思議な友情が芽生え、ともだちになっていく。しかし、どんなに仲良くなっても、もののけと人間はずっと一緒にいることはできない。ある日、人間の世界に戻ったコタケとナキには、悲しい別れが訪れるが、その先には驚くべき感動の結末が待っていた。

「friends もののけ島のナキ」公式HP
http://www.friends-movie.jp/

原案:浜田廣介「泣いた赤おに」 脚本:山崎貴 監督:山崎貴、八木竜一

(C)2011「friends もののけ島のナキ」製作委員会

百瀬しのぶ関連作品

小学館文庫関連作品

「日本」カテゴリ

  • 新着!
    沙漠と青のアルゴリズム 1540円
    作家 森晶麿
    出版社 講談社
    販売開始日 2020/11/25

    読書と絵画を巡り、現代に生きる主人公の若手出版編集者が、時空さらには虚実を自在に行き来する。究極のSFミステリー!

  • 新着!
    屋根裏博物館の事件簿 748円
    作家 澤見彰
    出版社 中央公論新社
    レーベル 中公文庫
    販売開始日 2020/11/25

    渋沢敬三に拾われた女学生・あづみが、古い因習にとらわれた人間の闇を追う「民俗学」ミステリ開幕!

  • 新着!
    それを小説と呼ぶ 2585円
    作家 佐々木敦
    出版社 講談社
    販売開始日 2020/11/25

    「批評」の終幕、そして「小説」の到来。小説という問題への探求、その思考の足跡をすべて刻んだ文芸批評家としての最後の主著。

  • 新着!
    私の彼は腐ってる (1~2巻) 748円792円
    作家 九条菜月
    出版社 中央公論新社
    レーベル 中公文庫
    販売開始日 2020/11/25

    祖父の死で天涯孤独になった揚羽。その時、約束通り迎えにきてくれた許婚の伊織と同居するが、なぜか彼は広い洋館で姿を見せない。執念で探し出し問い詰める最中、伊織の腕がぼとりと落ちた。「じつは私、ゾン...

  • 新着!
    それをAIと呼ぶのは無理がある 1650円
    作家 支倉凍砂
    出版社 中央公論新社
    販売開始日 2020/11/24

    私だけの完璧な相棒を端末にダウンロードできたら、友達なんていらない!? でも現実の恋や夢は万能AIにも計算不能で......。生まれたときからAIに囲まれて育ってきた主人公たちを描く。『狼と香辛...

  • 新着!
    ランジーン×コード (1~6巻) 452円650円
    作家 大泉貴 しばの番茶
    出版社 宝島社
    レーベル このライトノベルがすごい!文庫
    販売開始日 2020/11/21

    第1回『このライトノベルがすごい!』大賞の大賞受賞作です。人間の脳に巣食う特殊な意識「コトモノ」をめぐる異能力バトル。ある日、「コトモノ」の集団が襲撃される事件が続発。主人公は事件に巻き込まれ、...

  • 意味という病 1265円
    作家 柄谷行人
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文芸文庫
    販売開始日 2020/11/20

    日本のシェークスピア論のパラダイムを批判し、明晰な論理と思考の下に、新しい「マクベス」像を描く「マクベス論」などの作品群。

  • 反文学論 1100円
    作家 柄谷行人
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文芸文庫
    販売開始日 2020/11/20

    世界的な批評家が’70年代後半に書かれた唯一の文芸時評集。「感想」の連なりの中で、暗に「近代文学」の終焉を宣言した、記念碑。

  • 坂口安吾と中上健次 1320円
    作家 柄谷行人
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文芸文庫
    販売開始日 2020/11/20

    日本の怠惰な知性の伝統の中で、闘う知性としての安吾と中上を論じた、74年から95年までの批評を集成した、伊藤整文学賞受賞作。

  • 畏怖する人間 1320円
    作家 柄谷行人
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文芸文庫
    販売開始日 2020/11/20

    群像新人文学賞受賞作はじめ、その出発以来、同時代の「知」に圧倒的な衝撃を与えつづけて来た著者の、秀れた光芒を放つ第一評論集。

  • 柿本人麻呂 715円
    作家 山本健吉
    出版社 講談社
    販売開始日 2020/11/20

    生活伝承の卓抜な理解に基づき日本詩=短歌の源流たる万葉集に新たな光をあて、短歌的抒情の変革者かつ偉大な完成者たる歌聖を解く。

  • 奥の細道 1980円
    作家 山本健吉
    出版社 講談社
    販売開始日 2020/11/20

    俳聖一代の名紀行を読み究めた平明達意の訳文と清新懇篤な解説・鑑賞と、芭蕉芸術の到達点としての「軽み」の境地を考究した論考。