読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

ハウスワイフ2.0

ハウスワイフ2.0
電子書籍版
価格 1362円(税込)
ポイント還元 13ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
販売開始日 2014/02/21
紙書籍版 取り扱い中

アメリカの高学歴女性の間でHousewife(主婦)回帰の動きがある――ニューヨーク・タイムズ紙、ニューヨーカー誌が絶賛。米メディアで論争を呼んだ話題の書!
「私たちは会社に使われない新しい生き方を求めている」――ハーバード、エールなど一流大学を出ていながらせっかく掴んだ投資銀行、広告代理店、官庁などの職を捨て、続々と主婦になるアメリカの若い女性が増えています。しかし彼女たちは、これまでの主婦とはまったく違います。自分で生き方を選択する「Housewife 2.0」なのです。
「会社を選択的に離脱する」「企業社会で燃え尽きた母親の世代を反面教師にする」「田舎生活を楽しみ、ジャムをつくり、編み物をする」「ストレスのある高報酬より、ほっとできる暮らしをする」「ウェブ、SNSを使いワークシェアする」「ブログで発信し、起業する」「家事を夫と分担し余裕をもった子育てをする」。つまり、報われないバリキャリ世代を反面教師とする彼女たちは、会社を離れ、持ち前の能力とやる気で家庭生活を手作りし、オーガニックを極め、屋上で野菜を育て、主婦ブロガーとなり、ママ起業するのです。本書の著者、マッチャーさん自身もハーバード大学を卒業しながら、不況に直面した世代。地元大学の事務職を辞め、現在はノースカロライナの田舎で夫とともに手作りライフを楽しんでいるハウスワイフ2.0の一人です。
家庭と仕事と人生、すべてを満たす “ハウスワイフ2.0”という新しい働き方・生き方に、今、熱い共感が集まっています。

森嶋マリ関連作品

文春e-book関連作品

  • 新着!
    反日種族主義 日韓危機の根源 1599円
    作家 李栄薫
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2019/11/14

    韓国を震撼させたベストセラー、日本語版がついに登場! 日本支配は朝鮮に差別・抑圧・不平等をもたらした。だが、だからといって、歴史に嘘をつくことはできない。 緊迫する日韓関係の中で、韓国で一冊の...

  • 新着!
    あたいと他の愛 1001円
    作家 もちぎ
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2019/11/14

    Twitter フォロワー47万超え「ゲイ風俗のもちぎさん」のルーツが明らかに! おせっかいでも、人の悩みを聞いて一緒に考え、腐らずに立ち向かってみる。 そんな“もちぎ”ができるまでを描いた初の...

  • 新着!
    小さな場所 1400円
    作家 東山彰良
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2019/11/14

    ここで、ぼくは生きている――台北市紋身街 日台同時発売! 切なく沁み入る傑作連作集 台北の紋身街は、日本でいえば新宿・歌舞伎町一番街の一角か、あるいは渋谷センター街の裏路地か――。 世界中のど...

  • 新着!
    日本の戦後を知るための12人 池上彰の<夜間授業> 1400円
    作家 池上彰
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2019/11/13

    現代日本を形作ったキーパーソン12人を語りつくす! 田中角栄、渡邉恒雄、ホリエモンに池田大作、上皇陛下まで......、毀誉褒貶ありつつも戦後日本を決定づけた人々を池上解説。 2018年から文...

  • 新着!
    宇宙から帰ってきた日本人 日本人宇宙飛行士全12人の証言 1500円
    作家 稲泉連
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2019/11/13

    歴代12人の日本人宇宙飛行士はそこで何を見たのか‐‐。 総力取材で明らかになる、宇宙体験のすべて。 立花隆『宇宙からの帰還』が出版されて30年以上が経つ。 同書で紹介された宇宙飛行士たちの「神...

  • 新着!
    横浜ストロングスタイル ベイスターズを改革した僕が、そ... 1300円
    作家 池田純
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2019/11/13

    堀江貴文氏推薦! 「池田純は、常に日本の病と対峙してきた。 そのスタイルは“戦う教科書”そのものだ!」 「戦うことは、知ることでもある」 「世の中の50%以上は男の嫉妬で回っている」 「“少し...

「ノンフィクション・ドキュメンタリー」カテゴリ