読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

The Book of Tea 茶の本

The Book of Tea 茶の本
電子書籍版
試し読み 試し読み
※試し読みにはNeowing eBook Readerが必要です。
価格 605円(税込)
ポイント還元 6ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
販売開始日 2012/10/01
紙書籍版 取り扱い中

新渡戸稲造の『武士道』にも並び評される、日本が世界に誇る名著。明治時代、文明開化・西洋化が叫ばれる中、「唯一茶を通してのみ、西洋と東洋は理解し合うことができる」と、岡倉天心は時代の波にあらがうかのように、日本美術の保護に奔走した。英文で執筆された『茶の本』は、1906年にニューヨークで出版され、東洋、そして日本文化のすばらしさを西洋に広く知らしめることとなった。本書は、世界を見据え、日本人としての気概を持って生きた明治の知識人、天心の会心の作である。

岡倉天心関連作品

  • 英文収録 日本の覚醒 864円
    作家 岡倉天心 夏野広
    出版社 講談社
    レーベル 講談社学術文庫
    販売開始日 2019/07/16

    西欧近代文明への懐疑を投げかける深く鋭いまなざしが貫かれ、「近代」を超えうる「アジアの原理」の提示を試みる。

  • 日本の目覚め 1714円
    作家 岡倉天心 村岡博
    出版社 土曜社
    販売開始日 2018/12/01

    1904年11月、日露戦争の国際世論をめぐる攻防に、天心が投じた英文著作。日本文明の源泉をたどり、明治維新の大要を解き、「黄禍」の妄説を覆す。2年後の名著『茶の本』に通ずる詩趣をたたえた本書は、...

  • 茶の本 1428円
    作家 岡倉天心 宮川寅雄
    出版社 土曜社
    販売開始日 2018/12/01

    日露戦役直後、1906年に出た文明論の名著。ボストン美術館の東洋部門を司る著者が英文で世に問うた三部作の最後をかざる。古典の風格と親しみやすさが同居する、美術史家・宮川寅雄の翻訳。

  • 日本美術史 1404円
    作家 岡倉天心
    出版社 平凡社
    レーベル 平凡社ライブラリー
    販売開始日 2013/12/13

    岡倉天心の「日本美術史」は、日本で初めて試みられた体系的な古代から近代にわたる美術史講義である。未完に終わった論考「日本美術史論」に加え、日本を含めてアジア美術史を叙述する「泰東巧藝史」講義を併...

  • 茶の本 432円
    作家 岡倉天心
    出版社 グーテンベルク21
    販売開始日 2012/10/01

    芸術に取り組もうとする真摯な気迫が行間から伝わってくる日本文化論

マイケル・ブレーズ関連作品

「教材・多読用テキスト」カテゴリ