読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

健康法と癒しの社会史(復刊選書)

健康法と癒しの社会史(復刊選書)
電子書籍版
試し読み 試し読み
※試し読みにはNeowing eBook Readerが必要です。
価格 2200円(税込)
ポイント還元 22ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
ページ数
  • 264
販売開始日 2014/03/14

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

身体の価値は、生産性から消費性そして商品性へと変遷し、「健康」への欲望とその陰に潜むコンプレックスはますます肥大していく。おかしくも奇妙な数々の健康法・民間療法の歴史を概観し、近代日本の身体観=生命観を凝視する。

田中聡関連作品

  • 「事業を創る人」の大研究 1980円
    作家 田中聡 中原淳
    出版社 クロスメディア・パブリッシング(インプレス)
    販売開始日 2018/02/09

    「千三つ」と呼ばれるほど、新規事業を当てるのは難しいと言われています。これまで、新規事業は成功を収めた企業や経営者による「戦略論」によって語られてきました。しかし、戦略が良くてもコケるのが現実。...

  • 健康ブームを読み解く 1760円
    作家 野村一夫 北澤一利 田中聡
    出版社 青弓社
    レーベル 青弓社ライブラリー
    販売開始日 2014/07/11

    病への不安が集団強迫と化した健康志向を文化的・政治的言説としてとらえ、それを成立させたメディア空間の発生を、身体をめぐる医学的まなざしの変容、公衆衛生思想の運動と表象、総力戦での人的動員などの歴...

  • 衛生展覧会の欲望 2640円
    作家 田中聡
    出版社 青弓社
    販売開始日 2014/03/14

    近代日本が生んだ怪しげな空間‐‐衛生展覧会。人体模型、寄生虫・細菌標本、病例標本、胎児標本などの奇妙きてれつなオブジェの数々とそれを見つめる人々。国民「啓蒙」の名のもとに設置された、衛生思想普及...

  • 健康法と癒しの社会史 2860円
    作家 田中聡
    出版社 青弓社
    販売開始日 2014/03/14

    身体の価値は、生産性から消費性そして商品性へと変遷し、「健康」への欲望とその陰に潜むコンプレックスはますます肥大していく。おかしくも奇妙な数々の健康法・民間療法の歴史を概観し、近代日本の身体観=...

復刊選書関連作品

  • 巫女の民俗学 (1~2巻) 2200円2640円
    作家 川村邦光
    出版社 青弓社
    レーベル 復刊選書
    販売開始日 2014/03/14

    口寄せを通して死者と生者の「いのち」を結ぶ盲目の巫女オガミサマ。民俗社会で形成された巫女の習俗=民間信仰が近代の歴史的文脈のなかで変容していく過程をたどり、巫女の個人史もつむぎながら、その社会的...

  • 中国の性愛テクノロジー 2200円
    作家 大沢昇
    出版社 青弓社
    レーベル 復刊選書
    販売開始日 2014/03/14

    百花斉放、4千年にわたり性愛テクノロジーの研鑚をつみ重ねてきた中国。道教の房中術から古典ポルノの性愛技法、薬膳の思想、権力者とのフェティシズムまで、その性愛マンダラを俯瞰する。

  • 幻視する近代空間 迷信・病気・座敷牢、あるいは歴史の記憶 2200円
    作家 川村邦光
    出版社 青弓社
    レーベル 復刊選書
    販売開始日 2014/03/14

    近代化の波の中、<民俗社会>の危機的状況において浮上した様々な「事件」-「血税一揆」「トラホーム」「狐憑き」「座敷牢」「家殺し」などを軸として、変容する民衆の心性・コスモロジーと、それが国家によ...

  • 日本の奇祭 2200円
    作家 合田一道
    出版社 青弓社
    レーベル 復刊選書
    販売開始日 2014/03/14

    尻振り祭り、一夜官女祭り、鍋冠り祭り、くらやみ祭り、泣き相撲、ベッチャー祭り...。生活に深く根ざした祭りーそれはもはやその土地の色であり、匂いであり、温度そのものである。各地で連綿と受け継がれ...

  • 催眠術の日本近代 2200円
    作家 一柳廣孝
    出版社 青弓社
    レーベル 復刊選書
    販売開始日 2014/03/14

    パラダイムの一大転換を迫られた明治期、科学とオカルトの境界に狂い咲いた催眠術。魅力といかがわしさとをただよわせ、明治の人々の心をつかんだ「術」の盛衰をたどり、民衆を「国民」として統合していく国家...

  • 媚薬の博物誌 2200円
    作家 立木鷹志
    出版社 青弓社
    レーベル 復刊選書
    販売開始日 2014/03/14

    古今東西、人々を魅惑し、欲望の臨界点に同居しつづける「愛の薬」-。アダムとイブの世界から魔女の塗膏、宮廷の霊薬、仙人の秘薬、ドラッグまで、有史以来のさまざまな媚薬の効能とその悲喜劇をつづる、博覧...

「日本史」カテゴリ