読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

ハロー人形

ハロー人形
電子書籍版
試し読み 試し読み
※試し読みにはNeowing eBook Readerが必要です。
価格 385円(税込)
ポイント還元 3ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
ページ数
  • 88
販売開始日 2013/12/13

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

幻想ファンタジーの短編を7編収録した、著者の幻想シリーズ第1弾。
「ハロー人形」「ナーシャ姫」「ばら屋敷」「丸窓の少女」「おゆきさま」「タロオ」「ふしぎのめがね」。蝋燭の炎のようにゆらめく、不思議な世界をどうぞ。

泉響子関連作品

  • 未練 495円
    作家 泉響子
    出版社 銀の鈴社
    レーベル 幻想ファンタジー
    販売開始日 2013/12/13

    亡くなった母をおもい続けるわたし。 -母にはなにかがある- 乱菊のきものに手を通したわたしが見たものは、母の「おもい」であったのでしょうか。この世への、つきせぬ(みれん)であったのでしょうか。 ...

  • 早起き鳥は知っている 495円
    作家 泉響子
    出版社 銀の鈴社
    レーベル 泉響子幻想シリーズ
    販売開始日 2013/12/13

    「風の吹く日は外に出んことじゃ。風の子に連れてゆかれてしまうから」と、ふゆのおばあさんは言った。風が雨戸を揺らす夜、ふゆは雨戸を細目にあけて外を見る。ひゅうるる・・・風が吹いた。ふゆは耳をかたむ...

  • 芥子の庭 495円
    作家 泉響子
    出版社 銀の鈴社
    レーベル 幻想ファンタジー
    販売開始日 2013/12/13

    芥子屋敷と呼ばれる大きなお屋敷に、ひときわ美しかったさちという人がいました。 わたしはその日もいっしょにさちとかくれんぼをしたのです。 さちは、かくれるのも忘れて大輪の、真紅の芥子の花に心を奪わ...

  • 冬のひと 495円
    作家 泉響子
    出版社 銀の鈴社
    レーベル 幻想ファンタジー
    販売開始日 2013/12/13

    ふるえるような、か細い感性でつづる心の奥の世界。ひと冬限りの、淡雪のように切ない恋の世界が広がる、大人の絵物語。

  • オロロンの森 385円
    作家 泉響子
    出版社 銀の鈴社
    レーベル 幻想ファンタジー
    販売開始日 2013/12/13

    恋しい人を思い、面やつれする娘のように、わたし、遠い日を夢見ます。つたない、わたしの物語りの、出演者たちは、おぼろにかすむ、わたし自身でございます。 かげろうのように揺らめきながら心に沁みる泉響...

  • サファイアの指輪 495円
    作家 泉響子
    出版社 銀の鈴社
    レーベル 幻想シリーズ
    販売開始日 2013/12/13

    思い出をそっと抱えこんでいる、大人のための絵物語。

銀の小箱関連作品

  • アハハ・ウフフ・オホホ 385円
    作家 柏原耿子
    出版社 銀の鈴社
    レーベル 銀の小箱
    販売開始日 2013/12/27

    おとなから子どもまで 味わい深い詩の世界「少年詩」。 ベテランの詩人による野の花に身をおいた心象風景。自然なタッチの水彩画とのコラボで、やさしい雰囲気の本になり、やさしい雰囲気の本になり、お見舞...

  • 誕生日・おめでとう 330円
    作家 小泉周二
    出版社 銀の鈴社
    レーベル 銀の小箱
    販売開始日 2013/12/27

    15歳の時、先天性・進行性の難病「網膜色素変性症」と診断され、以来この病気とつきあいながら詩を書く。この詩集を刊行した段階で、視力は光を感じる程度。母校である中学校で教鞭を執りつつ、まとめた一冊。

  • ないしょやで 385円
    作家 冨岡みち
    出版社 銀の鈴社
    レーベル 銀の小箱
    販売開始日 2013/12/27

    うたう詩を書く詩人の詩集。大阪べんのユーモアに富んだ作風が特徴。 タイトルも方言「しーらんで しーらんで」「まねしの妹」など 子どもの目線で 大阪の子どもの情景がいきいきと描かれている。

  • みて みたい 385円
    作家 江口正子
    出版社 銀の鈴社
    レーベル 銀の小箱
    販売開始日 2013/12/27

    のびやかな個性が感じられ、視点も、発想も、言葉の選択も独特で、大胆かと思えば細やか、ふと微笑を誘われるユーモアもあります。 武鹿悦子(詩人)

「詩・短歌・俳句」カテゴリ