読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

事件論

事件論
電子書籍版
試し読み 試し読み
※試し読みにはNeowing eBook Readerが必要です。
価格 748円(税込)
ポイント還元 7ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
ページ数
  • 209
販売開始日 2013/12/06
紙書籍版 取り扱い中

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

なぜ毒物は匿名の悪意を拡散させるのか?なぜ自殺幇助の概念は揺らいでいるのか?なぜ誘拐事件は恐喝事件に相貌を変えるのか?なぜミイラに治療を施しつづけるのか?なぜ"連続強姦殺人"は昭和とともに終焉したのか...?頻発する「事件」の不可解さに寄り添いながら、死と虚実をめぐる切実な「現在」の物語を読み解く、芹沢事件論のエッセンス。

芹沢俊介関連作品

  • もういちど親子になりたい 880円
    作家 芹沢俊介
    出版社 主婦の友社
    販売開始日 2017/09/27

    もし、いまの親子関係に気になるところがあるならば、親子の関係を根底から見直してみてください。子どもをまるごと、受けとめ、シンプルな関係に戻ることで、親子の関係は築き直せます。苦しんでいる親子のた...

  • 他界と遊ぶ子供たち 少年たちの資本主義 1815円
    作家 芹沢俊介
    出版社 青弓社
    販売開始日 2014/06/27

    いま子どもたちはどこへ向かっているのか? 遊びの変容、清潔ブーム、おたく族と胎内商品、噂話と死・他界への衝動など、加速する消費資本主義社会のなかで強まる逃走願望と、実際には依存を深める子どもたち...

  • 少年犯罪論 3080円
    作家 芹沢俊介
    出版社 青弓社
    販売開始日 2014/06/27

    非社会化し内向化する子どもたちの心とからだの危機、いじめ、リンチ、殺人などの少年非行・犯罪‐‐。事件・現象の現場からの報告と論理との接合、そのあいだの往還の試みを介して事の本質へと迫り、子どもた...

  • 解体される子どもたち 少年犯罪の政治学 3080円
    作家 芹沢俊介
    出版社 青弓社
    販売開始日 2014/06/27

    学校・家庭・社会というシステムが子どもたちにしいる「抑圧」と、解き放たれたいと願う子どもたちとの接点に生じる危機的空間。そこに多発する少年犯罪と教育政治学の構造連関をあますところなく照らし出し、...

  • 子供がキレる12の現場(小学館文庫) 605円
    作家 芹沢俊介
    出版社 小学館
    レーベル 小学館文庫
    販売開始日 2014/04/04

    子供たちは、学校で、街で、家で何をしているのか。 ※この商品は紙の書籍のページを画像にした電子書籍です。文字サイズだけを拡大・縮小することはできませんので、予めご了承ください。 試し読みファイ...

  • 親殺し 1232円
    作家 芹沢俊介
    出版社 NTT出版
    販売開始日 2013/12/20

    あなたは子どもを「殺して」いませんか? 最近の親殺し事件、秋葉原事件がなぜ起きたのかを、「教育家族」「離婚」「対人関係」等の要因から解き明かし、親のあり方や救済(=更正)について考える。

平凡社新書関連作品

  • 経済指標はこう読む 902円
    作家 永濱利廣
    出版社 平凡社
    レーベル 平凡社新書
    販売開始日 2014/03/20

    テレビ・新聞等でよく見聞きする「経済指標」。エコノミストらはそれらをどう読み、景気のゆくえをどう判断するのか?数ある中からのべ四五の指標を取り上げ、読み解きの注意とポイントを丁寧に解説。経済の仕...

  • 増補 iPS細胞 世紀の発見が医療を変える 814円
    作家 八代嘉美
    出版社 平凡社
    レーベル 平凡社新書
    販売開始日 2014/02/21

    臨床応用に向けて、研究はどこまで進んだのか?"オールジャパン"の体制は十全か?iPS細胞の今がわかる。

  • 小栗上野介 858円
    作家 村上泰賢
    出版社 平凡社
    レーベル 平凡社新書
    販売開始日 2014/01/17

    安政七(一八六〇)年一月、この時三十四歳だった小栗は、遣米使節の目付として、日米修好通商条約批准のため渡米。世界を一周し九ヶ月後に帰国。その後、混乱のさなかにあった幕末期に、勘定奉行や外国奉行な...

  • 秀吉を襲った大地震 946円
    作家 寒川旭
    出版社 平凡社
    レーベル 平凡社新書
    販売開始日 2014/01/17

    天下統一の前後、豊臣秀吉は大地震に襲われた。大坂に逃げ帰った天正地震、城が倒壊した伏見地震-。しかしこれは遠い昔のことではない。大地震が続いた秀吉の時代と同じく、私たちも、活断層が活発な「内陸地...

  • 日本の15大同族企業 836円
    作家 菊地浩之
    出版社 平凡社
    レーベル 平凡社新書
    販売開始日 2014/01/17

    高度経済成長期に急激な成長を遂げた企業は、「○○家の家業」から「社会の公器」へと変わっていく。度重なる増資により、株式所有率が低下した創業者一族の立場は、非常に微妙なものになっていくのである。そ...

  • マンガはなぜ規制されるのか 858円
    作家 長岡義幸
    出版社 平凡社
    レーベル 平凡社新書
    販売開始日 2014/01/17

    東京都の青少年条例、児童ポルノ禁止法など、マンガについての規制が強化されつつある。日本独自の表現であり文化であるマンガは、なぜ国や自治体に縛られなければならないのか?規制の仕組み、バッシングの歴...

「エッセイ・雑学」カテゴリ